(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【96日目・2013/9/29】新潟 イタリアン食った編  

こんばんにちは、蛸です。
もうすぐ10月!オクトーバーですよ!?オクトーバー!!
まぁ例によって横浜辺りではオクトーバーフェストとかでビール天国が開かれているんでしょうね・・・羨ましい。
アルコール成分はここの所ずっと、芋焼酎のお湯割だけだからな!いい酒飲みたい!!

DSC03919[1]
この日は8時杉位に、ネカフェを出て隣にあった道の駅で残っていたカロリーメイトとりんごをかじって出発。
いやー、予告犯とちはやふるの最新刊読めたのは良かったわー。今度クロマティ読もう。

R8をひたすら長岡方面へ進む、所々栄えていたり、畑だけだったりしたが・・・
景色が詰まらん!超つまらん!!
風向きも向かいか横だから、走るのもそんなおもんないし・・・最近右足の小指が靴に擦れて痛いからってのもある。
あと、右手の手首も走っているうちに居たくなって結構つらい。

DSC03920[1]
すげぇ・・・コメリはとうとう本にまで手を出したのか!!?
コメリのガソリンスタンドみたいなのもあったし・・・なんか新潟のコメリおかしくないか?
他の県のコメリって農具だけだよね???

まぁこの日も例によって移動ばっかりだら写真は少なめなのだが、
三条を抜けて、さぁあと少しで長岡だ!!って辺りで事件が発生・・・
なんか、タイヤから草を挟んでいるような音が聞こえたので、自転車止めて確認。
すると俺はあることに気が付いた・・・自転車が止まっているのに音が止んでいない!!!?

DSC03922[1]
パンクしとるがなw
いやーパンクとか超久しぶり、前に北上入りしようとしたときに前後やってそれ以来か・・・
今回は後ろだけだったから、まぁ前回よりはましだったけど、正直どうせならフロントが良かった。
だってフロントだったら楽じゃん。
リアですよ?リア。俺リアのホイール外すの自信ないんだよねー。

と言う訳で、買ったきり使っていなかった自転車整備マニュアル的な本をみながら、リアタイヤの取り外し作業開始!
アレ?手順見ながらやったら結構簡単に行けたよ??

DSC03923[1]
前回パンク修理した時って、センタースタンドがまだあった時期だったから、
センタースタンド立てて適当な感じで外したりしたけど、今回はちゃんとひっくり返したし、手順書見たし、
もうリアタイヤ外すくらいどうってことないって自信が付きました!!

そんでまぁチューブを取り出して、穴の確認をしてみたら・・・あるわー。
なんか一か所だけ物凄い勢いで空気が抜けていく穴があるわーとなったのでパンク修理パッチを当てて対応完了。
修理パッチも今回の旅で初めてっつうか、シールタイプの奴は生まれて初めて使ってみたりw
因みにタイヤ内をチェックしてみたけど、特に穴が開きそうな異物はなかった。
まぁリアタイヤがそろそろ本気で限界なんだろうな、これも長野某所でなんとかしよう。

しかし、この時は暑かった・・・水分補給用に確保していたペットボトルの水はお湯になっていた・・・
作業が終わるころにはボトルも、ペットボトルもどっちも空になってしまった。

DSC03924[1]
試しに空気を入れて見るも、特に空気抜け等も発生しなく、だいたい1時間位で作業完了。
なんだか凄い達成感があったのを覚えている。
もっと慣れてくれば30分かけないで作業終われそうなんだけどな・・・

とりあえず、荷物をすべて積み込みいい加減腹が減って死にそうなので、
本日の目的地目指してチャリを進める。

DSC03925[1]
長岡のソウルフードである「イタリアン」を食いに、フレンドなるお店へ。
俺が行ったところは、スーパーのフードコートみたいなところに入ってた。
そう今日の第一目標はこれ!ここに至るまでにいくらでも吉牛もすき家もあったけど全スルーしてやってきたぜ!

イタリアンとかいう名前だけど、ものとしては・・・まぁ画像でわかると思うけど。

「あんかけやきそば」

だよ。
うん、そのまんまだね。でもイタリアンなんだからしかたないね。ちょっとトマト風味かな?
因みにこのドリンクセットで420円と、牛丼と比べると割といい値段がするけど、まぁ毎日牛丼なんかよりはよっぽどいいわな。
味についてだけど、不味くはないけど、家でまねしようと思うほどではないってのが本音かな。
でもまぁ、久々のご当地B級グルメだったので概ね満足しました。

DSC03926[1]
そして、第2目標。
日本三大銘菓の一つ「越之雪」を買いに、長岡駅の向こう側にある大和屋本店へ。
・・・察しが良い人はこういう店にありそうな何かがないことにこの写真で気づくだろう。
この写真だと少し気づきづらいかもしれないけど、現地で見た俺はすぐに気付いたよ。

暖簾がかかってない・・・

DSC03927[1]
旅人あるある過ぎる・・・
やったね蛸ちゃん!節約できるよ!!
長岡駅の駅ビルまで行けば購入することはできたみたいだけど、この時点でもう15時前とかだったんで、また駅ビルに入るために自転車停められる場所探すのもだるいと思い先へ進みました。
これ結構期待していたんですけどね。

DSC03928[1]
この日の最終目的地てか現在地「道の駅 クロス10十日町」へ向かっている最中。
この直前に「道の駅 おぢや」で休憩してスプライトとか買って20分くらいだらだらしました。
正直その時は先に進むべきかスッゴイ悩んだんだけど、もうアレね?勢い?YOUいっちゃいなYO!みたいな。
今日苦労すれば明日が少し楽になる、明日苦労すれば、明後日が少し楽になる・・・うんこのままだと楽できん。
いや、長野某所で楽するためにやってるからいいのだ。

DSC03930[1]
またGoogleMapに騙されそうになるが、そう何回も騙されてやるほど俺はお人よしではないので、
おとなしく来た道を引き返して、大きい道を使って十日町市へ向かう。

DSC03932[1]
暗くなると―なぜかー速度があがる!!!
いや、マジで。
なんかそういう事ってないですか?この十日町へ向かう道なんてずっと上がったり下がったりなのに結構飛ばせてたね。
BGMにSagaシリーズの戦闘BGMとか流していたのが良いのかもしれない。
四魔貴族戦の曲とか超かっこいいよね。

DSC03933[1]
それでも到着時刻は18時過ぎ位。
遅くてもこれくらいの時間には常に終わりたいもんだね。
あと、この夕食でパスタがようやく終わったので、次回は多分インスタントラーメンですね。
楽なのが最高。

勢い的には、明日には長野県には入れそうだね、長野に着くのは明後日とかだろうけど。
まぁあと200㎞とかだからなんとかなるかな?
北海道と違ってかなり登りがあるのが怖い・・・

出費
ネカフェナイトパック12H 1800
イタリアンセット 420
スプライト 120

合計 2340

本日の走行距離  101.78km
合計の走行距離 5881.09㎞

より大きな地図で 96 なう(2013/09/29 18:32:19) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 4

【95日目・2013/9/28】山形⇒新潟 駄目な日編   

こんばんは。蛸でございます。
いやーネカフェにいるとついつい、夜更かししてしまうね。
夜更かしした分、内容がこければいいんだけど・・・今回はだめだねw
まぁさくっと始めようか。

以下本編。

DSC03899[1]
朝はもう速攻で出ようと思っていたけど、結局裏にあった東屋みたいなところでパン焼いた。
チャリから食料出すときに、おっさんと一回だけ顔会ったけど、もうお互いガンスルー。

DSC03897[1]
朝起きたら、夜の内は開いていたはずの畳部屋へのドアが閉められていた。
どうやらおっさんは部屋の支配者になったらしい。
しかし、張り紙見えんのかね?

DSC03898[1]
土曜の朝と言う事もあって、釣り人が結構な人数いた。
なかには、ハーモニカを吹いている人とかもいる。
そんななか日本海を眺めながらパンを焼き、コーヒーをすする俺。

しかし、朝なのに朝日が見えないのは少し落ち着かない気持ちになるね。

DSC03900[1]
5時半とかに起きてかなり時間があったので、溜まっていた洗濯物を片づける。
久々にやる洗濯もなかなか新鮮だ。
ホント下着類だけなら、楽でいいんだけどね・・・ズボンとかシャツとか洗うの大変なうえに乾かないんだもの・・・

しかし、靴下から漂っていたやばい匂いが一回洗っただけで、スッと消えたのは感動したね。

DSC03901[1]
一通り準備を終わらせ、出発したらすぐに新潟入りしてしまった。
まぁ山形海沿いはそんなにないもんなー。
でも羽黒山で観光は十分したと思ってるから、まぁいいだろ。
本当は山寺とかも見てみたいんだけど、それは次の機会だね。

しかし、新潟入りの看板しょぼいな。
今まで県境ってなんか全体的に気合入っていた気がするんだけど?新潟大丈夫?

