(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【39日・2013/06/20】青森 ハンドアックス攻略編   

どうも、御無沙汰しております。蛸です。
現在、北海道の洞爺湖手前の豊浦の道の駅です。

今日は朝から速度が乗っているときに盛大にこけたせいで、ちょっと三途が見えかけました。
あんな吹っ飛び方をしたのは人生初!!
なんかこう走馬灯みたいなのは見えませんでしたけど、世界が上下逆さに見えてメットがガリガリいっている時に頭の中に

終わった。

って文字だけ出てきました。それはもう明確に。ああいうの本当にあるもんなんですね。
多分バリバリ伝説の鈴鹿耐久か何かで、秀吉が進路妨害でこけさせられた時の台詞の影響でしょうね。

とりあえず右手の打ち身だけでなんとか生きています。
今は右手の手首から肘まで包帯でぐるぐるなので解くときに炎殺黒龍波を習得できると思います。

北海道思っていたより道良くないので、皆さん路肩から車道側へ移ろうとするときはくれぐれもご注意ください。

つーか、右手の冷感湿布の影響でスゲー寒い。ただでさえ寒いのに。
以下本編。

DSC01879[1]
この日は朝マグロさん宅を出て、ひたすらむつを目指しました。
実はこの日も朝一回こけたんだよね。
なんつーか、北へ行けばいくほど路面は悪くなっていっている気がする。気のせいか?
画像は最初に寄った道の駅。

DSC01880[1]
そんで二つ目の道の駅 七戸。
例によって展開早いけど、この日は物凄い移動メインだった日だから勘弁な。

DSC01881[1]
とりあえず、朝こけた時にパニアに開いた穴をビニテで補修。
オルトは擦り傷弱いって知ってたけど、まぁしかたあるまい。

DSC01884[1]
この道の駅はなんかしんないけど、スゲー馬プッシュ。
他にも馬のオブジェみたいなのがあった。

DSC01882[1]
400円でまぁ揚げはちょっと・・・な奴だけど、山菜も入っているならまぁ高くはないと思うのですよ。
出てくるまで30秒かからなかったし、何よりも蕎麦は一応この道の駅の推してる商品みたいだしね。

この後裏にあったイオンで久々の食料買い出し。

DSC01885[1]
恐山行く気が無かったら多分そのまま青森行って、そこから函館入りしていただろうな。
というわけでむつ方面へ進み、斧の取っ手のあたりへ入る。
てか斧に見えるよね?下北半島。

DSC01886[1]
DSC01887[1]
野辺地の展望スポットからの写真。
中々良い眺めでした。ここが湾だってことがよくわかるね。

冷感湿布の影響か、包帯がきつすぎるのか右手の先がなんかちょっと冷たい。

DSC01888[1]
45号ほどじゃないけど、この道もけっこうアップダウンある道なんだよねー。
まぁこの画像のところはかなり緩やかではあるんだけど・・・

DSC01889[1]
やったー。横浜まで帰ってこられたぞ!!!
自宅まであと1時間半だ!!!

な、わけないわな・・・
DSC01890[1]
DSC01891[1]
ここは道の駅 よこはま。
下北にある横浜町にある道の駅・・・同じ地名の場所でワープできる能力があればなぁ・・・

DSC01893[1]
DSC01894[1]

とりあえず菜の花ソフトとか菜の花ドーナツとか食って休憩。
この土地の一押しは菜の花らしいですよ。味?正直左程記憶にない程度の味。
普通にソフトクリームとして旨いって感じですかね?
ドーナツは本当に味の記憶がない。

DSC01895[1]
そしてこういう嫌な感じで波打っている道をひたすらむつへ向かって進む。
追い風だったから何とかなったけど、向かっていたら多分これむつに着くの無理だったろうな。

DSC01897[1]
ちょっと走り過ぎてボロボロになった感じで、むつ矢立温泉キャンプ場へ到着。
有料のキャンプ場だけど、安いし、別料金ではあるけど温泉あるし結構良い施設だと思うよ。
キャンプ場は金払えば時間を気にしないでテントを張れるのが良いよね。

出費
菓子パン×2 221円
牛乳200ml 77円
チョコ 118円
ピーナッツクリーム 218円
パスタソースたらこ 148円
パスタソースカルボナーラ 198円
パスタソースボロネーゼ 158円
スパゲティ 158円
食パン 78円
行動食×3 294円
菜の花ソフト 300円
菜の花ドーナツ 70円
酒×2 293円
野菜ジュース 88円
豆腐 62円
もずく 98円
焼き肉用豚肉 246円

合計 2825円
因みにこの時に買った食パンとパスタ・・・いまだに残ってます。
パンは賞味期限切れてましたけど、今朝食ったら大丈夫だったので明日の朝で終わる予定。

本日の走行距離 124.37km
合計の走行距離 2520.48㎞

大きな地図で見る

より大きな地図で 39 なう(2013/06/20 18:29:29) を表示
この日は序盤ログとり忘れたので、上のマップログは手で作成しました。

なんか今回は、マジでちょっと内容悲惨な感じだけど、右手痛くてマウスとキーボード操作辛いから許してちょ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【38日・2013/06/19】青森 引き籠り編   

この日は一日雨だったので、
マグロさん宅でもう一日泊まらせていただいてブログの更新とかしてた気がする。

んで夕方になったら雨があがったからマグロさんからもらった温泉の入浴券もらって八戸温泉行ったな。
DSC01874[1]
DSC01873[1]
ここの温泉も結構良かった。

DSC01877[1]
最後にマグロさんと記念撮影。

出費
麻婆麺 630円
ミニ天丼 240円
酒 155円
野菜ジュース×2 186円
アイス 78円

合計 1289円

走行距離は・・・温泉行っただけだから0扱いでいいや。
うn、この日は本当に特に書くことがない。
ひたすらブログと手書き日記やってた気がする。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【37日・2013/06/18】青森 八戸観光編  

この日はマグロさんの車に乗って色々と八戸観光させてもらいました。
ただこの日はカメラ持っていくの忘れたので、携帯カメラの画質でお楽しみください。
え?普段と変わらないし、普段より広角だって?あまり考えないようにしようよ。

IMAG0089[1]
八食センター。
観光客向けの市場みたいなところです。
色々な海産物が置いてあって、すっごい胃袋を刺激される。
買ったものをその場で焼いて食べられる場所もあった。

IMAG0090[1]
そんな私はとりあえず、青森名物せんべい汁を食う。
これで250円だからお得だよ!
これも美味しかったね。
マグロさん的には鶏肉が値段相応に少ないって感じらしいので、鶏肉多めが良い人はもう少しお値段するところで食べた方がいいっす。

その後この旅で初めて実家に向けて日本酒とかを買って送り付ける。
自分が運転じゃないからかなり試飲させてもらったから流石に買わないという選択肢はちょっとなかったw

ぁー地元民の人たちはお盆にボード&TRPG大会やるときにのみませう(やるよね?)。

IMAG0104[1]
その後車で蕪嶋神社へ。
車ってずるいよなー、右足踏みこんでいれば坂だろうが何だろうが狙った速度が一定にだせるんだもん。
それにしても凄い場所でしょ?これ全部ウミネコ。

IMAG0093[1]
雛までいる!超かわいい!!とか思っている時間も一瞬だけあった。

IMAG0095[1]
親子連れ?

IMAG0098[1]
この下は卵があるのかな?

IMAG0094[1]
正直ウミネコが多いってレベルじゃないから3周回るのとかかなりきつそうなのでパス。
何もしなくても運は開けないけど運は付きそうだしねw

IMAG0099[1]
IMAG0100[1]
IMAG0101[1]
もうね、本当に多いの。すっごい多いの。
最初はかわいいと思っていた雛も・・・最後はもうおなか一杯って感じだったよ。
あともうずっとニャーニャーうるさいし、まぁ一見の価値はあるけど、自転車で来る人は止める場所考えないとフン落とされるかもだから気を付けてね。

IMAG0103[1]
鳥居だってこのザマだぜ!!?

IMAG0105[1]
最後に八戸フェリーターミナルを見てこの日は終了。
正直に言ってこの時はもういっそ八戸から北海道に渡ろうかなーとか考えてたわ。

出費
せんべい汁 250円
地酒(お土産送料込み) 4610円

合計 4860円
地元戻って家族とか友人と飲むのが楽しみやね。

走行距離は0

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【36日・2013/06/17】青森 それはないでしょ編  

ライダーハウス最高!超居心地良い。
函館4日目です。蛸です。

いや、溜まっているブログの更新と観光を並行してやろうとして結局こんなに長居してしまっている。
ちなみに今日も函館手です。
まだ観光しきれてないので・・・明日出発です。

DSC01860[1]
前日キャンプした小渡平公園からこの日は454号沿いにある新郷村に来た。

そう青森における第一目的地・・・それは

DSC01862[1]
キリストの墓である。

そんな馬鹿な!なんでキリストの墓が日本にあるんだよ!!!
って思うだろ?俺も思う。

DSC01863[1]
恐るべし代理処刑作戦www
キリストさんマジ鬼畜wwwwwww

DSC01864[1]
日本って基本仏教ないしは神道だよね。
てかあれだ、wiki先生いわく日本に仏教が伝来したのは538年だって書いてあるから仏教はないな。
キリスト教は一神教だったと記憶しているから、八百万の神を信仰している神道がベースなのもありえないし・・・
キリストさん何を日本で勉強しとったん?

つーか、キリスト本人の墓は兎も角、身代わりに処刑された弟の墓まであるのはおかしいだろwww

あと、航海術とか光学技術的な観点から考えて、キリストの時代には日本まで来られそうな技術はないとおもう。
いかん、CIV5脳が少し顔を出しつつある・・・これくらいにしておこう。

DSC01865[1]
DSC01866[1]
一個だけすげぇ!!と思ったのはこの石かな。
エルサレムから送られたものって、地味に凄いと思う。
てか、エルサレムの人たちはこれについてどう思ってるんだ?

てかキリスト教徒の人たちは個々の存在についてどう思っているのかが凄い気になる。

因みに全世界にあるキリストの墓と呼ばれているものを集めると東京ドーム一個分になるらしいと、
地元の友達がちょっと前に言っていた。
DSC01867[1]
キリストの墓

DSC01868[1]
イスキリの墓

まぁ正直に言って、こんなものかって感じではあった。

DSC01869[1]
ここでなんか展示資料みたいなのも見られるんだけど、入場料払うほど気が乗らなかったので退散。

DSC01861[1]
しかし道路沿いにあったこの名称のセンスには少しクスッてなった。

後、実際この辺りはキリスト教徒?の人が多いのか家の壁とかに
「キリストの復活は近い」
みたいなやつあるじゃん?ああいうのが一杯貼ってあったね。

DSC01870[1]
おまけ。
なんか石碑にここを題材?にした俳句みたいなのが幾つか書いてあった。

DSC01871[1]
八戸へ戻る途中で良い感じに空腹になり、よさげな店があったので昼食に。
ラーメンを!ラーメンを食わせろ!!!!

IMAG0087[1]
ラーメンは辛みそが届いてないから作れないだそうで・・・親子丼を食いました。
旨かったです。

IMAG0088[1]
食後のコーヒー。
銅製のマグとか欲しくなったよ。帰ったら買おうかな。

DSC01872[1]
八戸に戻り、コインランドリーへ。
ちょっと洗濯物溜まっていたしね、それに何より人と会う用事があったので今の身なりではとても人には会えない

コインランドリーで溜まっていた日記を書きつつ、お店のおばちゃんと会話したりする。
どうにも今年の天気は変らしい。
なんか普段よりも寒いとか言っていたかな?

実際このやませって状態になるとなんだか一気に冷えてくる。視界も悪いしね。
しかしマヨナカテレビでも映りそうな勢いだな。

その後、この日の夜に止めてもらえることになっていたマグロさん宅へ向かう(結局3泊もさせてもらったがな!!)
こう初めて会う人の家に御厄介になるとか、初体験でもう会うまでは結構テンパっていたんだけど、
会ってみると結構何とかなるものですね。
まぁそれはマグロさんの人柄によるところもあるのかな、ってか無償で泊めてくれるなんて人が悪い人なわけないわなw

風呂と布団と食事、御馳走様でした!

出費
かつ丼 550円
ジュース 147円
コインランドリー 800円
酒 800円
マック 200円

合計 2487円
もう俺あんまり節約節約いうのやめるわ。

本日の走行距離 56.68km
合計の走行距離 2396.11㎞

より大きな地図で 36 なう(2013/06/17 19:44:08) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【35日・2013/06/16】岩手⇒青森 この日も移動だけ編   

もうタイトルからしてやる気ないけど、
だって本当に移動しかしていないんだもん!しかたないじゃん!!
そして当然移動ばっかりだから今回もたいして書くことは無い!!!
以下本編。

DSC01851[1]
35日目久慈の健康ランドから。
やっぱりこれ800円って感じはしないだろ。

DSC01852[1]
この日もやませの影響で霧が凄い。

DSC01853[1]
久慈の道の駅で弁当がスゲー安かったので昼飯として確保。
この内容で260円は俺は結構安いと思うんだけどどうすか?

DSC01854[1]
ぐっばい岩手!永久に!!
この日もひたすら45号を登って行きましたが、前日、前々日に比べればまだマシなアップダウンだった。

DSC01855[1]
そして途中からはこんな快晴な感じに。
曇りは曇りで日焼け止めいらないから楽っちゃ楽でいいんだけどね、日焼け止め久しぶりに塗りましたわ。

DSC01856[1]
もうすぐ道の駅ってところでなんかどうしても突っ込みを入れなきゃいけないそんな看板を見つける。
サバップルってなんだよ!サバップルって!!

そして道の駅に着く、当初の予定ではそこをその日の宿とするつもりでいたんだけど・・・
どうにも時間が早い(13時半とか)。

とりあえずソフトクリームをなめながら青森のキャンプ場とかをチェックしていたら、
丁度翌日行こうと思っていた目的地と、こことの中間地点にキャンプ場が!!

しかし受付が17時まで、正直今から行くのはかなりギリギリなんだけど・・・この旅における俺の特技は強行軍なので。

DSC01857[1]
16時40分に滑り込んだよw
でもなぜか・・・管理の人とかいない。

ちょっとどーいうこと?まだ17時前ジャン!!?
とりあえず近くにいた人に管理人どこにいるの?って聞いてみるも・・・

「うーんいないんじゃないかなー」

なん・・・だと?

迫りくる17時のリミット。
20キロ位登れば道の駅もあるけどどうするべきか?
しかし俺の脚はもうここに来るまでに正直使い切ってしまっていた。
なので・・・

DSC01858[1]
とりあえず役場に電話。

俺「今日キャンプさせてほしいんですけど?」

役場の人「今日人いないから、勝手に使って。火にだけは気を付けてね。」

電話してみるもんだね。
本来500円取られるところも勝手に使っての一言でフリーだもんね。

俺大勝利。
そんな感じで夜はいつも通りに、インスタントラーメンで過ごしました。

DSC01859[1]
買ったんだ、サバップル。
どうしても気になってしまって・・・500円位だと思っていたんだけど・・・1000円したわw
値札が張ってなかったから勢いで買っちゃった。

「箱はかさばるからいらない。袋でいい。その辺ですぐに食べる。」
とか言ったらすっごい不審な目で見られたわwww
まぁ結局食ったの夜なんだけどね。

味ですが、時々なんか塩っけ(多分サバ)が来て不思議な感じになるけど、概ね美味しいリンゴパイだった。

出費
たいやき×2 78円
野菜ジュース 88円
弁当 260円
CVS 76円 ←これなんだろう?思い出せん。ミニストップなんだけどCVSってなに?カプエス?
ブラックサンダー 32円
ソフトクリーム 250円
サバップル 1000円
みどりのたぬき 108円
もずく 98円
酒 178円

合計 2168円

本日の走行距離 83.00km
合計の走行距離 2339.43㎞

より大きな地図で 2013/06/16 8:26 を表示

より大きな地図で 35 なう(2013/06/16 16:51:14) を表示
何故かこの日は携帯の調子が悪くてログが分割になってしまった。
いやーにしても一日で結構進めたなぁー。もう少し進めたいなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【34日・2013/06/15】岩手 特にない編   

旅に出て変わったことは、天気予報を凄い楽しめるようになったことですかね。
まぁテレビの天気予報を見られる環境はかなり贅沢なんだけどね。

DSC01833[1]
34日目は雨上がりからスタート。
夜中に結構降ったせいで少しだけパニアが濡れていたけど基本的にノーダメ。
ここは屋根がある場所にテント張れるから強かったわ。

DSC01835[1]
山に霧がかかってて凄い。

DSC01836[1]
ていうか、霧なのか雲なのかもうようわからん。
この日はひたすら久慈を目指す。
龍泉洞を見終わった岩手にもう用などないのだ!!!

DSC01838[1]
やませの影響で45号に戻ってもずっと霧がかかったようなそんな中を走る。

訂正する。
押す。

空気の湿度と汗でもうべったべたでびしょびしょ。
登りは暑いからウインドブレーカーを脱がなければいけないが、下りはものすごい勢いで体が冷えるからウインドブレーカーを着込まないといけない。
結構忙しい45号。

DSC01840[1]
途中県道44号に入って海を見る。
もうね。山の緑とか見飽きたのよ!!!!
海が見たかったの私!!!!!!!でも、俺が求めていた海はこんな霧がかかっているようなのじゃない・・・
もっと青くて、スッキリするようなそういうのをry

DSC01843[1]
因みに45号だとでかい峠を一つ越えなければいけない、県道44号だとこういうのを2・3回越えなければいけない。
ただこっちは晴れていれば絶景と呼ばれている断崖絶壁とかのスポットがあるんだよね。
まぁ俺は霧ばっかりだったから全部スルーしたけど。

あ、野生の狸見ました狸。
狸汁とか食ってみたい。

DSC01844[1]
晴れていたら霧のあたりに断崖絶壁が見えるはず・・・たぶん。

DSC01848[1]
そして久慈の手前の道の駅へ着く、例によって移動メインの日なので展開早いよ?
ちなみにサイダーは温くて微妙な味だったわ。
あとここで原チャで日本一周しているって人に会う。
昔の俺だったら絶対そういう場面はさっさとスルーしていただろうに、出待ちして話しかけに行ったからね!!
どれだけ寂しいんだよ!!!!

DSC01849[1]
久慈について健康ランド(初使用!!)に行く途中に放牧?されていた馬。
でも囲いも何もない場所だし、面倒見てる人みたいなのもいなかったし、なんだったんだろう?

DSC01850[1]
そして健康ランドについてビジネスパック3600円(夕・朝飯付き)で入場。
前日風呂に入っていたけど、この日はもう兎に角風呂に入りたかった。

でも正直これは大失敗。
悪天候のなか一日中アップダウンを自転車押してひどく疲れていたせいか、
なんか入場した時にビジネスパックがすごく安く見えてしまったんだよ。

因みに素泊まり2000円な。

素泊まりならまだわかる。
要するにこの夕食に800円の価値があるかどうかってことだよね。
・・・ちょっとないかな?

あと正直店員の態度がちょっとってのもあるけど、まぁそれはいいや。

まぁそんな感じでこの日は終了。

出費
お握り 140円
菓子パン×2 215円
チキンステーキ串 130円
コーセンサイダー 150円
健康ランド 3600円

合計 4235円
あ、久慈目指している人、風呂に入る必要ないなら久慈の道の駅はすっごいおすすめ。
正直ベタベタでもいいからあっち行けばよかったわ。
24時間開いている休憩所あるし、惣菜とか弁当とか結構熱い。

本日の走行距離 75.53km
合計の走行距離 2256.43㎞

より大きな地図で 34 なう(2013/06/15 19:22:19) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【33日・2013/06/14】岩手 洞窟探検編   

もう、だんだん内容が軽くなってくるけど・・・まぁそれはそれで俺らしいか。

DSC01714[1]
33日目、道の駅 宮古から。

DSC01715[1]
ほぼ港みたいな場所なので海と山の景色がきれいです。
この日の目的は龍泉洞という日本三大鍾乳洞で、この旅の中では絶対にはずせない場所としてリストアップしてあった。
正直これが無かったら遠野から北上へ戻って盛岡から青森入りしていたと思う。

DSC01719[1]
でも、まずは近くにある浄土ヶ浜へ向かう。
近くにあるならとりあえず見に行くさ。

DSC01723[1]
DSC01725[1]
DSC01726[1]
まぁ結構きれいな場所でした。
小型艇とか遊覧船とかあったから今思えば小型艇位なら乗ってもよかったなーとか後悔している。
でも、この日はあくまで龍泉洞にたどり着いて、龍泉洞を観光するのが最大の目標だったので、
とりあえずスルーして北上開始。

DSC01727[1]
ひゃはあああああああああああああああああ
飛ばすぜえええええええええええええええええええええええ
まぁここにたどり着くまでに上がっているし、なによりも45号はもうずっとこんな角度を登って降りての繰り返し。


DSC01729[1]
あとね、45号すっごい工事が多い。
もうすっげぇイライラする。
坂はずっと押して登ってたし、下りかと思えば工事だし。
まぁ登りで片側交互の工事にあたるよりかはましかもしれんけど・・・

DSC01730[1]
そんな感じで龍泉洞に入るふもとのあたりに到着。
この時14時くらいかな?
浄土ヶ浜を経ったのが10時くらいのはずだから、その間ずっと

自転車押す⇒ひゃっはーする⇒工事で止められる⇒降り終わる⇒自転車押す⇒繰り返し

という作業を延々4時間続けていたわけだ。

DSC01731[1]
途中の道の駅 いわいずみで地サイダー飲む。
因みにこの日はここに戻って野宿した。

DSC01732[1]
絶滅危惧品種のお菓子もあったので、思わず購入。
これ食ったの何年振りだろう・・・

DSC01733[1]
山の中へどんどん入っていきますが、45号に比べればなんてことない道です。
最後ちょっと自転車押して徒歩10分の坂があるくらいですかね。

DSC01734[1]
そして龍泉洞へ到着!!
入場料1000円だけど躊躇することなくバッとチケットを購入!!!
中尊寺の金色堂の時には800円出すのを惜しんでいた人間とは思えない!!!!!!

DSC01735[1]
と言う訳で洞窟探検開始!!

DSC01737[1]
中の温度寒いんですよ。
半袖とかで入るのだけは絶対にやめておけ。
中から外に出た時メガネ超曇ったからなw

DSC01738[1]
どういう場所かっていうのが気になる人は、これ読んでくだちぃ。

DSC01741[1]
見ろよこの世界!!
閉所恐怖症の人は無理だね!!

DSC01743[1]
入口の方は凄く激しい水の音が聞こえている。

DSC01745[1]
奥へ進むとさらに気温差がる。

DSC01750[1]
ある程度綺麗だなと言う事は伝わると思うけど、それでもここは生で見てほしい場所だね!!
45号だけつらいけど本当にそれだけの価値があるよ!!

DSC01753[1]
なんかウルトラマンとかウルトラQみたいな感じあるよね!

DSC01754[1]
DSC01757[1]
(\)oVo(\)フォフォフォフォフォフォフォ
天井の方に鍾乳石がついてます。

DSC01758[1]
こういう壁も鍾乳石だそうで、なんかあれだよね「クトゥルフ」的な化け物みたい。
なんかいまにも動き出しそうな表面の滑らかさがあるんだよね。

DSC01765[1]

DSC01766[1]
そして蛸隊員はいよいよ地底湖へ突入する!!!

DSC01770[1]
DSC01771[1]
三脚ないからぶれているのか、水のせいで揺らいでいるのか・・・
まぁだとしてもやはり水の表現が凄いとされていたBioShockのラプチャーなんかとは比べ物にならない美しさがあるね。
現実すげぇよ。

DSC01762[1]
やっぱりウルトラry

DSC01783[1]
水底に自然のトンネルがあるのがわかる。
ああいうの見ると潜ってみたくなるけど・・・まぁ死ぬだろうなぁ。

DSC01790[1]
DSC01787[1]
DSC01821[1]
未だに不明ポイントがあるっていうのが凄いよな!
心躍るというか・・・男の子ならわかるだろ?

DSC01793[1]
第三地底湖からはこんな感じの階段を上ります。
当然ぜんぶびっしょと濡れているし結構急なので怖いです。
これは登り終わった後に見下ろした図ね。

DSC01799[1]
それはそれで真の闇を体験できるから魅力的ではあるが、会談でだけは勘弁な。

DSC01804[1]
階段を上った後には下りが当然待っている。
ここ超怖かったので、両手で手摺つかんでいたよ。
それを考えると、あんまり小さい子供は危ないからやめた方がいいかもね。

DSC01812[1]
DSC01817[1]
DSC01818[1]
やっぱり自然の力って凄いよね。
興味が沸いた奴は是非一度行った方がいい。
ここだけは全力でおススメしたい。

DSC01826[1]
ちなみに水も汲めます。
美味しいです。
俺はボトル一杯にしていきました。

DSC01825[1]
向かいに新洞ってのもあります。
こっちは鍾乳石の解説とかが書いてあってこちらも面白いです。
でもこちらも当然普通に洞窟内なので寒いから、恰好は注意ね。
残念ながらこちらは撮影禁止なので写真は無しです。
入館は龍泉洞の入館チケットでこちらも入れるようになっています。

DSC01829[1]
DSC01828[1]
終わった後はお風呂だよ。
まぁあんまりこういう事を書くのもアレだけど、あんまりおもしろいお風呂ではなかったかなぁ。

DSC01830[1]
今までにあまり見なかった絶壁がなかなか美しい帰り道。

DSC01831[1]
温泉で買っておいた龍泉洞ビールで乾杯してこの日はEND。

出費
コンビニカレー 350円
むかしの牛乳 200円
チョコチップスナック 138円
龍泉洞サイダー 160円
龍泉洞入場料 1000円
温泉 500円
龍泉洞ビール 400円

合計 2748円

本日の走行距離 57.69km
合計の走行距離 2180.9㎞

より大きな地図で 33 なう(2013/06/14 19:06:54) を表示

いやーしかしいつの間にか1000アクセス超えたね。
まぁ内どれだけが自分かわからねぇけどなwww
こんなへたっぴな写真とつたない文章を見てくださるみなさまあざとーす。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【32日・2013/06/13】岩手 峠攻略と旅の出会い編   

ライダーハウスにいるから少しでも追いつけるようにしたいのに、全然追いつかない!!不思議!!!


DSC01663[1]
32日目は遠野の道の駅からスタート。

DSC01664[1]
職員の方による寒くなかった?とか気にかけてもらえる良い道の駅でした。
とりあえずこの日は、河童淵と伝承園へ向かいその後340号から宮古へ抜けます。

DSC01667[1]
なんだか340号について不安になる看板が・・・
まぁなんとかなるだろと思い先に進む。

DSC01668[1]
こういう茶目っ気イエスだね。
他所では中々できない芸当だよねw

DSC01673[1]
そして河童淵へ、川にキュウリを括り付けた縄がぶら下がっていたのが印象的だったw

DSC01674[1]
河童のせかいでも※ですかそうですか。
僕は引き込まれる心配がなくて安心ですね。

DSC01676[1]
まぁぶっちゃけ田んぼのど真ん中にある小川だよね。
でも静かでいいところではあった。
想像以上にあっさり終わってしまったけどな。

DSC01679[1]
その先にある寺にあった河童狛犬。
頭が皿見たくなっているのがお分かりだろうか?
てか狛犬って寺とか神社とか関係なくいるものなのか?神社のものだと思ってたけどこれからはもっと注意して見てみようかな。

DSC01680[1]
そして近くの伝承園へ。
ここでは昔の暮らしぶりとかの展示みたいなのが見られる。

DSC01681[1]
入口で河童になれるという麦わら帽子を貸してくれる(目と皿の部分が丁度見えないが・・・)。
記念撮影取りましょうかと店の人に言われたので、お願いしたらこんなポーズをとらされたwww

望んでやったわけじゃねーよ!!?
なんか胡散臭い中国人のおっさんみたいやな・・・
ただ割と写真としては気に入っているw

多分ここに行って麦わら帽子かぶればこの写真撮ってもらえると思うから、これから遠野へ行く人どうですか?

DSC01687[1]
昔の風呂とか水車小屋とかこーんな感じの家とかを見たりします。

DSC01688[1]
梁が曲がっていていい味を出している。

DSC01690[1]
こーいう所でゆっくりしてみたいね。

DSC01691[1]
DSC01694[1]
おしらさまの人形とおしら堂。
写真だとなんてことないけどさ、俺この時サングラスかけてるの忘れててさ、

なんかすっげー暗いし雰囲気出し過ぎじゃねー?おしら堂なんて恐怖の館みたいじゃないですか!!

とか思ってたんだけど、帰り際に気が付いてもう一回サングラス外して見に行きましたw
あと養蚕に関する展示とかがあってそういうのも面白かったね。

DSC01696[1]
出たところの食い物屋でひっつみを食う。
いやーこれが絶品だったんですよ。遠野まで来たら、どっかで絶対にひっつみ食った方がいいよ。

DSC01698[1]
さて、この日はまだ峠攻略があるので、見るものも見たし出発しますよ。

DSC01699[1]
登り含めて66㎞とか我ながらこの日は結構無理したと思う。

DSC01700[1]
工事の影響か一般車両が全然来ないから、道のど真ん中で写真撮ってみました。
電線がなかったらもっと絵になったかな。

DSC01701[1]
岩手は本当に自転車押した県ランキングNo1だね、今のところ。
もう自転車で行きたくない。
あ、工事は辛うじて抜けられました。自転車の強みですね。
バイクだったら無理だったろうな。

DSC01703[1]
登り坂終わったんですか!?やったーーー!!!!
まぁこの後ほんの少し続くんだけど、因みに個々の下り坂も超工事しているからとばせない。
でもここかなり道が悪いからそもそも飛ばしたら悪路にとらわれて死ぬ可能性あるから飛ばすのはやめた方がいいね。

DSC01704[1]
でも340号のいいところは、その山を一個越えてしまえばもうずっと下り坂ってところ。
ちょっと向かい風で苦労したはしたけど、宮古までずっと下り坂。

DSC01705[1]
そして宮古へ下っている途中にこの方と会う。
東京から「徒歩」で日本一周している「べーすけ。」さん、東京から80幾日目だそうで・・・

徒歩とかすげぇよ・・・俺自転車だってしんどいもん。
べーすけ。 日本を歩いて一周
こちらべーすけ。さんのブログです。こちらも見に行ってみてください。

DSC01706[1]
そして道の駅 宮古へ到着。
ここも津波の影響か水場とかトイレとか閉鎖されていました(仮設のトイレは有)。

DSC01708[1]
お店も仮説です。

DSC01709[1]
ちなみにこれから行く人はこれだけ注意な。
まぁトイレは空いていると思うけど・・・どうだろう?