DSC03902[1]
R7をいったん離れて、R345へ入る。
そりゃ夕方にここを走れればさぞ綺麗なんだろうけど、残念ながら午前中だし、
流石にそれまで待つ気もないからね。

DSC03903[1]
来るのが一日遅かったら、下手すれば通れなかったかもしれないんだぜ・・・

DSC03904[1]
R345沿いは例によって、超漁村って感じです。

DSC03906[1]
しかし、このあたりは海が非常に綺麗だね。
流石に、積丹・知床と比べたらアレだけど、だとしても十分美しいといえるだろう。
見とれて反対車線に飛び出して、元の車線に戻ろうとしたら轢かれそうになった俺が言うんだから大層美しいぞ。

DSC03907[1]
この辺りは笹川流れとかいう名勝地らしいけど、海の水はきれいだし、こういう岩山みたいなのは凄いけど、
そんな名勝地っていうほどか?って感じた。
まぁ海の上から見たら違うのかもしれんな。

DSC03913[1]
正直この日は、向かい風がうざかったうえに、昨日のを引きづってテンション低めだったのかもういまいちーな気持ちで進んでました。
つーか、まぁそれもあって全体的に文面もいまいちかもしれん・・・全体的に印象が薄い。
思考が旅用になってなかった。

昼飯とかは道端にあったラーメン屋で380円のやっすいやつ食ったけど、正直劣化日高屋だったな。
日高屋の方がチャーシュー多いし、出てくるの速いし、美味いし。
まぁ日高屋とか関東圏にしかないよね多分・・・俺は幸楽苑より日高屋派です。

しかし、最近交通事故をよく見るね、昨日も人身事故みたいなのみちゃったし・・・書き忘れていたけど・・・
道の真ん中で心肺蘇生とかやってるの初めて見たよ・・・
今日のは事故の処理しているだけだったけど、昨日のは少し強烈だったなぁ。
てか、新潟の人車の運転荒いよね?今日だけで追い越し禁止無視してる数台見たし。
信号のところで直進しようとしたら巻き込まれそうになったし・・・正直これで新潟はさっさと抜けたくなった。

DSC03914[1]
この時は風呂を求めてひた走っていたんだけど、その前になんか謎の邪神像があったので撮影。
正直立ち姿の像ってなんか微妙だよなー。

DSC03915[1]
秋田の道の駅ぶりだから、3日ぶりくらいか?
350円で入れて、源泉かけ流しだし、なかなかいいお風呂でした。
塩の湯って位なので、しょっぱいです。塩分のせいでちょっと匂いがキツイ面もあるけど、
天塩の温泉に比べれば大したことないね。
あと結構温度が高めだから、暑いの苦手な人はやめたほうがいいかもしらん。
暑いの大好きな俺も1回に3分も入っていなかったと思う。

てか今思えば、ここの休憩所でPCとか充電すりゃよかった気が・・・

DSC03916[1]
ひたすら新潟の中心部を目指して進む。
正直最近は、17時には終わりたい気持ちがあるんですけど、この日はバッテリー回復の為に街の向こうにある自空にいかねばならなかったのだ。
バッテリーの回復だけだったらマックでいいじゃんって話もあるんだけど、マックにいると日中行動時間が減っちゃうのがネックだよね。
ちょっと来週の木曜までに長野の諏訪に行かなきゃいけない用事というか、なんというかがあるのでそれまではちょっと全体的に巻いていく。

DSC03917[1]
正直暗くなるとホント焦るね。
なんなんだろうね?ゆとりなくなるね。

ゆとりなくなりついでに、夕飯はカツやでソースかつ丼食いました。
節約はどうした!!って話はあるが、まぁ今日は道の駅泊じゃないから少し多めに見て欲しい。
つーかかつやって税込標記じゃないんだね!!Fuck!!!!

DSC03918[1]
結局この時間。
このあとネカフェに入って今に至ると・・・ぁー今日の内容つまんねーなーでも書くことないんだよなー。
まぁ今日はちょっとアレだったから、また明日から頑張ります。

出費
アイス 68
ラーメン 380
ピザまん 116
ソースかつ丼 514

合計 1073円

本日の走行距離  110.6km
合計の走行距離 5779.31㎞

より大きな地図で 95 なう(2013/09/28 23:50:37) を表示

より大きな地図で 95 なう(2013/09/28 23:50:37) を表示
お風呂から先ログ再開し忘れたんよ・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 6

【94日目・2013/9/27】山形 日本海に日は沈む編   

どうも、蛸でございます。
毎日更新してましたが、とうとうモバイルバッテリーも切れ、PCの残量も30%・・・
明日辺り、ネカフェかマックに行けなかったら更新停止フラグが漂っております。
まぁ明日は多分移動だけだから、なんとかなるかもしれんけどね。
あと今回の日記は、後半の方にちょっと賛否ある内容があるんで、なんだったら最後の写真見たらブラウザ閉じちゃってもいいっすよ?
正直、自分結構ため込んでイラついている状態で書いているんで、明日になったら多少考え方が変わるかも・・・ねぇな。

まぁそんな感じで、以下本編。

DSC03773[1]
復帰後初となる、日数表示。
この日は、「道の駅 庄内みかわ」よりスタート。

いやーこれやるためにわざわざチューブのピーナッツクリーム買ったもんねー。
切れるまでは継続していくよ?てかこれやらないと俺が何日目か忘れそうになるんだよね。
まぁ目下の問題は、ピーナッツクリームに飽きつつあるという事だ。

DSC03774[1]
この日は羽黒山を観光するべく、羽黒山を目指してダラダラとした登り坂を進む。
本当にささやかな、風が追っていれば気づかないかもしれない登り坂を進んでいく。

DSC03775[1]
この鳥居の向こうから坂がきつくなるが、まぁ俺でもなんとか一回も押さないで登れたくらいなんで、
北海道で会ったような皆様ならきっと余裕で登れるでしょうよ。

DSC03776[1]
宿坊のエリアを抜けて羽黒山の登山口へ到着。
まぁ登山って言ってもせいぜい標高は400ちょいだし、ずっと石段を登って行くだけだからそんなにハードではない。
自転車はだいたいこの写真を撮ったあたりの、ガードレール的なフェンスに立てかけて出発。
今回は大田山の反省を生かして、ちゃんと水を持っていきましたw

で、羽黒山の写真なんですけど、ちょっと枚数が多くなりすぎてヤバいことになってしまったので、
近いうちに羽黒山編として、まとめたやつをうpします。
長野のとある場所に行けばそういう時間が取れると思うので・・・たぶん来週の中以降かな?
今全部あげるのは無理、バッテリーと編集時間的に。

まぁそんな感じでダイジェスト版
DSC03780[1]
こーんな感じの石段を、降りたり登ったりする。
いや、降りるのは最初の所だけで、あとはずっと登りである。
両サイドは常に杉が立ち並び、石段のサイドは苔むしていて凄く雰囲気が良い。

結論から言えば、俺はここ大好きになったね。

DSC03792[1]
杉並木の向こうに立ち並ぶ五重塔(国宝)。

DSC03796[1]
延々と続く階段(2446段)。

DSC03813[1]
マイナスなんちゃらとかそういう感じですかね?
兎に角歩いていて気持ちいい。
まぁちょっと肌寒かったけど、歩いて熱くなるから相殺?いや、それでも汗が冷えて少し寒かったか。

DSC03820[1]
そしてたどり着いた本殿。
ここに参拝するだけで、月山と湯殿山にも参拝したことになるんだって。
お手軽だね!!

まぁダイジェスト版はこんな感じです。
なんか新番組のCMみたいな勢いですが、羽黒山編をお待ちください。
・・・待ってる人いんの?

まぁ10時位に登り始めて、戻ってきたのが13時半位だったから3時間弱位いた計算になるね。
その後兎に角腹が減ったので、参道入り口の目の前にあった蕎麦屋とかの誘惑に抗いつつ街を降りる。
まだだ、まだ俺はこの空腹を我慢できるはずだ!!
あの場所へ行きさえすれば・・・あの場所へ・・・

DSC03869[1]
14時前位にあの場所に着く。

やっぱり牛丼並280円がコスパ最強だね!!!!!
俺はこれでもかって位紅ショウガのせて、さらに七味をかけまくって食うのが好きだ。
ヤンチャなころは深夜に行って肉抜きも頼んだことがあるけど、もうあのノリは無理だな。年齢的に。
つーか何が悲しくて牛丼の牛取らないといけないんだよわけがわからねーよ!!!

DSC03870[1]
R7を本日の最終目的地「道の駅 あつみ」へ向かう。
今日はまた昨日と変わり、風は追ってくれなかったのでちょっとだるかった。
まぁ山登りの後遺症も若干あるだろうけどね。

そしてこのあと想定外の坂で少ししんどくなるけど、まぁ羽黒程もなかったので何とか抜ける。
羽黒行ってなかったら多分余裕のヨっちゃんイカの足である。

DSC03871[1]
由良とかいう辺りにあった島。
良い感じだったので撮影。
しかし、たいした施設は見えないのに、橋はあるんだね?なんかあるんすかね?

DSC03873[1]
温海の手前辺りからR7の工事が多くなり、片側交互通行だらけになったりする。
普段なら特に意識もせずに抜けるところであるが、交通整理のおっちゃんが皆優しいので、
ゆっくりでいいですよーみたいに言ってくれたから、迷惑にならんように全力出して抜けた。

この辺りは、THE 小さな漁村って感じで、子供たちがバスケットゴールにボールを投げ入れているのが印象的だった。
てか、子供がいたのに驚いた。
正直に言って、もうこういう辺りって限界過ぎて子供なんていないんじゃねぇか?とか勝手に思っていました。
スイマセン。全面的に謝ります。
世の子供たちよ、3DSでモンハンばっかりやってないで外でボール遊びしろよ!
俺?小さい頃はポケモンばっかりやってましたwww(外遊びもしたけどな)

そういえば、このあたりでリヤカーで日本一周みたいな人を追い越したんだけど・・・
アレってもしかして・・・いや、やめておこう・・・

DSC03881[1]
17時前位に道の駅に到着。
しばらく、日が沈むのを待っていたりすると、工事のおっちゃんらしき人が缶コーヒーを御馳走してくれた。
バイクのりの人らしく、しばらくバイクの免許とりたいんですよーみたいな話をする。

そして・・・

すげぇ!!日本海って太陽が海に沈むんだな!!!
いや、俺太平洋側の人間なんで、太陽が沈むのは山なんです。
これは感動した!ずっと沈むところ眺めていたせいで、しばらく視界の中心がおかしなことになってしまったけど。

DSC03889[1]
本当に綺麗で、俺のほかにも多くの人が見ていた。
しかし、日が沈み終わった後俺に異変が・・・左手の親指を蚊に刺されてる・・・
そんな!ずっとカメラ構えていたのに凄いな!蚊!!
これを打っている今も、かゆいってか痛いです、腫れて。

道の駅の24時間休憩所に荷物を突っ込み、夕飯にそれなりに食べられるタラコパスタを作る。
もちろん料理の前に湯を作って、今日も芋焼酎のお湯割りである。これホントいいわぁ。
この芋焼酎が、来週の水曜までもてば、概ね勝利、木曜なら勝利、金曜なら大勝利なのだが・・・
来週の中くらいに長野某所に着いちゃいそうだから、あんまり今回は参考にならないか?