DSC01711[1]
これが来月開く新館。
水道は今ないけど、ここの工事の人用の水道を頼んで使わせてもらった。

DSC01710[1]
こんな方から来たんだなーと思うと感慨深くなる・・・
ただ方角的にこっちっぽいだけで本当にこっちかわからんw

DSC01712[1]
この日の夕飯は前日の残りの野菜をいれてまたちょっと豪華ラーメン!!と思ったんだけど、
野菜がこの日の暑さで全部変色しとるワロタwww
ベーコン卵ラーメンになりました・・・
野菜食いたいお。

DSC01713[1]
そして夜は更けていく。

出費
シュークリーム 105円
伝承園 310円
ひっつみ 650円
ポカリ 147円
カレーパン 126円
アイス 105円
カセットガス 105円
酒 168円

合計 1716円

本日の走行距離 76.81km
合計の走行距離 2123.21㎞

より大きな地図で 32 なう(2013/06/13 18:50:35) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【31日・2013/06/12】岩手 昔話の里へ編  

結局昨日はずっと調べものしていて更新とか無理でした。蛸です。
きのう一日かけてルート上のライダーハウスとかキャンプ場とか洗い出していたから、
今後の日程はある程度すんなり行くはず。

まぁそんな訳で30日目の・・・もうたいして覚えていないけど・・・以下本編。

DSC01612[1]
朝、何かかけづらいと思っていたら右側の鼻あてなくなっとるやん。
まだ厄災は続くのか・・・

DSC01613[1]
さようなら北上パークホテル。
快適な時間をありがとう。3500円で朝食がビュッフェスタイルって結構安いと思うんですよね。
自転車なんかもずっと気にしてもらえていたみたいだし。
温泉ではないけど24時間風呂入れるし、ほとんどの場合貸切状態だし・・・ダメ人間になる直前だったね。

DSC01614[1]
と言う訳で北上から遠野を目指して山登りでい!!

DSC01615[1]
下りの後に登り坂が見えるのは結構こたえる・・・そんな時代もありました。

DSC01618[1]
そして遠野市へ着く。
まぁまだ市に着いたってだけで市街までは結構あるのだけれども・・・
ちなみにこの日も結構自転車押してたね。
でも膝と体力ある人なら多分ここは割と余裕なんじゃないのかな?
途中に湖とかあったけどたいして面白くもなかったので割愛。

DSC01619[1]
すると空腹で疲れている私の目の前に甘い誘惑が・・・

DSC01620[1]
えへへ・・・

DSC01622[1]
やっぱりすき家とは違うのだよ・・・すき家とは!!!
まぁ例によってこのあとしばらく動けないのでベンチでダラダラする。

DSC01623[1]
遠野麦酒苑の少し先から自転車専用道があるので車を気にしないで走ることが出来る。
路面の質?お察し。

DSC01624[1]
遠野の道の駅へ着く。
麦酒苑までは結構登りとか下りとかって感じだけど、それから先はスゲー楽です。

DSC01625[1]
まだ明るいので一旦道の駅へ別れを告げて、とおの物語の館へ・・・
でもここについたの16時前後くらいだったんだけど、もしこれから行く人がいるのならもっと早い時間に行った方がいいね。
色々な昔話の語りが聞ける(録音だけど)コーナーとか総スルーしないと閉館間に合わなかったよ・・・

DSC01630[1]
DSC01627[1]
昔話のコーナーと遠野物語の作者である柳田國男のコーナーとあって自分は柳田國男のコーナーから攻めました。
柳田國男が遠野へ訪れた際に宿泊したとされる施設を見ることが出来る。
畳のにおいが心地よい。正直ここに住みたい。

DSC01632[1]
柳田國男の書斎の再現。
良い雰囲気なんだけど・・・このマルボロは絶対に新しいだろ。
因みにこのタイミングで遠野市内の駐車場で熊が出たと放送が流れて俺氏戦慄。

DSC01635[1]
続いて昔話のコーナー。
ここはもっと時間を取ってゆっくり見たかったね。
俺結構そういう昔話とか好きなんだよねー妖怪とか。ぬーべーとか今でも好きだよ!!
墓場鬼太郎とかも持ってるし。

DSC01636[1]
どうでもいいけど遠野の代表的な昔話であるおしらさまって獣かry
この建物はいろいろギミックが凝っていて面白いです。
特定の位置に立つと影が動くとか音がするとか。
閉館時間とかその後の予定のことを考えて16時40分位に脱出。

DSC01639[1]
DSC01637[1]

その後卯子酉様(うねどりさま)へ向かう。
恋愛成就とか縁結びの御利益がある神様だそうで・・・
まぁ今現在というか現在過去においてフリースタイルを貫いてきた私は、

「とりあえずいま俺に憑いている悪い縁を取り払ってください!!」

と全力でお願いしました。
それ以来北上直前から続いていたなんか理不尽なことはあまり起きてないです。
一応、なんかこの一杯ぶら下がっている赤い布に、良い縁に巡り合えますように的なことは書いてきたけどな!!!
でも、今回の良い縁は割と本気で男女関係なく、これからの旅で巡り合えるようにって意味合いがメインだったけどね。

DSC01654[1]

DSC01640[1]
その後五百羅漢へ向かう。
ここの五百羅漢は岩に彫って書いてある感じの五百羅漢です。
まぁ他所を知らないから何とも言えないけど・・・
大飢饉で死んでいった人たちを供養するためのものだそうです。
結構苔むしてて歴史とか時間とかを感じさせます。

DSC01642[1]
DSC01643[1]
DSC01646[1]
DSC01647[1]
まぁこんな感じでわかりやすいのもあれば、全然わからないようなのもあります。
つーか五百はみつけられねーよ。
全然わかんね。

てかね、ここに着いた時にさ、俺思い出したんだよ。

さっき何か変な放送あったよねーって。
ここ超森の中ジャン?熊とか怖いじゃん?
もう雰囲気ぶち壊しになるけど、ずっとipodでロック流しながら見てたね!!
死ぬよりはいいじゃん?

DSC01653[1]
だってもういつこの奥の方から突進してきてもおかしくない雰囲気あるでしょ?

DSC01655[1]
つーかほら!帰りに気付いたけど、むしろ俺の行動は正しかったんだよ!!!
皆さんも山に入るときにはくれぐれも音が出るものを忘れないように・・・

そして道の駅 遠野風の丘へもどって野宿準備。

DSC01660[1]
するとこんな風にどぶろくをプッシュしているわけですよ。
うーん。

DSC01661[1]
やっぱり地のもの飲み食いしなきゃ旅じゃないわよねー。節約なんて糞喰らえよ。
でも正直これはそんなにタイプじゃなかったかな?ってかコメの部分が多くて飲みづらかった。

DSC01662[1]
そしてこの夜は朝イオンで買ったラーメンと野菜パックとベーコンでちょっと豪華なインスタントラーメンを作る。
野菜が日持ちさえすれば煮込みラーメンって最強だと思うんですよね・・・日持ちさえすれば・・・

出費
インスタントラーメン 198円
もずく 98円
食パン 78円
トマト 78円
野菜パック 98円
卵4個 88円
野菜ジュース×2 176円
カロリーメイト 148円
カレーライス 550円
地ビール 500円
とおの物語の館 500円
どぶろく 390円

合計 2902円
お金は使うためにあるのだよ。

本日の走行距離 57.54km
合計の走行距離 2046.4㎞

より大きな地図で 31日 なう(2013/06/12 18:27:49) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【41日・2013/06/22】北海道 速報  

北へ―逝こうらんららん。北へ―逝こうらんららん。
春も夏も秋も冬もねー胸躍る北へスキップー。

どうも蛸です。
とりあえず北海道に上陸したので、報告です。

いやーとうとう来たねー北海道。
高校の修学旅行以来じゃねーの?

現在は函館のライダーハウスに滞在しています。

これからのルート的には反時計回りに北海道をぐるっと回る予定です、
ただ知床は熊と峠が怖いからルートから消すことにしたけどね・・・。

まぁ1ヶ月弱位いられればいいかなーとか考えてます。
そんで7月末~8月位に青森に戻って、お盆のちょっと前のタイミングで一時帰省するつもりです。

そのタイミングでいろいろと要らないものを家に置いていきたい。
まぁ送っちゃえばいいって話もあるけどね・・・

そんな感じで、今日時間があったらまた通常版の更新します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【29・30日・2013/06/10・11】岩手 沈没編  

書けるときにはひたすら書き続ける。

と言っても今回は全然内容とかないけどね。
DSC01609[1]
10日、ひたすらブログの更新をしつつまだ翌日も泊まるとか思っていなかったので、昼間からひたすらトリスを飲んで飲んだくれる。

昼飯にカップうどんを食ったが、俺が欲しかったのはカップ蕎麦だ。
どん兵衛が食いたかったのだ!後載せサクサクが良かったのだ!!!
蕎麦はみどりって先入観を植え付けたマルちゃんに謝罪と賠償をry

夕飯は外に出て冷麺を食う。
まぁまぁ・・・いや微妙。
でも俺は盛岡に行く気はなかったので、まぁ仕方あるまい。

DSC01610[1]
新幹線が止まる場所にしては寂れている。
正直通りが大きいだけで地元の方が都会だと思った。

DSC01611[1]
11日。
手書き日記がたまりすぎてヤバかったり、体調も回復が追いついていなかったので連泊。
この日はブログには手を付けづに、ひたすら手書き日記を終わらせ、
北海道までのルートを算出する。

あと替えのチューブを購入。
残念ながら自転車旅に食いついてくるような店ではなかったので、面白い情報等は仕入れられず。
でも70円まけてくれたので感謝。

夕食はみどりのたぬき。
代表戦を見ようかと思うが自重して寝る。

出費(10日)
冷麺 800円
オレンジジュース 128円

合計 928円

出費(11日)
チューブ×2 2200円
宿泊費 3500円
みどりのたぬき 118円
酒×2 200円
串カツ 80円

合計 6098円

走行距離は誤差で打ち消せるレベルなので0扱い。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【28日・2013/06/09】岩手 大凶編   

例によって朝から雨なのでマグロ氏宅に連泊させていただいている蛸です。
明日には・・・明日には出発するよ??

まぁ今後の予定としては、
八戸⇒横浜⇒むつ(恐山)⇒大間⇒北 海 道 !!
って感じですかねー。

ただ別案として、八戸⇒北 海 道 !!(苫小牧)
ってのもあるにはあるんだよね・・・
これ使うと、夜のフェリーで酒を楽しむことが出来る!!!
という俺がやってみたかったシチュを楽しめるんだけど、俺の性格的に帰りは函館⇒青森にすると思うから、
恐山スルーしちゃうんだよね・・・

まぁちょっと悩んでいます。
以下本編。

DSC01578[1]
朝、地元チャリダーのH氏と記念撮影。
もともと地元が神奈川で3・4年前に仕事の都合でこちらに来られたそうで、たわいもない世間話から結構真面目に人生について~みたいなことまで話しましたw
「自転車のことで困っていることがあったら行ってみるといいよ」とのことで、地元の自転車屋を紹介してもらったんですけど、
この日は日曜日だったので、日曜サイクルで開店15時とか書いてあったので行けませんでした。
残念。

因みに俺の自転車に関する悩みは、後ろのタイヤの減り方がヤバい。もう超ヤバい。
まぁマグロ氏に前輪後輪のタイヤ入れ替えちゃえば?的なアドバイスをもらったので、
いざとなったらそれだな。

DSC01579[1]
DSC01580[1]
と言う訳で世界遺産登録された平泉へ来ました。
これは毛越寺の写真ですね。
このカラーリングの建物は割と好きです。
宝物殿とかもあって、まぁまぁ楽しめましたよ。

DSC01583[1]
庭の雰囲気も悪くない。
まぁあくまで悪くないであって好きではないのは、個人の感性の問題だな。

DSC01584[1]
DSC01585[1]
この寺を作った人を祀っている建物の写真。
人の名前?忘れた。

DSC01586[1]
庭園内を流れる小川。

DSC01588[1]
この石仏を信じればどんな願いもかなうそうですよ?
うっそでー。

DSC01590[1]
ん?あの岩の形は何かに似ている・・・そうだ似たようなものを群馬の山中で見た気がする・・・
そうアレは・・・

DSC01591[1]
そうこの形はチ・・・

DSC01592[1]
正面からみたらヤマトの船首みたいだった。

DSC01593[1]
続けて中尊寺を見に行きます。
朝あったH氏いわく「日本人より中国人・韓国人のが多いよ」との言葉通りに、
聞こえてくる言語がなんかスゲーグローバル。

DSC01594[1]
杉並木が良い感じですが、結構坂の傾斜があるんだよねここ。

DSC01595[1]
途中ご当地グルメ的な弁慶餅を食う。
まぁ毎回毎回ソフトクリーム食うのもねぇ・・・

DSC01598[1]
この写真を見てもらえれば、結構登る必要があることがわかってもらえるであろう。
ちなみに飯盛山みたいなエスカレーターは無い。

DSC01599[1]
さぁ皆さんお待ちかね!!!
中尊寺金色堂の公開です!!!!!






















悪いね。ここ撮影禁止なんだwww
まぁしかたないね・・・世界遺産だもんね・・・
ちなみにここ入館料800円で金色堂と宝物殿とみられますが、個人的には宝物殿のがマシ。
でも高い。なんかこれに800円かって感じ。

ちなみにこれらの寺社仏閣を一通り見終わった俺の感想は・・・・

「親子4代100年に渡って寺社仏閣を作り、文化宗教勝利目指して源氏に軍事負けした藤原氏ざまぁwwwwwwwwwwwwwww」

蛸はCIV5プレイヤーです。所謂ゲーム脳という奴ですね。
CIV5が解らない?人生損してるぞお前。
でもプレイすると人生損する可能性があるからやめておいた方がいい、アレはマジで人生破壊できる可能性を秘めている。

まぁそんなわけで・・・中尊寺金色堂も俺の趣味とは真逆を行く代物だった。
金閣寺は好きなのになんなんだろうねこの差?自分でもよくわからない。
多分金色堂のところ一番早く抜けたの俺だろうな・・・まぁ人が多すぎて面倒だったというのもある。

DSC01600[1]
どっちかというと別の場所でこの能をやっているのを見られたのがよかったね。
ガサラキとか好きだし。

DSC01601[1]
DSC01602[1]
おまけ。中尊寺の写真。

DSC01603[1]
サンクス黒塗りなのはあれか?空気に合わせるためとかなのか?
と言う訳で、ここからはひたすら北上を目指しますよ。
そうこの日は北上に絶対にたどり着かなければいけないのです。
何故かって?