そして食後24時間休憩所でこのブログの更新を始めようとした辺りに、今日一番BADなイベントが発生。
この休憩所は畳のエリアがあり、俺はそこを確保して、そこにあったちゃぶ台でブログの更新作業を始めようとしていた。
そこにひとりのおっさん?爺さん?が「ここで寝てもいいですかー?」みたいにくる。
正直この時点で「なんで俺の場所じゃないのに俺に聞くの?」と思ったが、とりあえず「どうぞ」みたいに返す。
てか結構こういう人いて、しょっちゅう勝手にしろよと思ってる。

そしたら「そこで寝たい。電気消すから、それ他所でやってくれ」と来た。
そもそも、ここは24時間休憩所であり、勝手に電気消していいのかよとか思わないでもなかったが、
しぶしぶちゃぶ台からテーブルのスペースに移動する。

そこで少し驚いたのが、おっさんは布団を持ってきて敷き始めた。
まぁこれについては、俺もマットと寝袋持ち込んでるから大きなことは言えないがな・・・
おっさんはおっさんの枕の位置に、丁度俺の足が来るような形になっていたのが気に入らなかったのか、俺の寝る位置の修正を求めてきた。
てか後から布団を敷いたのはおっさんである。俺はかなりムキムキきた。
俺はてっきりちゃぶ台の向こう側に敷くものだとばかり思っていたのに、
勝手にそういう位置に布団を敷いた揚句、ちゃぶ台まで移動させ俺はそこに寝ることになった。
彼曰く「人に足を向けて寝ちゃダメでしょ」とのことである。
かなりイライラ来ていた。

となりのスペースでこの作業を開始すると、キーボードがうるさくて眠れないから、隣の部屋でやれと来た。
彼曰く「ここは皆のスペースなんだから」とのことである。
なるほど、確かに俺は寝ている人間への配慮が足りなかった面もあるだろう・・・だが、
てめぇは一切俺に対する配慮なんてねーじゃねぇか、糞が死ね!氏ねじゃなくて死ね!!
そもそもお前がやっているのは24時間休憩所の私物化だろーが、ここは休憩所であっててめえの寝所じゃねぇ!
隣の部屋なんてテーブルの類は一切ないから超作業しずらいのわかってんじゃねーか!!
そんなに布団でねたけりゃいつも通り車に布団敷いて寝るなり、こっちが散々折れてるんだから耳栓するなりしろよ!塵が。

つーかてめーのいびきが五月蠅くて、イヤホンで音楽流していても貫通してくるんですが?
俺の睡眠が保障されていないですよね??どういうことなんです???

結局俺はおっさんと同じ部屋で寝ることに耐えられなかったので、隣の部屋にある椅子で寝ることにした。
てか、これから寝るんだけど。
明日の朝またなんか嫌味言われるんだろうなぁー。
ここがキャンプ禁止じゃなかったら速攻で表でテント張るのに・・・

まぁ確かに公共のスペースだから、彼の言っていることも少しは理解できるよ?少しは。
別に俺の方が先にいたんだから云々とか、そういうのも無いと思ってるから色々と譲ったよ?
(俺は聖人君子じゃないから、内心少しはそういう事を思う処はあるけど)
でも、あんたが言ってるのって、公共であることを盾にとって自分の都合のいいようにしたいだけじゃん!?

つい勢いでこんなことを書いてしまったが、一切反省はしていないし、多分明日以降もしないだろう。
ついでに言うと賛同も否定も特に求めていない、あくまで俺が思ったことを書いただけである。

ぁーDMC4とかやってスッキリしてーよー。FarCry3でロケラン持って基地襲撃でもいい。

出費
牛丼 280
野菜ジュース 98

合計 378円
久しぶりに500円割ったなーでも牛丼系もこのまま続けると絶対飽きるな。

本日の走行距離  65.07km
合計の走行距離 5668.71㎞

より大きな地図で 94 なう(2013/09/27 16:54:37) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 6

【93日目・2013/9/26】秋田⇒山形 温度差10度編   

寒いーさむいーさーむーいー。
東北ヤバい。マジやばい。何がヤバいって?寒い。超寒い。とても冷たい。
今年さ、なんかまた厳冬になるとか言ってるじゃん?やめてよ俺死んじゃうよ?
まぁそうなる前に逃げてくると思うけど・・・
ぁー暖かいスープが飲みたい。
シチューでもいい。
ブロック肉を入れろなんて贅沢は言わない。ベーコンでいい。そんなスープかシチューが食いたい。

以下本編。

DSC03755[1]
朝6時起床。やはり東北地方の朝は寒い!
朝からTシャツ+シャツ+ウィンドブレーカーじゃないとやってられない寒さだ。
睡眠としては前日よりは割といい感じで眠れたけど、夜中に誰かが休憩室に訪れる度に微妙に起こされるからマシって程度かな?
でも椅子がフカフカでその点は非常に良かったです。
ただなんか喉が痛む・・・これはリンゴを食えという神のおぼしめしだ!!!
いや、リンゴとか体調崩しているときに食べたりするじゃないですか?
別にまだ体調崩したわけじゃないけど、転ばぬ先の杖だよ!

いやぁ、久しぶりにこんな食い方をしましたね。
多分もう10年以上こんな食い方してなかったと思う。
まだ1個残ってるけど、それもこういう食い方するぜ?ワイルドだろう?←古い?
因みにこちらはM上さんから頂いた方のりんごですね。
甘くて美味かったです。まぁリンゴなんだから甘くて美味いのは当たり前だけどな!!!

DSC03756[1]
表でいつもの通りに食パン焼いていると、こいつが近づいてきてじーっとピーナッツクリームを見ている。
もしこれが俺の飼い猫ならきっとパンに塗ってあげたりしたかもしれんけど、
道の駅の野良じゃなぁ、もしそれで何かあった時に「心無い旅人が上げたエサで猫が死んでしまいました」なんて言われても嫌なので、彼?彼女?には我慢してもらうことにした。

DSC03757[1]
休憩室のテレビで天気予報を確認し、準備運動を済ませて8時半位に出発する。
出発の前に挨拶していく。

こいつの事をずっと追いかけまわしているデブ猫もいたんだけど、そいつは出発時に目に見えるところにいなかった。
どういう関係ナンスかね?

DSC03758[1]
蘇とはすっかり昨夜の雨の影は残さず、寒いけれどいい天気であった。
「道の駅 にしめ」は本当に快適に過ごせる良い場所だったね。
全面的におススメですわw

DSC03759[1]
鳥海山。
昨日とは打って変わって、全面的に追い風だったお蔭で移動がかなり捗る。
この日の目的地は、「道の駅 庄内みかわ」で大体80㎞位先だが、途中でYJを立ち読んでも、全然タイムロスが気にならない程楽だった。

DSC03760[1]
鳥海山別アングル。
天気が良いのはもうだいたいわかってもらえたと思うが、それでも気温が上がらない。
最高気温は20℃とかいう話で、朝のテレビでは昨日と大体10度くらい差がつくところが多いらしい。
走っている最中も、ちょいちょい暑くなる場面はあったが、それでも脱ぐと一気に寒くなるのが解っていたので、我慢して3枚着続けた。
因みにこれを書いている今は、昼と同じ格好をしているが寒い。

DSC03761[1]
そして山形県突入!!
まぁ多分すぐ抜けちゃいそうな気がするけどね・・・でも羽黒山に参拝は行くから!!!

それにしても、こう・・・県を超えると何とも言えない安心感があるな・・・
俺は確かに旅をしている、先に進んでいるみたいな・・・
ただでさえ夏休みと称して長いことダラダラしていた人間だから、こういう感覚は大切にして行きたいね。

DSC03764[1]
途中一瞬だけR7から、あげはま街道なる道に入り、海岸沿いを堪能する。
R7は思っていたよりも海とか見られない。
しかし風が強いおかげで、海は大しけである。
まぁ何かこう、日本海っぽいはぽいのかな?荒々しくて険しくて寒いみたいな?
やっぱり、どこか太平洋とは違う何かを感じる。

DSC03767[1]
16羅漢。
海に突き出した岩石地帯に彫ってあった。
ただ、どういう意味合いの羅漢なのかはちょっと、よくわかんなかったね。
遠野の羅漢は飢饉の鎮魂的な意味合いがあったけど、ここも何かしらそういう意味合いがあるのだろうか?
まぁそうじゃなくても、日本海沿いの東北とか冬が厳しそうだから鎮魂には事欠かないのか?

DSC03768[1]
常に白波が凄い。
まぁ見るべきものも見たし、いつまでもここに居ても仕方がないので、風の向くままに再出発する。

12時半位に酒田に着いたので、道沿いにあった吉野家(牛丼系では久々の登場)で、
一部の旅人界隈で噂になっている豚丼を食す。
うーん、不味くはないけど、本物を知っているとねぇ・・・やっぱり280円の牛丼でいいかなぁ・・・
いや、ホント不味くはないよ?でもアレだったら自宅で自分で作った豚丼モドキのが良かったなw

どうでもいいんだけど、「酒田」って田園地帯なんだけど、この辺の米はやっぱり日本酒になるのかね?
いや、名は体を表すっていうじゃないですか?

吉牛を出たのが13時前、目的地まではもう20㎞もない。
速さを調節しようにも、あまりだらだら走るのも好きじゃないし、折角風の加護を受けているのだから気持ちよく飛ばしたい、どうしようとか思っていたら、途中で気になる看板を見る。
いや、ただのイオンの看板なんだけどね?

「2つ目の信号直進」

最初意味が解らなかった。
「2つ目の信号左折」とかなら理解できる。
なんでわざわざ「2つ目の信号を直進」なの?「この先直進」じゃ駄目なの?
しかし、これはこの後面白い展開になる。
問題の2つ目の信号に差し掛かった時、目的の道の駅への案内が出ていたのだが、そこを左折しなければならなかったのだ!!
なんだこれ?俺に選択をせまるためだけに、あの「2つ目直進」を入れたのか?
まぁ流石に都合のいい解釈過ぎるけどな!

結局まだ時間的に相当余裕があったので、買い物をするためにイオンへ。
食パンとか、酒とか、晩酌用のチーズを購入。
いやぁ、アレも作りたい、これも作りたいみたいなの有るけど、やっぱりコスパ考えるとパスタが最強すぎるわなぁ・・・
再開後は結構節約を意識して生活しています。本当だよ?

だってアレだぜ?夏休みの間だけで、居なかった分とこれからいない分の税金+健康保険料で25マソ飛んで行ったんだぜ!←本当です。本当と書いてマジです。
嫌でも、口座の残高とか怖くなるわ!
これからもあの勢いで取られたら来年はバイクで北海道行くなんて言えなくなるね!!!
豪遊がモットーだった私ですが、これからは倹約に努めます・・・可能な限り!!!!
旅が終わってからも人生続くしね、今のところ。
まぁそもそもこんな旅をしている時点で豪遊だという話もある。

DSC03770[1]
結局イオン経由でも、全然道の駅へ行けて微妙な気持ちになる。
てか絶対にイオン経由で行った方が解りやすいんだけど?
それにしても山形に入ってからR7がだいぶ走りやすい、秋田よりはかなりマシ。

ところで山形って言われて思い浮かぶものはなんすかね?
俺の場合はAKIRAの山形だね、鉄雄に殺されたやつ。
AKIRAでは甲斐とかJOKERが好きなキャラだねー。

DSC03771[1]
結局15時ちょい前位に道の駅へ到着!早!!
前代未聞の終了時刻である!!!
それもこれも羽黒山へ参拝をするためだからしかたあるまい・・・しかしあのひたすら待つのは寒かった。
ここまで24時間休憩所がある道の駅がやたらと多かったから(日記にあげていないところも含め)、なんだかすこし侘しい気持ちになる。
昨日風呂に入ってなかったら、風呂でゆっくり時間をつぶしたんだけどなぁ。

DSC03772[1]
久々に惣菜の卯の花を購入。目の前にスーパーがあるんだよここ。
流石に毎日パスタパスタパンパンじゃ健康面最悪だろってことで、この手の安い惣菜は今後も確保していきたい。
そして、右手にそびえたつのはパックの芋焼酎様である。
毎日150円位出して500の缶の酒を買うより、コスパ良いんじゃね?ってことで試験的に導入。
てか、今日のあまりの寒さに冷たい酒を飲む気がしなかったので、お湯割りで飲めるのが魅力的だった。

この後はいつも通りに、パスタをゆでて、不味いなりに美味いペペロンチーノソースをかけて食った。
明日はまたたらこパスタになると思う。明後日?ペペロンチーノだよ!!!
このパスタが終わったら、ジャガイモと玉ねぎとコンソメ買って毎日スープ作るのもありだなーとか思っているけど、
食材を入れるスペースがないからやるかわかんない・・・てか最近卵高くない?俺の気のせい?
今一手を出す値段じゃないから、朝の卵ベーコンサンドが出来なくて、俺の朝の食生活がそろそろヤバい。

つーか寒いんだよ!ふざけんな!!!
なんだこれ!?なんどあるんだよ????
テント張らないでベンチに寝袋で寝ようかと思ったけど、これは無理だわ。
よし、本日のブログ終了!

出費
豚丼 480
龍角散のど飴 100
ピーナッツクリーム 218
芋焼酎 760
食パン 78
チーズ 98
卯の花 87

合計 1821円
目指せ2k/日以下!

本日の走行距離  78.73km
合計の走行距離 5603.64㎞

より大きな地図で 93 なう(2013/09/26 16:23:56) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【92日目・2013/9/25】秋田 雨をやり過ごす編   

これで追いついたな。
まぁそんな急がなければいけないほど遅れていたわけでもないけど、だとしてもやはり、遅れていないというのは気持ちのいいものだ。
この状態を維持したいものだね。

さて、今日はどこまで行けるだろうか?どこまで行くべきだろうか?
秋田とお別れするのは確実だと思う。
山形は羽黒山というか出羽三山を回ってみたい気もするけど、青森の恐山の時みたいに自転車を気軽に放置できる場所が無かったらスルーだなー。←バスで行く気満々ですが何か?
でも、あそこいかないと山形ほぼどこにも寄らない勢いなんだよなーはぁ・・・
まぁその辺りはまた明日考えればいいか・・・

以下本編。

DSC03724[1]
「道の駅 しょうわ」で目覚める。
正直あまりよく眠れたとは言えない目覚めだった。
夜中に何度も目が覚めたというか、なんかずっと水面下ギリギリにいるようなイメージ。
でも、確かに夢を見たって記憶もあるので、ある程度寝てはいたのだろう。
夢を見ていたという確証がある種の呪いなのが、何とも言えない気持ちになる・・・
呪いってのはそんなに難しいものではない、人間の情念はこじらせたら呪いみたいなもんなのだ。

いきなりちょっと気持ち悪いスタートではあるが、まぁこれはあくまで俺の記録であるので、
また夢に出てきたんだよーってのもある種の思い出になるだろうから、完全に俺用に書いておく。

6時過ぎ位に起床し、昨晩書きかけだったブログを少し触るが、テントの撤収を始めるほうが良いと思い至ったので、そちらを優先させ、その後定番のピーナッツクリームトーストの時間に。
その時に道の駅を訪れたおじさんに画像の缶コーヒーを御馳走してもらう。
旅再開した直後っから、なんか優しい人ばっかりなんですけど?ありがたいことだ。

DSC03725[1]
午後から雨の予報なのが嘘みたいに、割といい天気である。
まぁ雲は多いけど、むしろ日焼け止めが節約できるし、気温も凄いことにならないから個人的には歓迎。
片づけ、準備運動等をして8時半位に出発。

この日の目標は、とりあえず雨が降り出す前に24時間休憩所がある道の駅に駈け込め!!!である。

DSC03726[1]
秋田市に突入。
全県庁制覇とかがルールであったら、もっとテンション上がるのかもだけど、俺は別に全県庁制覇系の日本一周じゃねーからな。
それをいいだしたらお前埼玉どこに行った!!って突っ込まれちゃうもんね!!!

この日は兎に角向かい風が強かった。一日中強かった。日本海側ずっとこんなだと嫌だなー。

DSC03727[1]
コメリに初めて出会ったとき「あ、なんかスーパーみたいなのがある!!ぇ?違うの?」

第二段階「チッ!またコメリかよ!!スーパー出せよ、スーパー」

第三段階「なんだろう、コメリ最近見てない・・・なんか落ち着かない・・・」(主に北海道でこうなる)

最終段階「あ!コメリだ!!(何処か心安らぐが、絶対に寄らない)」

コメリってなんだよ!って奴はググれ、多分旅人なら何となく理解してくれるだろう。
因みに俺はコメリってのは千葉で初めて存在を知ったよ。神奈川で見たことない。

DSC03729[1]
目標としている道の駅ではないが、気になる建物とか見えたから寄った道の駅。
で、気になる建物って何よってのは以下。

DSC03730[1]
コレ。
なんか最上階が展望台になってて、かつ無料で上がれるとかいう太っ腹な観光施設です。
まぁフロアは片手で数えるほどしかなかったけどね。
ヨコハマのランドマークタワーも無料で上がれればいいのにね。

DSC03731[1]
それでいいのか店長。

DSC03732[1]
ガラス張りのエレベータで登っていくときに、下を撮影した図。
ボケてるけど気にスンナ。

DSC03733[1]
上を撮影した図。
特にこの二つに大きな意味はない。

あと、やっぱこういうエレベーター乗っているとガングレイヴの某シーンを思い出すね。
まぁこの日は空も青くないし、雲も輝いてないからだめだな。

DSC03734[1]
現在の高さを電光掲示板で表示している。
俺は高いの平気だけど、高所恐怖症の人ってこういうの見るのも駄目なのかしら?

DSC03735[1]
ある一定の高さに達すると、外が見えなくなり、エレベーター内が暗くなる。
まぁ展望フロア向けの演出とかだろうね。

DSC03736[1]
そして最上階の展望フロア地上100mへ!!

ドアが開く瞬間に、銃を構えたくなるのは俺だけじゃないと思う。
まぁ銃とか持ってないけど。

DSC03738[1]
展望フロアから見た秋田の街!
!とか使ったけど、まぁ正直見た瞬間は「こんなもんか」って感じだし、その感情自体は最後まで変わらんね。
別に何か他に凄い高い建物があるわけでもなし、ランドマークがあるわけでなし、てかこれがランドマークみたいなもんだからな。

でもまぁ、俺は馬鹿だから、高いところにいるのは悪い気がしないね。

DSC03739[1]
展望フロアから見た、海側の重工業エリア、工場から排煙が多くあがっている。

DSC03741[1]
多分この展望フロアにいた時に一番テンションが高くなったのはこの線路を見た時だと思う。
見ろよ!プラレールみたいだろ!!?←プラレールがこれみたいなのが正確なところである。
本当にこの高さから見ると、実物もジオラマの様に感じられる。

DSC03743[1]
丁度貨物列車が入ってきたので、一枚撮影。
多分男の子やったことがあるならこの風景は心躍るんじゃない?

DSC03744[1]
海保の船。密航、ダメ、絶対!!