ビジホとったから!!
休息も必要だよ。
と言う訳でグーグル先生のナビゲートでなんだかよくわからない農道を走らされていたら・・・
DSC01604[1]
このザマだよ。
ちなみにこれ前後逝ってます。
このままもう旅の終わりまでパンクとかないんじゃないかなーとか思っていたのに・・・
チューブ交換で結局1時間かかりました。

しかし、旅に出る前に前輪のホイール交換とかやっておいてよかったよ・・・本当に。

DSC01605[1]
とりあえず前後修理完了。
この間にホテルに到着時間の変更の電話をする。

しかしこの後、無理やりつけているフロントキャリアがタイヤと干渉し始めたりして大変だった。
もうイライラがマッハだったのでガリガリ君とコーラで気持ちを落ち着かせる。

北上へ着いたのが17時過ぎ位で、財布の中身が少し寂しかったので郵便局を探すことにするが、
なんか片っ端から日曜だからあいてない・・・ゆうちょは土日も手数料無料が売りじゃなかったの!!!?
ATMだけ使えるようにしておけよ!!!!

仕方がないから先にホテルで籠城するための食料を調達しにスーパーへ行き、
大量の酒と食料を買い込む。
ちなみにこの時は2泊予定。

ホテルに戻りつつ一番でかいであろう郵便局を見つけたので、そちらへ向かうことにすると・・・
DSC01607[1]
この濡れた跡、主成分がトリスウイスキーなんだぜw

ふざけんな糞がああああああああああああああああああああああああああああああああああ

スーパーのビニール袋が破けて私のトリス720mlがぶちまけられる。
今にして思えば散らばったガラスの破片でタイヤがパンクしなかったのが救いか・・・
とりあえずひとりガラスの破片を回収する・・・
なんなのこの日?どうなっているの?と思うも、南三陸を見てきた俺は命があるだけマシだと思い辛うじて平静を保つ。

DSC01606[1]
そして一番でかい郵便局・・・終わっとるwwwwwww
もう何もかも諦めて、セブンのATMから別口座の金を下ろして、ホテルに向かう。

で、ホテルに入るにあたって荷物を整理していると・・・メガネケースが無い。
メガネ拭きにもなる高性能なオークリーの布製メガネケースが無い。
北上についてから回った場所を再度回ってみるが当然のことながら、そんなものは落ちていない。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

もう、本当に散々だったよねーこの日は。
でも、そういう日もあるって割り切るしかないよねー。

DSC01608[1]
だから俺はもうこの日は割り切って飲み屋に行って一人で飲み放題90分コースでひたすら元が取れるまで飲みまくり、帰って枕を濡らしました。

出費
毛越寺 500円
中尊寺金色堂 800円

カルピスウォーター 147円
総菜パン 135円
Lチキ 128円
ガリガリ君 62円
コーラ 147円

宿泊費2日 7000円
トリス700ml×2 1760円
ペプシ1.5l 148円
インスタントティー 328円
カップ麺 158円
チョコレート 278円
缶チューハイ 108円
野菜ジュース×2 130円
ポテチ 235円
甘酒 78円

飲み屋 2540円(恐らく)

合計 14682円

合計金額ワロタwwwwwwwww
まぁもう今回は割り切ろうwwwそういう日もあるさ。
あと基本時系列順に書いているので見づらいのは堪忍してね。
トリスは買いなおしましたが何か?

本日の走行距離 68.04km
合計の走行距離 1988.86㎞

より大きな地図で 28 なう(2013/06/09 19:29:27) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【27日・2013/06/08】宮城⇒岩手 蛸、祝福を受ける編  

どうも蛸です。
続けていきます。

DSC01542[1]
いきなり超グローバルな写真からスタートします。
なんか俺だけサハギンみたいな顔してないか?
あと真ん中でしゃがんでるのは身長が低いからとかじゃねーから!!身長とか関係ねーから!!!!

実はこの写真を撮る直前に、いわゆる「祝福」をしていただきました!
俺はクリスチャンじゃないけど(蛸は典型的な日本人なのでありがたいものはなんでも拝む無宗教です)、
自分の為に祝福してくれるって事なのでありがたく祝福されました。
ラルフさん(一番左の方で唯一日本語の会話が成り立つ)ありがとうございました。

彼らはこの後、この日の夜に催すバーベキュー(仮設住宅の方々に振舞う)の買い出しへ出かけました。

DSC01545[1]
三浦さんとも出発の時に記念撮影させていただきました。
俺つくづく笑うの苦手ね。なんだかインチキくさいセールスマンみたいだよ。
因みにこの慶の字が書いてある浮きは、例の津波でアラスカとかカナダまで行って、向こうに住んでいる人と結婚した日本人の方に拾われて、奇跡の帰還を果たしたというスゲー縁起物です。

「健康が一番大事、無理しちゃだめだよ」とのお言葉を貰い見送っていただきました。
三浦さん本当に美味しいごはんを御馳走になりありがとうございました。
あと渡りをつけてくれた親父殿もTHX。

DSC01547[1]
DSC01548[1]
DSC01549[1]
DSC01550[1]
DSC01551[1]

南三陸の皆様。
一日も早い復興を祈っていますが、何よりも健康を第一に、体を大切にしてください。
勝手なことを言うようですが、もっともっと助けを求めてもいいのかなと感じました。
まぁこれは現地を見た人間じゃないと抱けない感情かな・・・

DSC01552[1]
この日はひたすら一関を目指します。
北上川でかくて怖い。

DSC01555[1]
三浦さんに作っていただいた梅握り。
本当に3食も世話になっちゃってありがたいわ、申し訳ないわで・・・兎に角!諄いようだけどありがとうございました。

DSC01556[1]
これを見た時に、石巻の奴をスルーしたことを思い出した・・・
なんか別の機会があったら行こう・・・

DSC01560[1]
・・・知らないうちに岩手県入りしてた・・・全然気づかなかった。
まぁこれが所謂地獄の岩手編の始まりである。

DSC01562[1]
この写真を撮って、急いでレインウェアを着込んだ直後に物凄い大雨が降ってくる。
所謂ゲリラ豪雨的な奴。
本当に危機一髪だった。
まぁ結局泥に取られて自転車がこけたり結構悲惨な目にはあったんだけどね。
てか岩手はなんか俺と相性が悪いみたいで結構いろいろと酷い目にあいます。

DSC01563[1]
雨が止んだ後。
このバケツをひっくり返した様な道路を見ろよ!トラックが通り過ぎていくたびにびしょ濡れだぜ!!!

DSC01564[1]
道の駅 厳美渓に到着し、一日頑張ったご褒美に萩の月をくらう。
この日は移動メインだから展開早いんだよ。

DSC01567[1]
日没までまだ時間があったので歩いて10分くらいの厳美渓へ。
ここもきれいなところでした。

DSC01569[1]
DSC01572[1]
DSC01574[1]
水の色がきれいだし、何よりも岩の感じがすげぇと思った。
あとなんというか本当に自然の力は凄いな、勝てないなってのを色々と感じたね。
朝まで被災地にいたせいもあるんだろうけど・・・

DSC01570[1]
ただの橋の写真だと思っただろ?
これ竹筋で出来てる橋なんだぜ!!!
すげぇよな!!!!それも相当昔に作られて現在まで持ってるんだから日本の建築技術は世界ry

んで厳美渓からもどってきたら、地元民の人が「テントここに張っていいぞ!今許可とってきたからな!」
うわ!なんだ!!?岩手県民アクティブに優しいな!!!!
ってイベントがあったw
まぁ今のところそんなのこの一回だけだけどwww

DSC01577[1]
夕飯はキムチベーコン卵炒めです。
このキムチも三浦さんから貰ったんだけど、正直使い道どうしようかなーって思って考えていたんだが、
これ結構うまかったわ。
その後、久々の洗濯を行う。

あと道の駅厳美渓は、結構他にも旅人が多くて、俺のほかにテント張っている人とかいました。
まぁ自転車でもなかったし、集団だったので話しかけたりしなかったけど。
別の人で俺に話しかけてきた人もいたけど、なんか自分が話したいだけの感じで、全然会話にならなかったので適当に会話して終了。

いやーしかし、去年散々ボランティアで家を空けていた親父殿には正直「家を空けまくってなんなんだ」とか思っていたりもしたんだが、
なんだか現地をみて、三浦さんから話を聞いたりしたら少し親父殿が誇らしいね。
帰ったら酒を注いでやろう。

出費
酒 130円
麦茶 147円
アイス 108円

合計 385円

本日の走行距離 67.99km
合計の走行距離 1920.82㎞

より大きな地図で 27 なう(2013/06/08 16:04:56) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【26日・2013/06/07】宮城 南三陸編  

どうも蛸です。
今現在は青森の八戸にあるマグロ氏宅に御厄介になっております。
とうとう梅雨においつかれたのか天気が今一な日が多いですね。

以下本編。
DSC01473[1]
えらい昔のようだけど、今月の話なんだよね。

DSC01476[1]
タイトルにもあるように南三陸へ向かいます。
この時は結構軽い気持ちで峠とかだりーとか思ってました。

DSC01477[1]
しかも寒い。
とにかく温かいものが飲みたかった。

DSC01484[1]
そんなこんなで南三陸に到着したわけですが、おわかりだろうか?
このセブンイレブン仮設店舗である。

DSC01485[1]
そして目の前にはこんな景色が広がっている。
正直もう2年も前のことだろ?とか思っていたので、この景色はまぁ衝撃的だった。
まだこんな傾いたままの建物があるだなんてとね。

DSC01489[1]
セブンイレブンの前にあったこれ。
バス停じゃないよ?駅だよ。まぁバスが走っているのは同じだけどさ。
本当はこの後ろに陸前戸倉駅があるんですね。

DSC01490[1]
郵便局跡地です。
そういうものが有ったようには見えないよね。
まぁきっと瓦礫が片付いたからそうなったんだろうから、それ自体は悪いことではないのかもしれないけど。

DSC01493[1]
町の方を見に行きます。
正直セブンのあたりから見た時は、もう結構復活しているんじゃないかと言う淡い期待を抱いていましたが・・・

DSC01496[1]
ENEOS仮設。

DSC01498[1]
辛うじて流れ残ったであろうホテル跡。

DSC01501[1]
この分厚いガラスをぶち破ったというのだから、津波の力とは恐ろしい。

DSC01503[1]
DSC01504[1]
DSC01505[1]
DSC01507[1]
正直うまいことコメントが浮かばんのだよ。
ただ俺の中であったもう2年もたっているのにという考えが消え去ったのは確か。
まだまだ復興には数年かかるんだろうねきっと・・・

DSC01510[1]
DSC01509[1]
ここはテレビなんかでも散々うつされた場所だからわかる人も多いと思います。
実際にこういった景色を見ると、実際結構心にダメージがあります。
津波で亡くなった人のことを思えばなんだよって話だけど、やっぱりキツイものはキツイ。

DSC01508[1]
こういった瓦礫の山は至る所にあります。

DSC01512[1]
おもっ苦しい写真ばかりなのもアレなので、現地の人たちは頑張って立ち上がっています。
建物はプレハブだけど、中身は結構楽しめる。
俺も復興支援しなければ!!!!

DSC01514[1]
復興支援だから!

DSC01515[1]
復興支援だから!!

DSC01516[1]
復興支援だから!!!
いやー楽しんだ楽しんだ。
他にも色々食べてみたいものとかあったんですが、とりあえず僕はここで止めました。
本当においしそうなもの結構あるので、行けそうな人は行ってみるのも良いと思います。

DSC01517[1]
モアイ像と愛車

DSC01519[1]
DSC01521[1]
そろそろ移動しようかと思い始めたくらいからなんだか凄く霧が出てくる。
今思うとこれが今後何度も遭遇する山背って奴の一発目だったんだろうな。

DSC01522[1]
DSC01523[1]
DSC01524[1]
とりあえずこの日は、親父がボランティアで行った先の人のところにテント張らせてもらえるって事になっていたのでそちらへ向かう。
要するに親のコネってやつだな。

DSC01529[1]
と言う訳で、この日はこの慶明丸さんでテントを張らせてもらいました。
南三陸の魚介とか野菜とかを取り扱っている農漁家レストランで、食事をする場合は新鮮なものを提供するために要予約というお店です。
正直南三陸で野宿する場所を確保するのはちょっと辛そうだったので、親父と三浦さん(店主の方)に感謝。

DSC01532[1]
取れたてのホヤ。
ホヤって乾燥した奴しか見たことなかったけど、こんなんなんすね。
なんだか果実に見えるな。

DSC01537[1]
そこで、なんつーか想定外の出会い。
何故か外人の方々が畑の片づけとかをしている。
彼等は宣教師の方々で(全員ではないと思うが)、ここにボランティアに来ているとのこと。
正直言って結構色々とダメージを受けていた俺は彼等の登場にちょっと救われたりする。
多分今までの人生の中で一番外人の方と接したと思う。
挙句の果てに一緒に温泉入りに行ったしねw

そのときのマッサージチェアでのはしゃぎ様はすごい面白くて、いろいろ写真があるんだけど、
許可撮るのを忘れてしまったのでこの写真だけな。

ちなみに宣教師の人でもCoDはプレイするみたいだよ。
俺FPSやらないからあんまり掘り下げられなかったけど。

でも、わざわざカリフォルニアから来てくれてる人とかありがたいよね。
もちろん日本を拠点にしてる人もいるけどね。

DSC01533[1]
DSC01535[1]
そんな訳で、俺もほんの少しだけ手伝いした。まぁ本当に手伝いに数えられないくらいほんの少しなんだけどな。
因みにどういったことをやるかと言うと、畑をひっくり返して、土の中に埋まっているものを穿り返したりするのです。
画像みたいに津波の時に攫われてきた貝殻とかCDとかその他ゴミとかが山のようにあるのね?
2枚目の網も津波の時に来て引っかかったままっていうやつ。
津波の力って改めて凄いって思ったよ。

DSC01534[1]
霧のせいでわかり辛いけど、結構高い場所にあるっていうのが理解してもらえると思う。

DSC01541[1]
と言う訳で夕飯です。
宣教師の皆様からも誘われていたんですが、三浦さんがあるものを用意してくれるという話が先にあったので断ったんですけど。

断ってよかった!! AND あるものなわけがない!!!