DSC03745[1]
昨日攻略してきた男鹿半島も撮影する。
よくあんなところを1日で攻略したものだね。

DSC03747[1]
いつまでも、ダラダラと秋田の周りで観光するわけにも行かないので先を急ぐ。
都会では自殺する若者が増えているから、合羽のない俺は次の道の駅へ行かなければならないのだよ。
まぁ本当に午後から降水確立50%だから、降り出すまでに落ち着ける場所に居たかった。

DSC03749[1]
R7をひた走る。
合羽がないから!!!
いや、何時かは買わなきゃいけないんだろうけどね、今は無くてもやり過ごせそうだから・・・

しかし、このR7は結構いやらしい道だった。
上げて下げて、上げて下げてが延々と続く、しかも向かい風。
これが物凄い急な坂とかなら、もう諦めもつくんだけど、全部何とかなるけど非常にだるい坂だから、何か悪い女に騙されているような気持になる。
まぁ俺はそもそも悪い女に騙されたこともないけどな!!

DSC03751[1]
12時なんぼかに「道の駅 岩城」に到着。
とりあえず、空腹が最高潮だったので、500円のサービスランチ的なカレーを食う。
秋田を抜けてしまうと、もう全然道端に店がなくなってしまう。
コンビニすら数えるほどしか存在しない。

食後はこの旅を再開して初となる、お風呂タイム。
色付きの温泉だし、温度も丁度良くてなかなか良い温泉だった。
しかも、露天風呂は海を覗き、波の音を楽しむことが出来るという中々良い場所だ。
前日の疲労で、ひざ下がかなり痛かったのだが、ここでゆっくりつかったおかげでかなりマシになった。

この時点で、21㎞先の次の道の駅に進むべきか、今日はここまでにするかを凄く悩む。
だって、空だけ見たら割となんとかなりそうなんですもの!
でも下手に進軍して雨に降られたらもう、笑えないどころの話ではない。
Yahooの雨雲レーダーと相談して、相談して、相談しつくした結果とりあえず先に進むことにする。
もう一か八かである。

DSC03750[1]
もし、温泉を1日チケットで入っていたらこれをずっと読んでいたんだと思う。

DSC03752[1]
時間との勝負だったので、向かい風にもめげずにひたすら前進。
そのおかげで、次の道の駅の間の写真が一枚もないとかいう事態になったけど、まぁ良しとしよう。
それもまた一つの現実である。

前の道の駅を出たのが、14時過ぎで、到着したのが、15時半位である。
因みに雨雲レーダーでは16時の時点で、雨だったので何とか間に合った感じだね。
・・・結局降ってきたの18時過ぎだけどな!!!

この「道の駅 にしめ」は凄い!
裏にマックスバリューあるし、銭湯もあるし、カラオケとボーリングとバッティングセンターもある。
なんなんだここ、最高じゃないか!
てか、風呂とかここで入ればよかったんじゃね?とか思ったけど、まぁあそこで足を癒さなければここまで来られなかった可能性もあるという事で・・・

休憩室で相撲とかを眺めながらマックスバリューで仕入れた酒を飲んでいると、テレビ終了の時間になったらしく、おばちゃんがテレビを消しに来た。
その時にりんごを頂く。
なんだか復帰してから凄い、なんだろコレ?兎に角ありがたい。
しかし、これでリンゴのストックが2個になってしまったので、明日辺り1個食おうと思う。

DSC03753[1]
夕飯は裏にあるマックスバリューで、半額弁当を確保。
本州で半額弁当空のは多分初めて。
しかも19時の時点で半額になっているうえに、さっきスーパーにあった弁当のほとんどが消えていた。
このスーパーは半値印証時刻がかなり早いようだ。
まぁでも狙っていた海老天丼が買えたのでご満悦だけどな。

毎日パスタは飽きるのだよ・・・

出費
昼飯 500
風呂 400
酒 125
アイス 98
半額弁当 199
半額惣菜 48

合計 1370円

本日の走行距離  62.69km
合計の走行距離 5524.91㎞

より大きな地図で 92 なう(2013/09/25 15:33:56) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 1   cm: 2

【91日目・2013/9/24】秋田 男鹿半島攻略編   

無理無理。
毎日更新なんて無理。普通に体力的に10時半にはもう落ちそうになるもの。
これだって一応頑張ってその日のうちにあげようとして、結局半分くらい書いて挫折してるからね!
まぁ挫折と言うか正確には体力の限界的な何か。
ぁー腹減った。肉くいてーな肉。

それにしてもこの今いる24時間休憩所は、静かだし、薄暗くて寝やすそうだけど、やはり一人でいるのは少し寂しいものが有るな・・・

まぁそんな感じで以下本編。

DSC03632[1]
朝、久しぶりのピーナッツクリームトーストを貪り、準備体操もばっちりしてから出発。
8時ちょい過ぎスタートならまぁまぁかな。
今日もとりあえずGoogleMap先生の案内で進んでいくんだけど・・・いきなりローカルな農道に突入させられて、凄く不安になる。

DSC03634[1]
農道の脇には田園があるか、画像みたいな果実が一杯なっている果樹園かどっちか。
画像の果実は、旗によると梨らしいけど、梨にしてはちょっと小ぶりなイメージだった、まぁ遠目にみてるから何とも言えないけど。

DSC03636[1]
ほぉ、この道を行けというのだね?流石に今回は騙されねぇよ。
近くにあったちゃんとした道から迂回して先に進む。
しかし、本当に田園ばっかりで、やはり秋田は米どころなんだなってのを再認識したりしなかったり。

DSC03639[1]
途中やっぱり怪しい道を走らされ、なんとか日本海を拝める道にたどり着く。
海の色も、積丹半島周辺ほどではないけど、まぁまぁ綺麗である。

DSC03643[1]
まだ男鹿半島には突入していないが、ちょっと傾斜がある道を登ったり下りたりして進む。
この坂自体に意味はないけど、ちょっと雰囲気が良かったから撮影。
まったく車が通りそうにないイメージとは裏腹に、ちょいちょい車は通る。

DSC03646[1]
男鹿半島の入口辺り、いきなり7%下れと言われて凄く不安になる。
だって下りるってことは、上るって事だからね。
男鹿半島一周する気なかったから、帰りは7%登るのかってうんざりしていた面もある。

DSC03647[1]
この日の目的地である、なまはげ館を目指す。
なまはげ館は何故か無駄に高い場所にあるので、地獄のような登り坂を登らなければいけない。

DSC03648[1]
具体的に言うとこういう坂な。
X JAPANのTearsが一曲聞き終わるくらいこの坂だけで時間をかけたんだぜ・・・(ホントに)
ほら、俺自転車押す人間だし、復帰二日目じゃん。

DSC03651[1]
なんとかなまはげ館に到着。
時刻は11時ちょっと前。なまはげの実演が11時からあったので丁度良かったと言えるだろう。
とりあえず共通券を購入して、実演の建物の方へ。

DSC03652[1]
この茅葺屋根の建物の中でなまはげの実演が行われる。
正直、男鹿半島にはこのためだけに来たので、久しぶりにかなりワクワクしながら入場。

DSC03653[1]
DSC03655[1]
屋内はこんな感じの落ち着いた佇まいである。
掛け軸になまはげが書いてあるのが地味に笑える。
しかし、こういう建物で囲炉裏を囲んで一晩過ごしてみたいね。

DSC03656[1]
と言う訳で、実演開始。
俺のほかに、3名男のお客さんが・・・個人的には小さい子供の反応が見たかったなぁw
きっと物凄く泣き喚いただろうになぁwww

左の人が家の主人役で、右の人がなまはげを連れてくる役である。
会話は全部現地の方言で行われるが、俺でも全然理解できる程度のものなので、内容については十分理解できる。
これが津軽弁だったら多分何もわからなかったね、アレはもう何か別のものだよ。

DSC03657[1]
うおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
と声をあげてなまはげが登場する。
ドアを開けるときも物凄い勢いで開くし、四股も踏むので音のインパクトが凄く強い。
この音を立てるという行為には、ちゃんと意味があるらしく、音を立てることで良くないものを追い払っているそうです。
正直俺はビビりました。
てかなまはげにこっち見られた時はずっとビビってました。やっぱりそういう力があるんだと思う。

因みになまはげは不幸があった家と、子供が生まれた家には行かないんだと(結婚した家だったかもしらん)。

DSC03658[1]
家に入ってしばらくその辺りを大きな音を立てながらうろついた後、主人に進められてお膳に着きます。
ちゃんとなまはげ側も頭を下げるというのが、ただ恐ろしいだけの存在ではないって感じでいいね。

DSC03661[1]
主人に勧められて、酒を飲まされるなまはげ。
流石にここでは器は空のようですけど、実際には本当に酒を注がれるらしく、10件ほどでなまはげを交代してやるそうです。
因みに、大晦日になまはげが来た際には、家のすべての部屋に入ることが出来るというルールらしいので、
この地方の若者はえっちぃ物は出しっぱなしにできないね。
まぁ大晦日にちゃんと大掃除しろよってことなんでしょうね。

この時台詞の中で、ここの売店で売っているお酒を褒めたりしてステマしているのに気付いたのでちょっと面白かった。

DSC03664[1]
酒を飲み終わった後は、なまはげ台帳なるものを使って、ひたすら子供とか嫁とかの説教を始める。
具体的に言うと、子供がゲームで遊んでばっかりだとか、嫁がカラオケにいってばかりだとか・・・
内容が非常に現代チックで少し驚いたが、そもそもこの台帳なるものはこうやって観光客の人に見せるためになまはげとコミュニケーションするツールなのだそうで、実際のなまはげはこの台帳は使わないそうです。
まぁ、本物は台帳なんか使わないでも、子供とか目の前にいるのを捕まえてやりゃいいもんね。

主人役の人は、子供とか嫁とかをひたすらかばい続けます。
いつの時代も真面目なお父さんは割を食う役目なんでしょうね。

DSC03666[1]
とりあえず、返答に窮した主人は酒を注いでごまかします。
いつの時代も最後は酒に頼らざるを得ないですね。

主人としては来年までにちゃんと改善させます、的なことを言い、
なまはげは「いう事を聞かなかったらいつでも呼べ」みたいな感じで返答。
本当に来てくれたら素敵だけどね。

DSC03667[1]
最後に再び家の中を暴れだす。
大声をあげて襖をバンバン叩いたり、四股を踏んだりする。
この時に見ている観客である我々も少しだけからまれたりします。
酒飲み過ぎてないか!とか真面目にやっているか!とかそういう感じね。
俺は何故か握手されましたw

あと、悪いものは払ったから来年まで無病息災でやるようにとお祈りされます。

DSC03669[1]
一通り終わると、お帰り頂いて終了です。
マメ知識ですが、このなまはげ館のあるあたり「真山」のなまはげは神様とされているので面に角がないんだそうです。
でも、別の地域の角がるなまはげも扱いとしては神様みたいですけどね。

因みに、なまはげの来ている蓑から落ちた藁は縁起物だそうで、自分も2本ほど拾ってきた。
自分用と誰かにあげるようだよ?俺が欲深い人間とかそういうんじゃないよ?
いや、欲深いは欲深いかもしれんけど、これは多分親にあげる分だよ。

まぁこんな感じでなまはげの実演が終わりました。
非常に見ごたえのあるものだったので、場所の行きづらさを除けば誰にでもお勧めできる良い観光スポットでした。
正直俺はいつかもう一回このなまはげの実演を見たいです。
それぐらい今回の旅の中でインパクトがあります。

DSC03671[1]
因みにステマされていたお酒はこちらw
ちょっと興味がわかなくもないけど、流石に今回はスルーwww
そんなに毎回毎回酒買っていられないよ。

DSC03676[1]
実演後は、なまはげ館の展示を見る。
石仮面じゃねーよ?

DSC03679[1]
DSC03683[1]
DSC03686[1]
多種多様ななまはげが展示してある。
なまはげは場所によってデザインとかが違うらしい。
ここは昼間に見たからいいけど、夜薄暗い中で見たら超怖いと思う。

DSC03689[1]
一体だけ、顔が無駄にかっこいいなまはげを発見したので激写。

DSC03690[1]
お土産でなまはげの面も売っているけど、正直手が出せるレベルのものではない。
最安でも12000とかどういうこと!!?

正直お土産よりは、俺はなまはげになってみたいね。
まぁ俺男鹿半島に移り住む気はないから一生無理だけど、だけどアレ面白そうだよ。

DSC03692[1]
時間もいい感じになったので、敷地内の軽食やで450円のそばを食う。
まぁ正直量を考えるとちょっとお高いけど、この付近に他に店とかないし、もうやむを得ないよね。
でも、味はまぁ良かったです。多分水が良いんだろうな。

つーか後々の事を考えるとここで食っておいて大正解だったよ。

DSC03693[1]
裏にあった神社にも参拝。
ここも一応なまはげ的なスポットらしいっす。

DSC03694[1]
とりあえず、本堂でお参りをした後、さらに奥に伸びる階段があったので撮影。
右に行くと多分この真山って山を登ることになるんだと思うよ?
俺は行ってないからわかんない。

時間もいい感じになってきたので、退散。
この後はもう男鹿半島を後にするだけ!だったんだけど・・・
俺の中の何かが囁く・・・ここで引き揚げていいのか!?ここまで来たんだから男鹿半島を攻略しろよと!!!
その結果悩みに悩んだ俺は・・・

DSC03699[1]
結局男鹿攻略コース(地獄)へ!!
男鹿温泉郷のいりぐちでも少し大きななまはげが出迎えてくれる。
時間に余裕があるってわけでもないので、温泉についてはスルーで・・・でも、そろそろ風呂入りたいな。

DSC03700[1]
発狂しそうになる、角度の坂を登ったり下ったりして、ようやく海を拝む。
入道崎については、別段興味もわかなかったのでスルー。
夕方だったら行ったかもしれないけど、夕方に自転車でこの辺りにいるのは死ねるな。

DSC03702[1]
上がったり下がったりの地獄を楽しんだ後しばし、海沿いの楽な道を流す。
男鹿水族館GAOとかいう、魔戒騎士みたいな名前の水族館の辺りから再び地獄がスタート。
いや、本当の地獄はここからだったんだ・・・
水族館については例によってスルー、別に水族館ならここじゃなくてもいいからね。
因みに、写真を撮った場所の下の方に水族館がありました。

DSC03704[1]
高いたかーい。
もうずっと自転車を押しっぱなしである。
北海道で会ったチャリダーの多くも、男鹿キツイキツイ言っていたから多少なりとも覚悟はしていたけど、
それでもやっぱり男鹿キツイキツイ。
GAOから先の坂は殆ど押してなんとかした。少なくとももう自転車ではこないかんな!!!
でも押してるから写真は割とゆっくりとれるんだぜ?

DSC03709[1]
道狭いし、傾斜もおかしいし、もし一つだけ特殊能力を得ることが出来たとしたら、重力コントロールが欲しい。
そして3連休は終わったはずなのに、なぜかバイカーの皆さんが俺のことを追い抜いていく、まぁ俺も人のことは言えないから何も言うまい。

本当はこの近くにあったカンカネ洞に行こうと思っていたんだけど、物凄く下らないと行けなかったので断念。
物凄く下るってことは物凄く登るってことだからな、ましてや登ってる最中にそんなところに行ったら俺はもう登ってくることが出来なくなってしまうよ。
ここはバイクの免許取ってバイク買ったらそれで来ようと思う。

DSC03712[1]
途中ゴジラ岩なるものが有ったので、寄り道。
足場はあまり良いとは言えない場所なので、SPDシューズでは結構怖いけど、まぁあそこは何履いていても怖いと思う。
何より俺はもう自転車を押し過ぎて、体力がかなりキツイ状態だったから、歩くのが辛かったてのがでかい。
ていうか、別にゴジラ―とか言って売らなくてもここは岩石が凄いからみんな寄って行くと思うんだが・・・まぁそれでもやっぱりなんかプッシュするものが有る方が良いのか。
夕日をバックに見るのがおススメらしいですけど、この時期に夕日をこの場所で見るというのはかなり自殺行為だよね。
バイクとかならいいけどさ、自転車だとまだ移動しなきゃだしちょっとリスキーよね。

で、正直なところだけどゴジラには見えないわな、それっぽい怪獣には見えるけど・・・
ガメラよりもゴジラを見た数の方が多い俺が言うんだから間違いない・・・たぶん。

この辺りから道はかなりフラットになるので、凄く走りやすくなる。

DSC03713[1]
道がフラットになると発電効率が上がる。
スマホも53%から、この日の終わりの時点で70%まで回復したしな。

DSC03717[1]
確か、日本の渚100選とかいう場所の写真。
渚って言われてもスピッツか、カヲル君しか出てこないよ・・・
もしかして、今の若い人にはカヲル君は兎も角、もうスピッツは通じないか?
なーぎさーはふたーりーのーって奴。
アレ多分俺小学生くらいに流行った奴だもんね・・・時代を感じてしまうよ。

つーか、日本のXX100選っていっぱいあり過ぎなんだよ!
日本のXX100選を全部統合して日本の100選に絞ってくれよ!!
しかも渚って響きが今一マイナーな感じなんだよ!

DSC03719[1]
男鹿半島を脱出。
公式に反時計回りが否定された瞬間である。
いいじゃない!反時計回りで日本一周したって!マイノリティ万歳!!

DSC03720[1]
一応正面からも撮りますよ?若干の口惜しさを滲ませつつな!
しかもなんか記念撮影している人たち一杯いるし、北海道では山ほど記念撮影したけど、
本州戻ってくると、あまりそういう機会はないからな。
現に道の駅の24時間休憩所にいる今も一人だ、多分今夜はずっと一人だろう。

DSC03721[1]
途中にあったツルハでトイレットペーパー1ロールを買ったり、だいそーでカセットガス買ったり、マックスバリューで散々ミートで飲んだチューハイを買ったり(書いている今も飲んでいる)して、目的地である「道の駅 しょうわ」に着いた時には真っ暗だった。
ついていきなり酒を開ける俺も俺である。

しかし、ペーパータオルを買う予定のツルハでトイレットペーパー1ロールが手に入ったのは僥倖だった。
用途としては、飯食った後に器を拭くようなんだけど、トイレットペーパーのが量を調節できるから割と長いこともつし、
結構いろいろなことに使えるから便利なんだよね。

まぁそんな感じで買い物に気をとられ過ぎていたら真っ暗になってしまったのは言うまでもない。
これからはできるだけ17時には終われるように行動したいものである。

DSC03723[1]
久しぶりにテントを張るが、流石に体が覚えていた。
サクッとテントを張り、夕食にたらこスパを食う。
やっぱりインスタントスパはタラコが最高だと思いますね。後明太子。
それ以外は基本あんま美味しくねぇっす。

総括。
男鹿のなまはげの実演は、とても見る価値のあるものだと思う。
これはぜひ見て欲しい。
あと、ちょっとなまはげの写真が暗すぎたね、もっと明るい設定で撮れば良かった。
まぁ気になった人は他にも色々ここを見てる人はいるからそういう人のところに見に行ってみて。
そうじゃなかったら是非現地に。

出費
なまはげ館 800
そば 450
コーラ 120
Lチキ 100
カセットガス 105
酒 125
トイレットペーパー1ロール 71

合計 1771円

本日の走行距離  90.08km
合計の走行距離 5462.22㎞
序盤取り忘れ3km追加済み

より大きな地図で 91 なう(2013/09/24 18:23:27) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【90日目・2013/9/23】青森⇒秋田 REBOOT編   

リアルタイム更新なんて・・・いつぶりだろう・・・蛸です。
一部ではもう復帰は無理なんじゃないかと言われていた私ですが、無事戦線に復帰しました。
まぁいつまで続くかわからんですけど、生暖かい目でみまもってくだちぃ。
正直今は自宅のAV環境が恋しいです。

実際問題、結構今でも寒いんですよね、昼と夜の温度差有り過ぎですよ。
12月末位まで頑張る気でいたけど、寒さに耐えられなくなったらさっさと切り上げるかもしんない、とりあえず出雲と秋の宮島だけはマストで行っておきたい。
まぁやってくうちに慣れるだろうからわからんけどね?