牡蠣の炊き込みごはん・ウニ・ホヤ・蛸の刺身・サラダ・味噌汁とかどこの御馳走だよ。
この直前にいったホテルの温泉とかでウニの値段見たけどry
三浦さん本当にありがとうございました。次来るときはボランティアかお客としてきます。
因みにこの飯の時に色々と津波の時の生々しい話を聞けました。

色々なことを聞いたけど、とりあえずこの場ではこれだけ言っておきます。

津波が来たらもう荷物を取りに戻ろうとか思わないで兎に角高いところへ避難しましょう。
自分の身は自分で守りましょう。自分の健康が一番です。

親とか家族が心配・・・あると思います。
でもそれで親が心配になって助けに行った結果、親は地域の人と一緒に避難していたので無事だったけど助けに行った子供は亡くなってしまったという事もあったそうです。

他にも色々な話を聞けましたが、ちょっと書ききれないので残念ですが割愛します。
それだけで相当でかい記事になってしまいそうなので・・・

興味がある人は、先ほど画像にあった商店街で語り部の人が津波の時のことを話すということをやっているようですので(三浦さんも語り部のひとりだそうです)そちらへ出向いてみるのもいいと思います。

出費
カップスープ 168円
地ビール 580円
ソフトクリーム 200円
串カツ×2 200円
温泉 820円
酒 118円

合計 2086円
正直夕食のことを考えるともっと金落とせばよかったとか思わなくもない。
でもTシャツとかはこの旅ではちょっと難しいんだよなー

本日の走行距離 28.86km
合計の走行距離 1852.83㎞

より大きな地図で 26 なう(2013/06/07 15:05:04) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【25日・2013/06/06】宮城 嗚呼松島編  

なかなか更新できないね。蛸だよ。
今現在35日目かな?

現在青森県の五戸とかいうところにあるキャンプ場に来てるよ。
ぶっちゃけ青森入れるの明日だと思ってたけど、思いのほか来れてしまってびっくり。

これ早ければ今週中、遅くても来週には確実に北海道入り出来そうな勢いだけど・・・
連日の山越えに両腿からアラートがあがりっぱなし。
本当にここの所、自転車を押して旅をしているのか、自転車に乗って旅をしているのかわからないw

岩手は本当に地獄だったぜぇぇぇ
フゥハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

また暫く書けないだろうし、書けたとしてもえらい先になるはずだからここで言っておくけど・・・
国道45号は地獄。途中で県道44号をミックスするとさらに地獄。

でも・・・R45を使わないと見に行きづらい龍泉洞は一見の価値がある。
今まで観光した中でも個人的にはトップだと思ってる。
2周した観光施設とかこれくらいじゃなかったっけwww
正直もう一回見に行きたいよ・・・自転車以外の交通手段でな!!!!!

あともし龍泉洞行く人いるなら、入る前にちゃんと最低限長袖装備しておけよ。
洞窟内の温度10度とかだぞ。
すべるからサンダルもやめとけ。

まぁそんなんで以下本編。

DSC01414[1]
25日目はこんな場所からスタートー。
全然眠れんかったかし、こんな場所で飯作る気も起きないのでカロリーメイトを食って早々に出発。
てか前日の霧が全然晴れてなくて焦った。フライもビショビショだし、散々な朝ね。

DSC01418[1]
DSC01417[1]
前日野宿できなかった松島公園の近くにある雄島へ行こうと思ったら・・・
震災の傷跡はまだまだ色々なところにあるな。
しかしもう少し時期がズレれば見ることもできたというのに、残念だなぁ。

DSC01419[1]
日本三景に来た証拠として一応。
でもねー正直ねー霧でねー微妙だったんだよねー。

DSC01421[1]
とりあえず重要文化財って書いてあったから来た。
詳しいことはよく知らない。
因みにこの時まだ7時台とかだった気が・・・朝早いとお土産屋は全然開いてないけど静かに落ち着いて観光で来て俺に良し。

DSC01422[1]
板の間隔があいているのはわざとで、気を引き締めるためなんだと。

DSC01425[1]
まぁ割とシンプルな建築物だよね。
でも俺はあまり華美なものよりこういうものの方に好感を覚える人間だからな。
少なくともこないだ見た金色堂なんかよりは好きだね。

DSC01424[1]
やっぱり霧が凄い。
これはこれで綺麗ではあるけどね、なんかこう掛け軸の世界みたいで。

DSC01438[1]
突然ですが、ハンドルをビニールテープで補修しました。
持っててよかった!ビニールテープ!!!
皆も1個持っておくと安心安全だよ!!!!!!
こういう事やるとなんか旅してるって感じがするよねw

DSC01439[1]
DSC01441[1]
台湾ありがとう!マジありがとう!!
ネットでは散々台湾の義援金については語られてきたけど、こうして形あるものを目にすると改めてありがたいね。

DSC01443[1]
人なれしている海猫?こいつら夜でもニャーニャー言ってたな・・・

DSC01444[1]
さて松島のメインスポット福浦島へ、岩と松が良い感じ。

DSC01447[1]
晴れていたらもっと遠くの島まで見えたのかな?
いや、霧の松島も悪くないけどやっぱり初めてだったので晴れているのがよかったな。

DSC01449[1]
島内の弁天様

DSC01451[1]
こういう事をする人間にはならないようにしようね。
お兄さんとの約束だ。

DSC01452[1]
島内の浜に降りられる場所があったので、降りてみたけど・・・正直そんなに綺麗って訳ではなかったな。

DSC01453[1]
もとからこうなのか・・・それとも例の津波でこうなったままなのか・・・
流石に前者かなぁ・・・
まぁ地元の海もこんな感じだしわからないではないけど、日本三景だろお前!!と突っ込みたくなる。

DSC01456[1]
こういうところを降りてきたんだぜ!!
途中結構怖いところもあった。まぁ三歩くらいだけどな!

DSC01459[1]
でも、確かにこういう地形はなんか綺麗だとは思う。
てかあんな岩の上に木が生えるとかすげぇな。

DSC01460[1]
俺が降りたのとは別の浜。上から見る分には確かに綺麗ではある。

DSC01463[1]
脈絡もなく次の場面に行くのが俺のブログ!!!そこに痺れないし憧れないね・・・
松島を後にして石巻へ向かっています。
晴れていたら遊覧船とか乗ってみたかったんだけど・・・お金かかるしスルーで。

天気あんまりよくないけど、その方が日焼け止めは節約できていいんだよね・・・
でもソーラーパネルが完全に死にアイテム化する・・・

DSC01465[1]
なんだか不自然に草原というか、なんというか広がっているんだよね。
少し中に入ってみてみたけど、おそらく震災前は農地だったのではないかと思われる跡が点在していました。
若干家とか畑とかあったけど、基本的に草で埋め尽くされているエリアでした。
天気と合わさって結構精神が落ち込む。

DSC01466[1]
途中のマックでブログの更新をしつつ(眠い眠い言ってた日な)道の駅へ。
ここはかなりきれいなところでした、まぁ正直野宿は駄目そうな雰囲気漂っていたけどね。

DSC01467[1]
ここに寄った理由はこれです。
この後の進路が南三陸⇒一関だったので下手したらしばらく風呂とか入れないかもなと思い寄りました。
考え過ぎだったけどね・・・
因みに入浴料は500円で、どうしてもよしおかと比べてしまい結構入るのに悩むも結局入る。
泉質は割とぬるっとした感じで、濁り湯でした。
値段以外は結構好みですかね。

DSC01468[1]
風呂を上がった後は、ソフトクリームの呪縛から逃れつつ北上川沿いを北上します。
てか大きすぎる川ってなんか結構恐怖を感じる。これも何回か言ってるけど。

DSC01469[1]
今夜の野宿地・・・まぁここでもテントは張っていないが、道の駅 津山へ到着。
石巻から珍しくずっと追い風だったので結構楽に到着することが出来た。
ここは休憩所?というかトイレが建物内にあるのでそこへ続くホールでマット敷いて寝る。
ちなみにここはFREESPOT対応なのでバッテリーさえあればネットはし放題だよ!!
因みに広い公園もあるから多分テント張るのも問題ないと思う。
でも、結構風が吹いて寒かったので個人的には室内おすすめだね。

DSC01470[1]
先日かって飲んでなかった酒を飲む。
ペットボトル焼酎は結構便利かもしれないと思った。
何よりお湯割りで飲めるのが素晴らしい!!チューハイ寒い日に飲めないもんなー。
夕飯?前の日に買ったペヤングだよ。

出費
菓子パン 120円
からあげ棒 105円
ビッグマックセット 540円
謎の紙切れ 300円

合計 1065円
謎の紙切れ・・・まぁわかる人にはわかるだろ。

本日の走行距離 59.51km
合計の走行距離 1823.97㎞

より大きな地図で 25 なう(2013/06/06 16:47:26) を表示
R45等について質問あったら答えまする・・・まぁレスポンスかなり遅くなるかもだけど・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【24日・2013/06/05】宮城 都会過ぎる仙台に驚く編  

やぁ皆蛸だよ。
現在は道の駅 宮古で野宿中ってところどす。

結構いろいろなところを見ているけどさ、
まだ一か月しか終わってないんだぜ?
なんだかもう千葉とかを走っていたのが随分昔のことのように思えるよ。

DSC01360[1]
つー訳で24日目。

DSC01362[1]
道の駅村田を出て仙台を目指すためにR4を目指します。
山坂を攻略する木があればR4にこだわる必要はないんだけどね、俺は膝が勘弁してくれっていうのでまだましなR4から行きます。
村田は倉の町として有名らしく、写真の通りはちょいちょい倉があって良い雰囲気でした。
が、まぁ寄り道してぶらぶらするほどではない(個人的に)のでさらっと流す。

DSC01365[1]
久々に山とかじゃない工業地帯を見てテンションが上がる!
まさか工業地帯でテンションが上がる日が来るとは・・・いくら綺麗でも流石に毎日じゃ辛いものがあるのよ。
てか山々の景色が美しいということは、イコール膝へのダメージがあるということでry

DSC01372[1]
仙台についたら牛タン食わないとダメだろ!ちょっとお金がかかってもだ!!!
と言う事で有名店らしい利久なる店に来る。
これは市役所前店だったかな?

DSC01371[1]
市役所前定食1200円。
牛タンソテーとカルパッチョ、スープにサラダとなんかと米。
まぁ安くはないけど、牛タンだから仕方ないと割り切れる。
なんかこうアレです、牛タンの厚さが今まで食ってきた牛タンと違う。なんか違う。
俺が食ったことのある牛タンはもっと薄くて舌って感じの奴だった。
でもこれは形が舌とかじゃない、なんか分厚い、こういう切り方見たことない。
まぁ美味しかったです。

でもアレダな・・・俺はあの薄くて塩胡椒檸檬で食う牛タンの方がタイプだな。
因みにこの店に行くなら昼間がいいよ。
昼間だと全体的にランチ価格になって若干安くなっているから。
夜行くとおそらく同じものでも数百円値上がりしてる。

DSC01373[1]
とりあえず、食後に直ぐそこにあった宮城県庁を回収。
この後は伊達政宗の像を回収しに向かう。

DSC01374[1]
キャッツシアターがあるとか仙台マジ都会。
つーかビルの写真のせても面白くないからカットしてるけど、本当に仙台が都会で俺スゲー驚いた。
今まで見てきた県庁所在地のなかで断トツだよ!(神奈川除く)
千葉と宇都宮はそれなりに都会だったけど仙台はそれらをも凌駕している。
ビジネスホテル取れたらちょっとゆっくり滞在して街歩きしてみたいと思う程度に都会だった。
まぁ俺が選ぶ価格帯のところは悉く部屋無いんですけどね・・・
ただまぁ都会故に久々に防犯意識は目覚めたわ。
ここに来るまで大抵の場所ではU字ロックまでは使うことなかったけど、ちょっとその辺りの信用はできん。

DSC01376[1]
途中の公園に置いてあった蒸気機関車。

DSC01378[1]
仙台城付近。
魯迅ってなんか銅像とか石碑があったけどなにした人なんですかね?魯粛ならわかるんだけど・・・
旅が終わったらwikiで調べます。

DSC01380[1]
一瞬仙台城跡行けないのかと思って焦りましたが、仙台城跡にはちゃんと行けますのでご安心召されよ。

全然話関係ないけど台風12号こっちくんな。絶対にこっちくんな。

DSC01381[1]
伊達政宗胸像。
この伊達政宗はCV大塚周夫って感じですね。

DSC01383[1]
この石垣は個人的に結構テンション上がったなー。
なんかこう本物って感じがするじゃない?

DSC01384[1]
頼まれたってこんなところまで自転車で来るものか!!
ぇ?歩きですよ?当然。
仙台城跡は結構山坂がきついです。仙台博物館とかそんなのがあるのでそこら辺に自転車止めて歩きで行動するのをおすすめします。

DSC01386[1]
DSC01387[1]
いざ仙台城跡エリアへ!!

DSC01388[1]
ほら!都会だろ!!!
あとこの写真で仙台城跡が結構高い場所にあるというのが理解していただけるはず。
つーか遠足かなにかの小学生が一杯で落ち着いて見られんwww

DSC01391[1]
そして伊達政宗像。
やはり胸像とは違う威厳があるな!CVはやはり大塚周夫氏なイメージだけど。

DSC01392[1]
DSC01393[1]
こんなんもあった。
中学の時に音楽の授業で歌ったなー。
つーか3番と4番なんてあったんだ。

DSC01394[1]
名物ずんだ餅を食う。あと萩の月5個入りを買う。
でもねーずんだ餅って枝豆なんすけど・・・やっぱ枝豆は塩ゆででビールが最高って思った。

DSC01395[1]
何で若本wwwwwwwwwww
てかどんな客を釣ろうとしているんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

つーかさ、どうせナレーターしてもらうなら中井和哉氏に頼めば腐女子がドッカンドッカンだったんじゃ?

DSC01396[1]
仙台城跡から再度市街へ、仙台城跡から出てきたときに大学生の群れが一杯いて視線が泳ぎまくりですよ。
てか若い女性があんなに大量にいるのを見るのは久しぶりでね・・・
交通事故になりかねないからみんなも仙台城跡から帰るときには気をつけようね!!!
てか仙台タクシーが多すぎでちょっと走りづらい。それでも3車線だから2車線は使えるんだけどね。

DSC01402[1]
ヨドバシでUSBケーブルを仕入れたりイオンによったりしながら松島の公園へ向かってひたすら走る。
今思うと素直に仙台のネカフェを使っておけばよかったと思う。何故かって?