以下本編。

DSC03610[1]
1ヶ月半位ぶりに、愛車と再会する。
とりあえず空気を入れて、荷物を積み込みする・・・が、
ここで俺はあることに気が付いた。

「レインウェアがない・・・」

多分北海道のどっかで忘れてきたんだと思う、痛い。痛すぎる。主に出費が。
とりあえず秋田に着いたら、モンベルなりなんなりで手ごろだけどしっかりしているレインウェア買おうと思います。
あーぁ、アレお気にだったのになー主に色が。
俺昔っから雨具と相性が悪いらしいんすよね、もう傘とか電車の中に忘れまくるわ、子供の時からなんかの拍子に壊したりとか・・・もうスゲー高い奴買うのやめよう。
でもモンベルも安いわけじゃないな・・・はぁ・・・。

DSC03611[1]
出発に際して、お世話になったM上さんにリンゴジュースとりんごと魚肉ソーセージを頂く。
リンゴジュースは一缶飲んだけど、やっぱり青森のリンゴジュース美味いですね。
しかし、M上さんには泊めてもらうわ、いろいろ飯も食わせてもらうわ、餞別も貰うわで頭が上がらないです。
あと、仲介してくれた親父にも頭が上がらないね。努力賞をやろう。

DSC03613[1]
新しいフロントシステム。
スマホホルダーを新調。
前の奴もうボロボロだったし、やっぱりスマホホルダーはスマホがむき出しなのが良いと思う。
操作しやすいし、ホールドも悪くないし、見やすいし。

で、もう一個すっげぇ地味だけど、DC⇒USB(メス)変換ケーブルを導入することで、ReeChargeが死にアイテムにならずに済みました。
まぁパワーなんちゃらの部分は完全に「ゴミ」になったけどな!!
これからReeChargeを購入しようと思ってるやつは、ReeChargeの本体だけ買って、DC⇒USB(メス)ケーブルで直ざしする方がいいよ。
安上がりだし、パワーなんちゃらはすぐ壊れるよ。本体だけなら4k位で売ってたっしょAmazonで。

因みにちゃんと充電できます。
てか、充電効率前より上がってるんだけど?
平地と下りはもうガンガン溜まるね。まぁホントは常時充電している状態はスマホにはあまり宜しくないだろうけど・・・
動作が確認できたなら、間にモバイルバッテリー噛ませたりするのもありかもしんないっすね。

DSC03615[1]
8時ちょい位に出発。
アップルロードなる道をひたすらR7目指して進んでいく。
アップルロードなだけあって、リンゴの木が両サイドにあったりして凄い。
そして、画像は岩木山。頂上の凸凹が寝そべっている女性の顔に見えるって言われているんだって。
まぁ顔に見えるってのはわかる、女性かどうかは兎も角として。少なくとも俺的に美人でない事は確かだ。

DSC03616[1]
リンゴのシーズンはまだまだこれからだそうで、
でも少し赤くなってるやつもあったけどね。

DSC03617[1]
この日は初っ端から矢立峠とかいう峠と戦わないといけない。
再開初日から、たいした高さは無いとはいえ峠越えがあるのは正直気が滅入る。
でも、もう再開しちゃったから行かなきゃならんもんねー。

DSC03618[1]
峠の手前の方にある道の駅で、復帰後初となる休憩タイム。

画像の野菜ジュースは、走っている途中に原チャリの旅の人に追い抜きざま渡されたもの。
再開初日からこんなものを頂けるなんて(しかもお互い走っている最中w)、「頑張れよ!」とか声もかけてもらって、なんか無駄にかっこいいバイカーさんでした。
原チャも一つ目のレトロなデザインでお洒落な感じでした。多分北海道帰りなんだろうな・・・

旅をしていると本当に人の善良さを信じたくなってくるね。
まぁ俺がそういう人と運よく出会えているって話もあるかもしれないけど、旅している人でも悲惨な目に合う人もいるからね・・・

DSC03619[1]
写真だけ撮って過ぎ去る。
そんなにチョイチョイ止まってばかりもいられない、なんか今の俺は観光とか寄り道よりも兎に角前に進みたいのだ。

DSC03620[1]
久しぶりに県変わりの標識。
秋田県だけに、秋田犬か・・・

この先に道の駅があるのだが、今回はスルー。
北海道の時は見つけたら入ってスタンプ回収とかやってたけど、スタンプラリーは北海道だけでいいっすよ。
本土のスタンプラリー面倒くさいっす。

DSC03621[1]
峠もまぁ・・・って感じで終わり、第一目的地である大舘に到着。
ふと山を見たら大文字の跡が・・・まぁぶっちゃけ大文字って結構どこにでもあるよね。
いつかは京都の五山のやつを見てみたいものである。

大舘は比内地鶏が有名らしく、M上さんに親子丼が美味い店があると言われていたので、調べてみた・・・が、
なんか2800円もするらしいので、とりあえず今回はスルー確定・・・ちょっと流石に無理かなーまだ。
もうちょっとまた旅が続いたらそういうのもいいかもしんないけど、流石に初日にそれはねーよ。
まぁもしかしたら別の店だったのかもしれんけど・・・でも、アレっぽいよなー。

DSC03623[1]
例によって昼飯にラーメンとか食った後、道の駅で30分くらいうつらうつらしたりスマホ弄ったりする。
ここで水を汲もうと思ったら、みんな大好き飲めませんシールが・・・アレ本当に飲めないのかな?

その後ひたすら大潟を目指してR7を走行している最中に、
反対車線のちょっと駐車できそうなスペースで、「ババヘラアイス」を見つけたので、思わずUターン。

DSC03622[1]
話の流れで日本一周しているーみたいな話になったら、なんかすげぇ量を盛ってくれた。
しばし婆ちゃんと談笑しながら、ババヘラを貪る。久しぶりに頭にキーンと来た。
いやー暑い時期にこの辺りに来られてよかったわ。
因みにお値段は200円でした。でも俺多分200円以上食わせてもらったな・・・。

婆ちゃんは9月一杯まで休日とか祝日にアルバイトでこうしてやっているんだって、
こういうのもアルバイトなんだなって思った。
まぁ夏しか売れないから社員は無理か・・・まぁ面白いよね。

DSC03624[1]
途中のスーパーで食い物を調達。
いつも通りパスタとパンである。
しかし、地方の都会のスーパーはスッゴイ安かったりするんだけど、地方の田舎のスーパーはびっくりするぐらい高かったりするな!!
まぁいつもイオンでばっかり買ってるから、そう思うのかもしれないけど・・・でも俺は安い方がいいや。

画像はなんか山肌が目立っていたから撮った。特に意味はない。

DSC03625[1]
17時ちょい過ぎでこの景色である。
秋の日はつるべ落としとはよく言ったものだが、早すぎだろJK。

DSC03626[1]
麦じゃないよ?米だよ。
この写真は結構よさげに撮れたと思う。
ちょいちょい夕焼けを撮りたくなる衝動に駆られるも、この日はまだ20㎞以上残していたので先を急ぐ、
主にグーグル先生に誘導してもらながら。

DSC03628[1]
グーグル先生、マジでこの道行けって言ってるの?正気?
たまにあの人本気で農道を行かせようとするからな・・・
行きましたよ?超砂利道でヒヤヒヤしたけど、まぁシクロだからな!!!

この写真も結構お気に入り。

DSC03630[1]
やせいのギャラドスがあらわれた!!

ドラゴンタワーっていうんだって、フーンって感じだね。
厚木の方にあるゲーセンで似たようなのを見た気がするよ。
写真で見ると結構明るそうに見えるけど、この時にもうサングラスからメガネにチェンジしないと危険なレベルで暗くなっている。

DSC03631[1]
18時半前だか後だかに道の駅 おおがたに到着。
ここに至るまでに真っ暗になり、かつ街灯もなく、虫は鳴き、蝙蝠は飛び、ライトをつけてもたいして見えず、
時折通りがかる車の明かりだけが頼りな状態でたどり着いた。

とりあえず無事に復帰初日が終わったのでリンゴジュースを飲む、美味い、そして星が凄く綺麗なことに気付く。
この辺りは街灯があまりないからよく見えるのだろう。

久しぶりにテントを張ろうかと思ったが、地元の人に24時間休憩所があるからそっち使いなよ的なことを言われたので、そちらに移る。
なんでも外はなんか凄いやばい蚊がいるらしい。

久しぶりにコンロでパスタ作ったけど、コンロの調子がわるく火をつけた時に物凄い燃え上がって前髪が焦げた。
正直これもタイミングをみて買い換えたい。
多分吹きこぼれた汁とかがこぼれたせいで、壊れているんだろうな・・・
燃焼効率も悪いのか、鍋の底が煤だらけだったし。
あと、イカスミパスタを奮発して買ってみたんだけど、アレだめだな、美味くないわ。
やっぱりインスタントはタラコと明太子が鉄板だな。

まぁそんな感じで終了。
こうやってブログを書いているわけだ・・・凄いな、その日のうちにブログ書くとかすっげぇ久しぶりだな。
まぁいつまで続くか自分でニヤニヤしてるよ。

出費
みそラーメン 630
ババヘラアイス 200
パン 78
カロリーメイト×2 296
十六茶 98
パスタ 258
ペペロンチーノソース 178
たらこソース 168
いかすみソース 198

合計 2104円
正直ラーメンは失敗だった。いや、不味かったわけではない、ただちょっと飽きた。
明日からはすき家にしようと思う。

本日の走行距離  128.02km
合計の走行距離 5372.14㎞

より大きな地図で なう(2013/09/23 18:37:58) を表示
初日から走り過ぎた。明日どうなるのか怖いわ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【89日目・2013/8/9】青森 故郷へ編   

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
・・・完結じゃねーよ!!!
でも、まぁ何とかやりきったから、後は部屋の掃除と、荷物の整理だけだ!!!