DSC01409[1]
キャンプできないからだよ!!!!!
この時周りが全面霧で、どこのブライトフォールズ状態でかつ20時過ぎ。
ここに来るまでに坂といくつかのトンネルを乗り越えてきたため正直もう途中にあったネカフェまで戻るのにも膝様が悲鳴を上げている。

俺A「今回は霧がヤバいし、寒しい、もう遅いし仕方ないって!1日位なら!!」

俺B「過去に通報をくらったり、警備員に追い出されかけたりしたじゃないか!また同じ展開になるぞ!!!」

俺C「寒い。おなか減った。」

と言う訳で、お湯を沸かすだけなら炊飯にあらず、カセットコンロなら直火でないので焚火にあらずという事で、カップ麺だけ作って道を戻ることにする。
松島公園はキャンプ禁止だから松島に入る時間は注意した方がいいぞ!!
まぁ色々なブログ見てみるとここでキャンプした人もいるみたいだけど・・・まぁいいや。

DSC01410[1]
と、戻る途中の歩道にすっげー広くなっている場所があったので、
疲れ果てていた俺はもうそこで寝ることにする。
ぶっちゃけ通報が怖かったけど、通報は一切なかった。その代り一晩中道をトラックが走っていくので全然眠れなかった。

松島公園キャンプできればトイレ有、東屋あり、水場ありで最強物件なんだけどな・・・
あとなんか公園内を中国人か韓国人と思わしき人たちがぐるぐる回っていたのは何だったんだろう?
そういう時間じゃなかったけど・・・

出費
からあげ 72円
USBケーブル×2 1060円
カップ蕎麦 88円
野菜ジュース 87円
惣菜 97円
ペヤング 97円
酒 137円
もずく3パック 97円
ベーコン3パック 197円
市役所前定食 1200円
萩の月5個セット 900円
ずんだ餅 336円

合計 4368円
うわースゲー使ってたんだなこの日。
使っている使っているとは思っていたけど・・・
でも俺は萩の月を独り占めで来て満足だったよ・・・

本日の走行距離 77.14km
合計の走行距離 1764.46㎞

より大きな地図で 24 なう(2013/06/05 21:22:09) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【30日・2013/06/11】岩手 北上沈没編  

今日遠野へ出発するといったな・・・















アレは嘘だ。

なんか疲労取れてないし、手書き日記全然進まないし、もう割り切ってもう一日休むことにした。
やばいなーずるずるとこの快適な空間に汚染されつつある・・・

とりあえず今日は外に出て割と近くにあるらしい自転車屋で替えのチューブの調達と、手書き日記を今日まで進める作業を100%終わらせて、
ここから先の進路について最低限北海道入りまでを完成させる。
あと昼から酒は駄目だ、アレは作業効率が著しく落ちる。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

書き疲れたわ!!!!  

朝の8時前くらいからこの時間までひたすらブログの更新作業してたのに、
ぶっちゃけまだ全然追いついてねーっていう。
明日はもう出発なんですけど!!!!
もう一日宿泊追加するか?ねーよ!!死ね!!

つかれたーつかれたー
疲れをいやすためにビジネスホテル2泊も取ったというのに、
なんか逆に疲れている気がするー
てか手書き日記の方がまだ全然残ってるーやばいー
あと勢いで買ったトリス700mlもまだ残ってるやばいー
ポテチもあと一袋残ってるやばいー
チョコレートも残ってるやばいー

それもこれも全部昨日のパンクが悪い。アレが全部の予定を狂わせたんだちきしょう。

すみません少しだけ嘘つきました。
途中mjpと魔王様見てる時間ありました。
緑川は超かっこいいと思います。
あと僕はケイちゃん派です。
スタッフはアレだけケイプッシュしてるんだからちゃんと責任とれよ。

てか北上新幹線止まるのに寂れてるんだよなにこれ!
ホテルの人はいい人だったけどな!!!
電気屋位あってもいいじゃないか!YAMADAもないとかどういうことだよ!!!

つーかチューブ新しく買いなおさないとストックがねぇよ。
あとReeChargeも配線しなおさないと前輪外した時にぶっちぎれたままだ・・・
ぁーめんどくせー台風も来てるしめんどくせー

かわいい現地の女の子とキャッキャウフフしたい―
まぁ現地とかじゃなくてもしたことないけどなー

朝から酒飲みながら作業してるから酔ってるんだよー勢いだけで書いているんだよー
ぁー風呂入って日記書いて寝る!!

明日からは遠野攻略だー。
坂道だし予報では向かい風だから挫折する可能性あるけどなー。

疲れた終了。

category: 雑記・駄文

tb: 0   cm: 2

【23日・2013/06/04】福島 福島編最終章  

DSC01324[1]
23日目です。
いやー良く持ってるよこんなに。

DSC01326[1]
ここで、100名山の彼とはお別れです!
お互いに名前を聞かないで酒を飲んで別れる辺りがクールだろ?

DSC01327[1]
まさにこの写真を撮っている辺りでマット敷いて寝袋で寝た。
てか休憩所が使えるときは休憩所使う方がいいなってのが最近の俺の考え方。
朝の行動が多少早くなるしね。

DSC01328[1]
道の駅安達は24時間営業のコンビニあるし、休憩所あるし、綺麗だしで最高の環境だったよ。
ちなみに100名山の彼は3泊したってよw

DSC01330[1]
そしてバーテープがなんかやばい。
ポジショニング修正した方がいいのかねー?って言っても俺その辺の知識はさっぱりだからな・・・

DSC01331[1]
一路福島を目指す。

DSC01335[1]
そして福島県庁ゲット!!
ここには線量計見えなかったなぁ、別の場所にあるのかもしれんけど・・・

DSC01336[1]
せっかく県庁まで来ているからやっぱり名物を食べなきゃねぇ・・・

DSC01338[1]
DSC01339[1]
と言う訳で、凍天買いました。
うーん何っていうんだろう?サーターアンダギーの中にお餅が入っている感じ?
結構腹にたまる感じなので、昼抜いてこれを2個とかでも結構走れるかもしれない。
美味しかったです。

DSC01342[1]
もうなんか今年暑さがおかしいよね。
まだ6月だよ?これ7・8月になったらどうなっちまうんだよ?

DSC01343[1]
レッツパァーリィDAZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
てかここから北ずっと伊達政宗プッシュ。

DSC01344[1]
とか言っているうちに宮城県入り。
この日は移動メインだからね。

DSC01347[1]
今日も長閑な風景が続く。でも正直山は見飽きた感がある。


DSC01348[1]
この時ですね。頭がですね。痒くて痒くてもうっ!!!仕方なかったので、
白石の温泉を目指しているところで、温泉の手前にあった川ですね。

DSC01350[1]
と言う訳で温泉へ、お年寄りしかおらんかった・・・いや別にそれ自体は良いんだけどね。
このひ平日だったし。
しかし何だかんだこうやって回ってると日本は温泉大国だなぁと思いますね。
一日走っていれば何かしらその手の看板も見るし。

DSC01349[1]
たまにはイチゴオーレを飲みたくなる時だってあるだろ?

DSC01351[1]
宮城はこれが楽しみなんだよねー。
萩の月をひと箱全部を自分一人で食うってやってみたいんだよねー。

DSC01353[1]
地元に田んぼがないわけではないが、それでもやはりこういう景色は素敵ねー。

DSC01354[1]
DSC01355[1]
DSC01356[1]
そして、道の駅村田に到着。
オリンピックメダリストを排出した場所らしく銅像とか立ってました。
残念ながら物産館は終了していたので、中身は見られなかった。

DSC01357[1]
そして今夜のクッキングタイム。
がんもどきの素焼。
生姜と醤油で酒のつまみになる。

DSC01358[1]
鶏肉の黒胡椒焼き。
例によって酒のつまみですな。

DSC01359[1]
チキンスープ。
鶏肉を3切れと卵と塩コショウと生姜で、鶏肉に火が通るまで煮る。
これ鶏肉と卵さえあれば結構おススメだね、寒い夜には結構体を温めてくれる。
玉ねぎとかあればBESTなんだろうけど・・・

出費
野菜ジュース×2 210円 ←一人で飲んだんじゃねーよ?
牛丼 280円
凍天×2 220円
アイス 62円
鶏もも肉 111円
トマト2個 97円
酒 138円
惣菜 70円
野菜ジュース(翌日分) 78円
がんもどき 110円
歯ブラシ 158円
日焼け止め 588円
マウスウォッシュ 498円

合計 2620円
ぇーマウスウォッシュとか何買ってんの?とお思いの方がいるかもしれないですが、
この時ってか現在もですけど、上の歯茎が歯肉炎か何かでもう歯ブラシ触るだけで血だらけになるっていう状況になりましてですね。
とてもじゃないけどこのままだとやばいなと思って買ってしまいました。
それからは少しずつ収まりつつあるんだけど未だに強くするとスゲー血が出る。
別に歯磨きサボりまくってるとかないんだけどなんでだろうね?

本日の走行距離 79.83km
合計の走行距離 1687.32㎞

より大きな地図で 23 なう(2013/06/04 18:39:29) を表示

今回内容が浅いって?
浅いのはいつものことだろ?あとそろそろ書きつかれてきたんだよ。

あと福島県についての感想、
福島は沿岸部見てないからそのあたりは何とも言えないけど、
それ以外の土地は普通だよ。
なにかたまに過剰反応してる人とかいるみたいだけど、少なくとも俺が見た範囲は他の場所と大差ねぇよ。
まぁ仮設住宅とかはあったけどね。
小さな子供がいる人は多少は意識と知識が必要だとは思うけどね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【22日・2013/06/03】福島 考え方の違い編   

続けていくぞ!!
てかやっぱ一個書くのに2時間かかってるよ。もっと短縮しようかな?

DSC01262[1]
卵ベーコンは簡単に作れてパンと相性がいい。というかパンに挟んで食ってる。
でもこれ結構危険な食い物で、

マヨネーズ⇒卵
卵⇒言うまでもなく卵
ベーコン⇒成分表内に卵白使用

と正直卵摂取しすぎな料理なんだよね。
てかコレステロール値とか調べたら怖いわ。

DSC01263[1]
この公園にもありました線量計。
でも、この公園全然人いないし、歩くところも草生えまくりだったから意味あるのかね?
使う人いないってことでしょ?

DSC01264[1]
さて、会津観光です。昨日鶴ヶ城を攻略したのでこの日は御薬園を攻略です。
正直言って会津の中ではド・マイナースポットだと思われるので、行った時間もあるけど全然人がいなくて落ち着いて見られたよ。

DSC01265[1]
ここは名前の通り色々な薬草を育てていた場所だそうで、昔は朝鮮人参の栽培をしていたとかどうだとか・・・
今は本当に多数の薬草を展示用に栽培しているって感じですかね。

DSC01268[1]
うn、僕この薬草だーいすき!!

DSC01269[1]
マクロ撮影は難しいね。
もっと修行しなければ・・・

DSC01270[1]
こいつはアレだな。たしかアブサンの原料だったな。
アブサンってのは結構キツくて味が独特のリキュールです。

DSC01271[1]
こいつはハーブティーとかでよくお世話になるね。
大抵のブレンドハーブティーには入っているイメージ。

DSC01272[1]
まこ亭さんなら種類とかわかるんかね?
てかこんな小魚がいるとは思わなかったよ。

DSC01274[1]
ここの庭もなかなか良いです。
何より人が少ないので落ち着いて見られるのがすごく良い。
やっぱり日本の庭園は静かな状態で見るのが良いですよね。

DSC01277[1]
茅葺の建築物って好きですね。
昔からの姿をそのまま保っているさまは鶴ヶ城より好感が持てる。
まぁ鶴ヶ城昔からの姿で残すのは無理だったろうけどな。

DSC01275[1]
密談とか茶会とか避暑とかで使われたらしーですよ。

DSC01276[1]
刀傷にしては結構でかい・・・ってか随分えぐれてるなぁと思った。

DSC01279[1]
まるで置物であるかのように微動だにしない鴨。
本当に全然動かないからオブジェじゃないのか?って思ったけど、微妙にそこから波紋が広がっていたので、
アレはきっと水面下で一生懸命足動かしているんだろうね。

DSC01280[1]
鯉です。
てか、俺はここにこいつらを見に来たんだよね。
子供の時の会津旅行でここに来たことがあって、その時に鯉のエサやりが出来たんだけど
その時のエサを奪い合う鯉の姿が凄かったんですよ。
エサをばら撒いたら、ザァーーーーーーっと集まってきて、鯉の上に鯉が乗りさらにその上に鯉が乗るみたいなのが見られてすっごい記憶に残っていたんですね。

で、まぁ家族の思い出をたどってるわけじゃないですけど、それを見に来たんだけど・・・
全然いないの、てかエサやりすらない。
受付の人に話を聞いてみたんだけど、エサの食い過ぎ等で病気になって数が激減したらしい。
だから今はエサやりはやってないんだって。

あいつら・・・ただの食いしん坊でなくサービス精神旺盛な奴らだったんだな・・・
ちょっとお兄さんちょっと寂しくなっちまったぜ・・・

DSC01281[1]
例によって出たところにある売店で薬草茶の試飲をフルコンプする。

DSC01282[1]
続いて飯盛山へ!
写真スゲータイミング良くて全然人が映っていないけど、上の方に行けば行くほど人が増えてくる。
まぁそれでも午前中なので割となんとかなる量だけどね。

DSC01283[1]
つーか、正確には飯盛山に来たわけでもなく、この栄螺堂を見に来たんですよ。
飯盛山ってか白虎隊に対してはそんなに思い入れないんだよね・・・まぁそのあたりは後でちょっと書くけど。

DSC01284[1]
白虎隊の人たちが隠れていたらしいよこの水道に。
結構な深さと流れなんだけど・・・マジかよ?

DSC01286[1]
さっきの写真にあったけど、階段もないし同じ所を通らないっていう不思議な建物。
思わず動画で入口から出口まで撮ってしまったけど、まぁうpめんどいから動画はなしな。
と言う訳で、栄螺堂の写真をお楽しみください。

DSC01287[1]
登りの図

DSC01288[1]
振り返った図

DSC01291[1]
頂上

DSC01294[1]
降りの図

DSC01297[1]
出口

まぁ写真ではなかなか伝わらないかもしれない面白さはあった。
少々拝観料が高いけどね。

DSC01298[1]
横から見るとこんな建物なんですよ。
くどいようだけど若干拝観料はするけどでも面白いよ。

DSC01300[1]
DSC01301[1]
白虎隊の墓の近くにあったモニュメント。
ポンペイの石柱で作られているってすげぇな!と思ったのは俺だけのようで、みんな白虎隊の墓で写真撮ってました。
この石柱の周り誰も人いねーのwww

DSC01302[1]
砕画を削り撤去されたってことは当時はハーケンクロイツだったりしたのだろか?
諸君私はry
例によってこっちにも人はいなかった。

因みに白虎隊の墓の写真とかねーよ?
なんか正直に言って俺が現代人だからだろうけど、白虎隊に共感できないんだよね。
愛する街を守れなかった責任を取って自刃するとか、なんかこう、違う。
生き汚いと罵られようと俺はそれで死ぬのはなんか違うと思ってしまって。
今とは全然教育も違うし、彼らを取り巻いていた状況も違うってのは理解できるんだけどね。

全然違うのは理解できるんだけど、なんかブラックな感じに似たものを感じてしまってなー。
いや全然違うのはわかるんだけど・・・

DSC01303[1]
そんな白虎隊の皆さんが自刃した場所だそうで、
うーんまぁこれも現代人的な考え方だけど、もっと自由に生きてよかったんだよ。
若いんだから死ぬ必要なんてないんだよ。

一人だけ生き残ってしまった人はどんな気持ちだったのだろうね?

DSC01304[1]
ぶっちゃけ鶴ヶ城たいして良く見えないじゃん。
これで自刃しちゃうのは早計だろ?

散々に言っているけど、人の考え方はそれぞれって事で許してね?

DSC01305[1]
飯盛山へ登るエスカレーター(有料)。
江の島のエスカー並にえげつない商売だな・・・

ちなみにこの辺りのお土産屋さん付近に、砲撃をくらった再建前の鶴ヶ城の写真が見られる場所があります。
個人的には再建された鶴ヶ城よりも、あのボロボロの姿の方が美しいと思ったけど・・・まぁ安全上アレで残すのは無理だよなぁ・・・

DSC01307[1]
と言う訳で、会津とお別れします。
武家屋敷とか高いし、これ以上白虎隊の悲劇を見せられても「なんだなー」って感じだったので、
出発します。
会津はなかなか観光もしやすいし面白い場所であった。
難点を挙げるとするのならば、行きも帰りも坂が辛い事だな・・・

DSC01310[1]
磐梯山は今日も美しい。
スキー場がなければもっと美しいのに・・・

DSC01312[1]
道沿いにあって前日気になっていた蕎麦屋へ入ったが・・・
高かった・・・ざるそばでも高かったからもう割り切って食べたいと思った天ぷらそばを食ったよ・・・高かった。
まぁ味は良かったけどな・・・でも高かった。

DSC01315[1]
まぁこの日も猪苗代までたどり着ければあとはヌルゲーです。
これは猪苗代後にヒャッホーする直前位の写真。

DSC01317[1]
前日との温度差が激しすぎるんだよ・・・
本当に冗談じゃなく体調不良になるわ。

DSC01318[1]
と、言う訳でこの日の野宿地・・・いや正確には野宿ではないが、道の駅安達に到着。
ここ登りと降りにそれぞれ施設があって、自分が利用した下り側は最近できた施設みたいで綺麗でした。
最初「道の駅 安達 野宿」とかで検索掛けると野宿禁止みたいな情報が出てきてたので、
手前にある公園とかで野宿しようと思ってたんですけど、
これがことごとく確実に通報される系の公園だったのでダメ元で行ったら大当たりでした。

おそらくあの震災でボランティアの人とかが利用するから、そういうことを言ってられない状況になったのではないかと勘繰り。

DSC01319[1]
エチゴビールとかあったので買ってしまった。
新潟で飲めばご当地カウントされたんだろうけど・・・それとも福島も越後なの?

DSC01320[1]
つーか本当に北の方に来ると山ばっかりだよな!でも綺麗だから許す。
てか本当に景色はどこに行っても綺麗だよね。

DSC01321[1]
夕飯。
矢板でもらった煮込みラーメンの残りをいただく。
煮込みラーメンってよく考えると野菜をちゃんと入れれば健康面考えても結構強い食い物なんじゃ・・・?

DSC01322[1]
白河で買ったワンカップの地酒を開ける。
でもこの時は一人で飲んだんじゃないんだぜ?

DSC01323[1]
沖縄からカブで日本百名山を回っている人と一緒に飲みましたw
彼からカセットガスとカップ麺を1個いただいてしまったのでそのお礼みたいな形だったのに、
その後彼から発泡酒をカップ一杯分けてもらったり、こんな風に旅人と酒を飲むの初めてなので面白かった。
彼も北上するって事だったのでまたどこかであえるといいな。
てか他にも誰かあってる人いそうだよね?

あ、写真許可とってないけど・・・まぁきっと大丈夫だろう・・・

出費
御薬園 310円
さざえ堂 400円
天ぷらそば 1200円
野菜ジュース 108円
三ツ矢サイダー 147円
酒 298円

合計 2463円
そばのせいでアレなだけなんです!本当です信じてください!!

本日の走行距離 86.18km
合計の走行距離 1607.49㎞

より大きな地図で 22 なう(2013/06/03 18:33:42) を表示

ブログ二つ更新で午前中終わりですよw
まぁもともと今日はひきこもる予定だったからいいやwww

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【21日・2013/06/02】福島 蛸、地ビールを我慢する編  

どうもお久しぶりです、蛸です。
辛うじて生存しております。
現在は岩手の北上のビジホを取って膝と腰の療養中で、朝からコーラとウィスキーで一杯やってます。
うん、今7時42分www
まぁとりあえず書いていきます、福島編第2章。

DSC01212[1]
やばい、もう何日前の画像だろう・・・どうしよう?

DSC01214[1]
なんか朝から生憎の空模様で、雨が降っていないことだけが救いな状態。

DSC01216[1]
しかも寒い。
これから出発する人。東北は寒い日あるよ。
最低限3レイヤー確保することを個人的にはおススメするよ。

DSC01217[1]
まぁでも、こんな風にトンネルを抜けたら超晴れてる!!なんてこともある。
まぁそんなだから、簡単に脱いだり着たりできるような構成が大切だと思うのですよ。
で、俺がどこに向かって進んでいるかというと・・・

DSC01223[1]
湖じゃない・・・海だ
湖です。

DSC01224[1]
DSC01225[1]
DSC01229[1]
猪苗代湖・・・そう、結局俺は会津を目指すことにしたのでした。
だってねぇ?あのまま北上したら即福島終了ですよ?

「流石に福島まで来て、会津も見ないでどこ観光するんだよwww」
という意見が勝ちました。

でもこの会津に続く国道49号が猪苗代につくまでずーっとダラダラとした登りだから結構しんどかった。
しかし、猪苗代湖周りはずっと平地だし、なにより景色が最高!!

DSC01230[1]
磐梯山が見えた時は軽く感動したわw
これから福島を訪れる予定のひとはR49使って会津入りするのを考えてみてもいいかもよ?
猪苗代湖と磐梯山キレイだから本当におススメ。

まぁこの写真雲がかかってて微妙だけど、やっぱり自分の眼で見ると違うんすよw

DSC01231[1]
ただよそ見のし過ぎは危ないので景色が良すぎるのも考え物よね。

DSC01232[1]
そしてお昼は野口英世記念館周辺のお土産屋で喜多方ラーメンを食す。
ぶっちゃけ前の日に食った白河ラーメンのが旨かった。
まぁこういうスタンダードなラーメンには好感が持てるのだが、ぶっちゃけ日高屋で十分

DSC01233[1]
で、こいつが出てくるんですよね・・・お土産屋の向かいにあるヤツ。
もうマジでやめて、俺まだここから会津に行かなきゃいけないの、
ここで1・2時間も足止め食う訳にはいかないのよ!!!

でも内部では地ビールよりも地酒(日本酒)のプッシュが凄いw
おばちゃんに猛烈に地酒アピールくらってちょっと買いそうになるもなんとか耐える。

ここで
「会津でビジホでも探してビールは持ち込んで冷蔵庫で冷やせば行けるんじゃないか!!」
みたいな考えも浮かぶも予算に見合う場所がなく断念。
その結果。

DSC01234[1]
地ビールソフトクリームで妥協。
これだったら即運転OKだしね。
うんなんか仄かに苦みというかビールテイストな感じだな。
でもこれは割と旨かった。

DSC01235[1]
と言う訳で、猪苗代にお別れをして会津に向かいます。
野口英世記念館は子供の時に親に連れられて行ったから行かんかった。
というか、子供の時会津旅行するのに野口英世の伝記を読み終わらないと連れて行かないとか言われて、夏休みの貴重な時間を費やした苦い思い出があるのであまり近寄りたくないでござる。

DSC01236[1]
と言う訳で、会津です。
なにこれ?ザク?鉄人?なんか突っ込みどころ満載だなw
てか会津に入るの速攻ですが、猪苗代抜けると少しだけ坂を登った後にみんな大好きダウンヒルが始まるので写真とかとる暇がないw
50の世界が垣間見える下りでわざわざチャリとめて写真撮らないですwww

DSC01239[1]
鶴ヶ城きたよー。
本当は翌日にいろいろ回る予定だったんだけど、思いのほか早く着いたので予定前倒しだい!!

DSC01242[1]
俺この手のお城に入るの多分初めてなんだよね・・・

DSC01243[1]
正直この微妙に見えるコンクリート柱に、何とも言えない気持ちになる。
少しだけな。

DSC01245[1]
中では会津の歴史(主に白虎隊とか大河ドラマのアレとか)関係の展示があって、
この火縄銃は持てるんだよね。
持った感想?

「超持ちづらいwww」

照星とかないしどうやって狙いつけるねんw

DSC01246[1]
となりには日本刀も、こちらも持てますが・・・
鞘から抜けない・・・

わかる!わかるよ!!
俺がこのコーナーでキャッキャする直前にも小さい子供が触っていたし、
いくらレプリカとはいえ剣先は危ないもんね!!!

・・・ちきしょう。

DSC01247[1]
途中の階層より臨んだ景色。
まぁ結構栄えているよね。街として。
勝手なイメージだけど、もっと田舎な感じだと思っていたのよ。
小学生のころに来たことあったけど、それ以降は冬にライブカメラで駅のホーム眺める位だったしね。

DSC01248[1]
DSC01249[1]
DSC01250[1]
DSC01252[1]
頂上部からの写真。
西・南・東・北の順です。
いやー絶望しましたぁ・・・だって全方向山に囲まれているんですものwww
それ以外の感想?特になしだな、だって割と普通なんだもの。

DSC01253[1]
で、出口のところに絶対に通らなければいけないようにお土産屋をおくんだなーえげつないよねー。
まぁ買っちゃう俺も俺だけど。

節約なんてくそくらえだ!!!

嘘です。ごめんなさい。

DSC01254[1]
出た時にはその日の入館時間がもう終わってた。
若干遅く来たってのもあるけど、それでも結構長く展示を見てたんだな。
まぁ結構楽しめましたよここは。

DSC01259[1]
寝床を求めてさまよう。
途中よさげな公園に目を付けて行ったら、暴力事件があった直後だったらしくお回りさんがいたのでとりあえずそんな公園だけはこっちから願い下げということで退散。
ダメもとでお巡りさんに聞いてみるも

「警察としては野宿はしてほしくない」

ですよねー。
でも、会津観光するためにチャリで来たんだよ!!って伝えると割と親身になって考えてくれた。
まぁ結果は伴わなかったんだけどな!!!

で、まぁ野宿を諦めてネカフェに向かっている途中でスーパーにより酒を仕入れて深夜タイム始まるまでまったりしようとすると・・・
スーパーの裏に使えそうな公園あるじゃん!!!
と言う訳でスーパーの裏の物流第一公園だか第一物流公園だかにテントを張る。
ただこの公園トイレがなかったのよね・・・水場はあったけど。

DSC01260[1]
少しずつ夕飯で手抜きをするようになってきている蛸です。
狼としては40%で手を出すのはご法度だけど、多分50%になる前に取られると思ったので買いました。
現実はラノベのようにはいかないのだよ!!!

出費
スティックチキン 158円
喜多方ラーメン 600円
地ビールソフトクリーム 300円
鶴ヶ城天守閣入場料 400円
お土産的お菓子 734円 ←うまいけど高い・・・
酒 108円
トマト 98円
ベーコン 178円
弁当 298円
お握り 49円
卵10個 178円
食パン 88円

合計 3189円
蛸、節約やめるってよ。
いや、やめるわけじゃないけど最近全然節約できていない気がする。

本日の走行距離 81.01km
合計の走行距離 1521.31㎞

より大きな地図で 21 なう(2013/06/02 21:04:54) を表示

あーそうそう
会津で野宿を考えている人は俺が使った公園も近くにスーパー、ブックオフがあるっていう好立地だけど、
背あぶり山って場所に無料のキャンプ場があるらしいので、そっちを使うのもいいかもよ?
ただし受付時間が16時くらいまでだったから早めに行動しようね。
俺みたいに気が付いたら受付時間が終わっていたなんてなるとせつないぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【20日・2013/06/01】福島 眠くて死にそう編   

もうこんな昔のことなんてたいしておぼえてないよー。
どうも今宮城中盤戦に入りました、蛸です。
サブタイは書いている今の話な。

DSC01188[1]
果たしてこの数字はどこまで伸びるのかねー。

土曜ということもあり、体育館になんか朝からスゲー人が大勢来るので、
さっさと撤収したら、その10分後位にその場所を地元の高校生が大勢で走り始めるという危機一髪。
まぁ土曜だからなんかあるだろうなってのは読めてたから、早めに行動下のが吉と出ましたな。
ちなみにバドミントンの県大会があるってことでした。
競技場側は競技場側でなんか人いっぱいいたけど、まぁそういう場所だってことだな。

DSC01190[1]
DSC01189[1]
傷跡って言ったら大げさかもしれないけど、実際問題こういうものがあるわけですよ。
特にこの二つは小さな子供向けの砂場の近くにあって、なんとも表現しようのない気持ちが湧き上がってきたね。
まぁこの数値自体は全然問題ない数字なんでしょうがね。

DSC01191[1]
と言う訳で、公園を後にして白河関を見に行きます。
うーんスパッツの女子高生と白河関で改めて天秤にかけなおすと・・・いやなんでもない。

DSC01192[1]
アップダウンのある道。まぁそれでも帰りの方が若干楽でした。
要するに行の方が辛い。

DSC01194[1]
なんかの石碑。土着の信仰かなにかか?

DSC01195[1]
白河関跡到着。
つーかこういう神社的なものだったのね!対して調べないで行ったから知らなかった。
なんかこう関所って木の門と柵がここにあったんだよーっていう土の跡と、
首切り場とかそういうのがあるものだとばかり思っていたわ。
箱根のお玉が池みたいなのとかね。

俺の中の日本の関所のイメージって、手形なしで通ろうとした奴の首を片っ端から刎ねる場所ってイメージね。

DSC01196[1]
昔の人がここに白河の関があったと断定したとして、作られた石碑だそうだ。

DSC01197[1]
この苔むした階段の感じがたまらない。そう思うだろ?あんたも。(誰)
ちなみにこの階段を上った先に神社がありましたが、そちらは左程そそられなかったので特に写真はなし。

DSC01202[1]
この木スギらしいけど凄いでかくて、この白河関内で一番印象的。
この杉を見られて「嗚呼ここまで来て良かったわー」と思った。
なんつーかマナの木みたいだよね。

どーでもいいけど、すっげーねむい。
これ書いてるの6月6日の日中のマック内なんだけどね・・・
昨晩全然眠れてないから・・・

DSC01205[1]
DSC01204[1]
お昼は白河のご当地ラーメン白河ラーメンです。
味自体はスタンダードな醤油なんだけど、今スタンダードな醤油ラーメンって全然ないじゃないですか。
俺はやっぱりギトギトした醤油よりもこういう醤油の方が好きだね。

眠気がヤバいテーブルから落ちる。2回。
今日は近場の道の駅でもう終わりにしようかな・・・
駄目だ、眠すぎる。体を動かさないと寝落ちする。
いや、せめてこれだけは書ききりたい。

DSC01207[1]
でかいだるま。
これは白河から郡山を目指している最中ですね。
なんだかもうえらい昔のことのようだよ。

DSC01208[1]
ここにきてなんだか急に視界が開けたイメージ。
ここに来るまでずっと山に囲まれる毎日だったからちょっと気楽になった覚えがある。
まぁそんな時間は長く続かないけどな!!!

DSC01210[1]
いきなり時間が飛びましたが、郡山温泉で数日ぶりに風呂。
ここの露天風呂で元神奈川県民の親子に遭遇し、珍しく俺から話しかけるアクティブさ。
俺どれだけ寂しかったんだろう?w
中二の息子さんからは無駄に自転車の旅かっけーされました。
もしかしたらこれで一人の少年の未来が変わったかもねw
別れ際に頑張ってとアクエリアスのペットを頂けました。今色々あってメインボトルになってます。

ちなみにこんなに時間が飛んだ理由は郡山のマックでブログの更新してたから。
あと翌日以降の進路ですっごい悩んでた。

このまま北上して一気に福島終わらせるか、会津の方に回るべきか。

俺A「出来れば6月中に北海道入り果たしたいっしょ?それに膝も結構つらいよね?北上するべきでは?」

俺B「会津を見ないで何が福島観光か!!!磐梯の山を臨んでこその福島だろうが!!」

まぁ結果は次回の更新で。

DSC01211[1]
この日の寝場所で作ったパスタ。
この日以来パスタは食っていない。てかもうしばらく食いたくない。

んでこの日は概ね終わりなんですけど、
この日の夜(2230位)に公園の管理の人に「ここキャンプ禁止なんでどっか他所行ってもらえないか?」
と言われる事件がありまして、因みに目的の公園についたのが20時過ぎでまっくらだったからその手の掲示が見えなかったんですがね。
てか翌朝見た時にもそういった掲示はなかったけど。
で、まぁ流石に完全に寝入ろうとしていたタイミングで移動するのもかなりつらいので、
なんとかお願いしてその晩だけキャンプさせてもらいました。
なんでまぁキャンプ地は秘密だよ。ログみりゃバレバレだけどな!!!

出費
だんご 105円
ガリガリ君 62円
チョコモナカジャンボ 99円
酒 125円
マック 200円
温泉 350円

合計 941円

いいかい皆、チョコモナカジャンボが食いたいのに我慢してガリガリ君でごまかしちゃだめだ。
結局チョコモナカジャンボは必要になるからね!!!

本日の走行距離 76.87km
合計の走行距離 1440.3㎞

より大きな地図で 20 なう(2013/06/01 20:10:08) を表示

書けていない分入れたらどれくらい行くんだろう?
流石にまだ2000は行ってないと思うけど。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【19日・2013/05/31】栃木 秘湯混浴刑事エバラ編  

どうもこんにちは。
秘湯混浴刑事エバラです。嘘です。蛸です。
19日目は道の駅 湯の香しおばらからスタートします。
・・・タイトル後で少し関係あるから!本当に少しだけど関係あるから!!

DSC01101[1]
朝起きたら雨は止んでるし、そのあたりは乾いているし、昨日もらったもので朝食が無駄に豪華だし。
スタートっからかなり気分が良い。
因みにアルミマグにipod入れてスピーカー出力で音楽流すと、
反響して普通にスピーカーで聞くより少ない音量で若干大きめに聞けるのだよ。
ぇ?知ってる?

DSC01103[1]
と言う訳で塩原温泉に来たぜ!!例によってアップダウンだけどまぁ朝で体力ゲージ余裕あるからちょろいね。
ただこの先のトンネルは結構長くて怖かったので、行く人はご注意を。
まぁちゃんと2車線あるし、リフレクター付けとけば問題ないレベルだけどね。

DSC01105[1]
一方通行だからとりあえず写真を撮った。特に意味はない。
でも俺ネタ振られてもアレ見てないからわかんねーんだよな。
で、ここに何しに来たかというと、露天温泉があるんだよ!当然混浴だぜ!!

い く し か な い ! !

まぁ実際問題こんなところに、朝早く(9時くらい)若い女性なんているわけねーし。
逆にいたら俺はてんぱって帰ると思う。

DSC01106[1]
自転車を置いて、こんな川を流し見ながら目的の温泉に進む。
なんかやたらとルアーフィッシングをプッシュする幟があったな。

DSC01116[1]
この橋を渡った先に目的の温泉があるのさ♪

DSC01109[1]
あるあ・・・ねーよ。
つーか川沿い歩いてる時に入ってるおっさんいたぞ!!全裸で岩の上に座ってたわ!!
そんな切ないもの見せた挙句にこのざまかよ!!!
だが、焦る俺ではない・・・まだ俺には不動の湯があるのだ!!
と言う訳で、うろ覚えの地図にしたがって道を進む。
(岩の湯と不動の湯ってのがあって割と近い。もう少し塩原の奥まで行くと他にもあるって。)

DSC01110[1]
あれー。このパターン知ってるー。榛名神社行くときに似たようなパターンみたなー。
ちょっと本気でこの時引き返そうか焦りだすが、ぶっちゃけ距離自体は前みたいな感じではないのでも少し進む。

DSC01113[1]
ついたよー。
途中マジで戻ろうか悩んだけど進んでよかった。
写真は先に入っていた旅の方に撮っていただきました。
震災のボランティアを1年半やって今休暇の旅で各地の温泉を巡っている途中だそうです。
美女?そんなものはおらん。

ちなみに入った感想ですが、虫とか当然ぶんぶんしてるし、湯船には木の葉のくずみたいなのはあるし、
人から隠れて服を着替えられるような場所もないから女性は絶対無理だろwww
って感じだった。
むしろそんなの全然気にしないねっていう若い女性の方がいたら求婚したい。
温泉自体はそんなに熱くないんだけど、成分のせいか結構汗をかける感じでした。
入っている間先にいた人の話とか聞けたしなかなか楽しい体験できたね。
と言う訳で秘湯混浴刑事エバラ編終了

DSC01120[1]
んで帰り道。
ドラゴラムの滝ですよ!ドラゴラムの滝!!
行くしかねぇ!!

DSC01119[1]
・・・あるある。
てか道の駅のガイドパンフとかですげぇプッシュしてるのに、行けないってどういうことですか?

DSC01123[1]
代わりに美しい緑をご堪能ください。

DSC01124[1]
流石にこのままじゃ帰れんってことで別の滝をチョイス。
しかし、回顧の滝だなんて昔の思い出がよみがえる不思議な滝だったら凄いのにね・・・
現実ってファンタジーにはなれないわ・・・

DSC01125[1]
折角だから俺はこの急坂コースを選ぶぜ!!!

DSC01127[1]
DSC01128[1]
結構あっさりついた。
てか坂っていうから登りかと思ったら下りなんですもの。ちょっと拍子抜けだわ。
まぁ帰りは登らなきゃいけないんだけどね。
てかこの吊り橋凄いよね、レイバーが暴走するレベルの風が吹いても平気だってことでしょ。
まぁ吊り橋は無事でも、そのタイミングで人がいたらひとたまりもないだろうが。

DSC01129[1]
と言う訳でこれが解雇の回顧の滝。
何というか、自分で言うのもなんだけど、俺がている滝は全体的に可憐というか清楚な感じだね。
静かな美しさがあるね。
ただちょっと豪快さも欲しくなってきた今日この頃。

DSC01131[1]
遠景でもう一枚。
純粋に綺麗だよね。

DSC01133[1]
森を流れる小川も、その音も心癒される。

DSC01134[1]
結構長居したので、那須湯本へ向かう。
昨夜お世話になった道の駅の前を颯爽と駆け抜ける。

DSC01136[1]
塩原→湯本間は牧場が多いです。
他にも多くの牧場がありました。

DSC01139[1]
道の駅 那須高原 友愛の森に到着。
いやー友愛されるー。
さくっとやってるけど結構距離あるからな。

DSC01138[1]
まぁここに来るまでにさんざん牧場見てるし、この結果は仕方がないといえよう。
ここで朝の残りを昼飯として食いました。結構広くて綺麗な道の駅です。
さぁここから那須湯本まで一直線だから気合を入れて登るぞ!!

DSC01141[1]
絶望的なまでに道が悪い。
そして結構坂がきつくて膝と腰が痛いから、結構押して歩いてました。
てか客呼び込んで何ぼの場所なんだから道路整備しようよ!!!
まぁ予算ないんだろうな・・・

DSC01142[1]
とりあえず湯本に到着。
結構長い道押してきて、この遠くに見える地ビールの文字が見えた時に俺の心が折れた。

DSC01143[1]
こんなん飲まなきゃやってらんないっすよ!地ビール大好きだしね!!
店主の人に自転車おきっぱで行ってもいいと許可をもらって、ここからは自転車なしで殺生石を目指す。
いやービールうめービールうめー。
因みに殺生石まで20分くらいかな?

DSC01146[1]
DSC01151[1]
まぁちょっと?結構?寂れた温泉街ですわな。
そして首輪もなしに颯爽と俺のわきを通り過ぎていくワンコ。

DSC01152[1]
かつては栄えていたのだろうか?内装は割とまだ使えそうだったが・・・

DSC01153[1]
そして温泉神社に到着!

DSC01156[1]
この灯篭と階段の雰囲気が溜まりませんな。

DSC01157[1]
まぁ本殿は割と普通よ。

DSC01158[1]
DSC01159[1]
DSC01160[1]
そしてその脇にある九尾稲荷神社。
実は温泉神社には賽銭入れなかったけど、こっちには入れたんだぜw
これで俺も金髪で絶世の美女とキャッキャできる夢が見られるってことですね!!

DSC01161[1]
DSC01162[1]
これを見に来たんだよー。
ここ昔家族で来たことあるんすよね。
なんか自分の中のうろ覚えのイメージではもっと岩がゴロゴロしてるような場所だと思ってたんですけど、
どっちかというと緑成分多いですね。

DSC01163[1]
硫化水素ガスが発生するから立ち入り禁止!
ってなってましたけど、別段それほど硫黄のにおいが立ち込めるとかなかったです。
わりと匂いは大人いしい感じでしたかね?煙とかもなかったし。


DSC01164[1]
なんか周りに積まれている石が多くあったので、ちょっと作ってみた。

DSC01167[1]
DSC01168[1]
このお地蔵様達は何故こんなにも高い位置で手を合わせているんだろうね?
正直これだけ並べられると神々しさよりも、邪な感じがしないでもない。

DSC01169[1]
蛇の首に見えるという岩だが・・・わからん・・・

DSC01171[1]
折角那須湯本まで来てるんだからはいらなきゃ損でしょ!!!
と言う訳で鹿の湯へ。ここは400円の共同浴場ってやつです。
因みにここの温泉41、42、43、44、46,48度の段階で風呂の熱さが違う。
自分は41→43→46→43→44の順番で体験。

41度
ぁー家の風呂もだいたいこれくらいだよなー
気持ちいいなー
周りの人もこの辺には多いなー

43度
ぁーそれなりに熱いなー
まぁでも気持ち良く入れるなー
なんだかんだ言って一番入りやすいかもなー
でも家だと43度とか熱すぎて無理なんだよなーなんでだろうなー

46度
なんだこれは・・・動くことが出来ない・・・
動くと熱のせいで肌が焼けるようだ・・・
しかしこのままだと冗談でなく茹蛸になってしまう・・・
ゆっくりでいいから湯船から出るんだ・・・
⇒湯船から出たあと肌が痛いとかいうよくわからない状態になるwww
なんで痛いんだよ!!わけわかんねぇよ!!!
因みにこの辺りにはあまり人はいない
でも何だかんだ2~3分は浸かっていたいたかな、まぁ動けなかったともいう
完全に我慢大会

48度
指先を10秒だけ突っ込んでみると・・・
6秒目位から抜きたくなる
8秒目でヤバく感じてくるも我慢する
10秒目で急いで抜く

だいたいこんな感じだった。
これから那須湯本に行かれる方は是非48度を体験してきてください。感想待ってます。

嗚呼そうそう、今日紹介した風呂は石鹸で体をガシガシ洗うような場所はないから行く人は注意で。

DSC01174[1]
自転車を止めさせてもらっていた店に戻ってノンアルコールを飲む!!
いやだって、さっきはしばらく運転無いから飲んだけど、今回はまだここから白河目指すし。
ゆずサイダーは普通に旨かった。

DSC01175[1]
さぁ白河目指すぞ!!
うひょひょーダウンヒルー!!!
まぁダウンヒルとかすぐ終わるし、まただらだらと登ったり下りたりがあるんだけどね。

DSC01177[1]
なんだか目が合ったので、こいつもいつか黒毛和牛とラベルを張られてしまう日が来るんだろうな・・・
よし次牛丼を食う時はもっと味わって食おう!!!

DSC01178[1]
とか言ってたら福島に入る。
てかお恥ずかしい話ではありますが、すっげー適当に地図とか見てたから白河ってまだ栃木だと思ってたわ。
だからこの時はちょっと焦ったのよ。

DSC01179[1]
さよなら栃木の風景よ・・・
って言っても結局似たような景色が続くわけだが・・・

DSC01180[1]
つーわけで程なくして白河に到着する。
よし、寝場所を探しに行くモードにならねば。

DSC01185[1]
めっけたよー白河市総合運動公園。
てかここに入る前にいわゆる仮設住宅地に迷い込んで、そこの高校生っぽい男女に寝床情報聞いたりしてしまったので、
暫く自己嫌悪してました。
因みにこの場所は体育館の脇の目立たないスペース。
とりあえずテント・キャンプ禁止の文字は見えなかったけど、体育館が21時までだったのでテントの設営はそれまで我慢する。

DSC01181[1]
まこ亭さんがジョッキの画像なんて載せるのが悪い。俺は悪くない。500缶にしなかったのは良心だと思ってくれ。

DSC01186[1]
パスタに飽きた俺は砂肝を焼き始めた。だってスーパーで160円だったんですもの。
うーん持ってきてよかったよこの金属串。
ちょっと加熱に時間かかるからガス使っちゃうのが難点だけどな。

DSC01187[1]
完全に酒のつまみですな。
味付けは塩・胡椒・レモンだけどす。
美味しくいただきました。

出費
ブラックサンダー 32円
温泉 200+400円
ソフトクリーム 250円
ビール 525円
サイダー 210円
からあげ棒 105円
砂肝 160円
ベーコン 75円
酒 296円
惣菜 99円
食パン 77円
牛乳 80円

合計 2509円
ちょっとつかっちったわねー。まぁ楽しんだから良い。

本日の走行距離 66.57km
合計の走行距離 1363.43㎞

より大きな地図で なう(2013/05/31 18:20:05) を表示
例によって序盤を取り忘れる。
まぁ俺歩いてる時もログとりっぱだからプラマイ0で丁度いいか。
と言う訳で、今回は差分チェックなし。
じゃあの!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 6

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。