以下本編

朝起きると「天気予報で雨が降るってのは知っていたけど、まさかこんなスゲェ豪雨になるなんて・・・」
ってくらい凄い雨が降っていた。
正直真面目に東北新幹線の運行中止を心配するレベルでヤバイ降り方をしていたのだが、
やばいのはM上さんのお宅がある山の上方が局地的にやばかっただけで下のほうに降りてくるとまだ何とかなるレベルだった。
DSC03529[1]
弘前駅前までM上さんの奥さんに送ってもらう。
本当にM上さんには、夕飯連れて行ってもらうわ、朝飯もご馳走になるわ、車で駅まで送ってもらうわ、
何よりも1ヶ月半もの間荷物と自転車預かってもらっているわで頭が上がりませんです・・・

DSC03530[1]
弘前のねぶた。
コレも可能なら来年とか見に行きたいな。
五所川原も見てないからやっぱ来年バイクの免許とってもう一回北海道とねぶたは行きたいな。
VTRの赤い奴欲しい。

DSC03531[1]
電車に乗って新青森駅へ・・・
新幹線の発射時刻まで待合室で待機です。
俺一人で新幹線乗るとか初体験だったんですけど、結構何とかなりますね。

DSC03532[1]
これが俺の乗る新幹線だ!!!
最近の新幹線って白と青じゃないんだね。

DSC03533[1]
窓側の席がよかったけど、まぁそんな都合よく席は取れないですよ。
いいんです帰るのが目的だから、景色見るのが目的じゃねーから!
べ、別にガッカリなんてしてないんだからね!!!

しかし、俺が1ヶ月以上かけて来た道を5時間で終わらせちゃうんだからね・・・科学ってすげぇよな。

DSC03534[1]
とりあえず大宮に着くまでは、この500mlのビールをまったりと楽しみます。
ってか、多分もう俺新幹線の中でビール飲まないと思う、なんかあんま美味しくない。
つまみも高いから手を出したくないし。
車内販売で買うと高いし。
トイレも近くなるし、あんまり良くないよこれ。

そして大体15時くらいに地元に到着。
3ヶ月ぶりに帰ってきたら駅の改札が変わったりとかちょっと色々変わっていて少しだけ驚いたが、
基本的には大体俺が旅に出る前と変わらなかった。
そして戻ってきてまず食ったものが、日高屋のラーメン・・・今思うと他に何か無かったの?と自分に言いたくなる。
まぁ世の中そんなものだ。
その後についてはまぁ皆ご存知の通りだよ。ダラダラし過ぎて今に至ると。

出費
青森土産菓子 680
酒 310
中華そば 390

合計 1380円

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【88日目・2013/8/8】青森 さよなら北海道編   

おっしゃあ!これがほぼラス1!
ギリギリ午前中に終わらせられた・・・
正直個々2日のブログは「やっつけ」ロゴをつけてやりたいレベルだが、まぁしかたあるまい。

以下本編。

DSC03497[1]
光があれば影がある、始まりがあれば終わりもあるのだ・・・
なーんてはじめてみたけど、単にこの日はねぶたキャンプ解散デー。
この写真はかなりテント減ってから撮った写真です。
多かったタイミングではもっとカラフルだったりでかいのがいたりとにかく凄い。

DSC03498[1]
バイクも相当数減っている。
全盛期はもっとカブがぶわぁーーーーって並んでたんだけどね。
多分一番多いのって3・4日位じゃないかな。

DSC03499[1]
あんなに散らかっていた空間も、全部片付けてしまえばただの草むらになる。
なんかテント広げていたときはもっと広いと思っていたけど、片付けちゃうとなんか大したことないスペースだよね。

このあと残っていたミートメンバーのトミーさんと、F巻さんと一緒にミート解散式として、皆で記念撮影して解散。
チャリダーメンバーの方々にも最後に挨拶に行ったんだけど、タイミング悪く皆してスーパーに買いだしにいっているとの事で、
ゆーじろーさんによろしく言っておいてくださいとお願いして出発する。

この瞬間俺の北海道の旅は完全に終了した。
何言ってるんだ?もうそこ青森だろ?って思うだろうけど、
ここには北海道であった人達がほとんど揃っていて、なんだか本土って気がしていなかったんだけど、
ここから出たらもう大抵の場合どこかで合うのはよっぽど運命的なものじゃないと無理じゃない?
だからさーなんっていうかさーぁー言葉にしづらい、まぁなんかひとつの区切りがついたんだよ。

DSC03503[1]
いやー久しぶりに動いたわー。
なんかこう、ペダル重いわー。
函館に着いた日からこっちずっと荷物軽い状態でしか動いてなかったからヤバイ。
まぁそんなこと言ったら自転車を漕ぎ出すであろう明後日以降どうなってしまうんだって話である。
ぁー怖い怖い。

DSC03505[1]
走っていたらなんか気になる感じの「ラーメン屋」が!!!
もうさ、自分で突っ込まずにはいられない・・・俺ラーメン食いすぎ。
いくらラーメン好きとはいえちょっとラーメン率高過ぎでしょ?何なのお前?米食えよ。

DSC03504[1]
青森はーラーメン最高!!
青森のラーメンは世界一!!!
青森のラーメンは究極でかつ至高!!!!

いやー醤油ラーメン超うめーよ青森。
正直旭川の醤油とか目じゃないね。
煮干系の醤油ラーメンマジ超美味い。
マジもっとこういうの関東圏進出してくれねーかなー。

DSC03506[1]
ラーメンパワーをチャージしたのでかっ飛ばすぜ!!!
嘘だよ、食った後なんだから飛ばせるわけ無いだろ・・・それに普通に脚が劣化してたわ・・・
やっぱり落ちるときはあっという間だよね。気のせい?

DSC03507[1]
ファミリーマートとかすっげぇ久しぶりに見たぞ。
嗚呼セイコーマートが恋しい。

DSC03508[1]
久しぶりに走るのにいきなりこの気温は中々いやらしいわ。

DSC03509[1]
まぁそんな感じで、特に面白いものも無く弘前に到着します。
弘前では実家に帰るために、荷物と自転車を預かってもらう人と会う予定だけど、
まぁ相当時間が余ってるので、普通に観光するよ。

DSC03511[1]
つー訳で、弘前って言ったら弘前城!
お城見るのってこれで何回目だっけ?あれ?鶴ヶ城だけ???
他に何かあった?????

DSC03512[1]
どの辺がどう鹿なのだろうか?

DSC03513[1]
弘前城天守。
まぁ・・・こんなもんか?そんなにスッゲェみたいなのはないな。
大きさも大したことないし・・・鶴ヶ城のがやっぱ規模はでかかったな。

DSC03515[1]
松も凄いけど、ここは手前にある桜が凄いんだって、春になったら凄いんだって。
まぁ夏なんですけど・・・
看板に小さく咲いている桜が見えるね。
こういう感じの桜は関東のほうでは見ないから、是非一度咲いているところを見てみたい。
桜って好きよ?あと花の中では百合と彼岸花が好きかなー。

DSC03516[1]
もうちょっと早い時期に来ていれば、蓮の花が凄かったらしい。
少し残っているけど、やっぱりもうほとんど終わりだったね。残念。

DSC03518[1]
なんかこの橋を見ると、色と「春"陽"橋」という名前から、崎陽軒が食いたくなってくるんだ・・・
多分俺だけだろう。

DSC03520[1]
DSC03521[1]
鴨とか鯉とかいる。
ここの鯉は元気だったな・・・御薬園の鯉元気かなー。

まぁこんな感じで弘前城は終了。
ぇ?入らない入らない!もっとでかい城なら兎も角別にここは天守閣に入ったりしないね。
金取られるし。

DSC03524[1]
そんでもって次はここ、富田の清水へ。
所謂名水系のスポットだね。
ちなみに読み方は「とみたのしつこ」です。しっこではありません注意してください。

DSC03525[1]
昔どんなことで栄えていたのかが一目瞭然の名前である。

DSC03527[1]
水汲み場はこんな感じ、あのコップが置いてある辺りに直接ペットボトルの口とかを押し付けて汲みます。
下にたまってる奴じゃないよ?
俺も最初びっくりしたけど、地元民がそうやって汲んでいたので俺もそんな感じで汲ませて貰いました。
正直ちょっとだけ体制きついから落ちそうで怖かったw

DSC03526[1]
ちゃんと毎月検査してんでんで。

DSC03528[1]
さて時間がいい感じになってきたので、自転車を置かせてもらうM上さんに会う前に温泉で汗を流します。
流石に人様の家に泊めて貰うのに、風呂にも入ってませんってのは俺の流儀じゃない。
向こうも旅人とかなら、お風呂貸してくださいでいいかもしれんけど、親コネですからね。

しかしここの温泉は中々熱くて俺好みでした。
もう、汗がだらだら出るから、水風呂に長いこと浸かったり、一回出て水飲んだりしましたよ。

その後M上さんと連絡を取って、近くにあったお宅へ・・・
親父の同僚の方だと聞いていたので、結構お年を召した方だと思っていたら、全然若くて驚いた。
親父よ年功序列パワーで無理やり捻じ込んだんじゃないだろうなと心配になったが、まぁここまできたら素直に甘えさせてもらうより外無い。

IMAG0067[1]
夕食で街に連れて行ってもらう。
なんか俺1000円ちょいのミルク酒(焼酎)しかもっていってないんだけど・・・恐縮しちゃうわ・・・
因みにここで食べさせていただいた、ものはなんでも美味かったんですけど、特に「いがめんち」が凄く美味かった。
ぁーこれは次ぎ帰ってきたときに作ってみよう。
因みに「いがめんち」は弘前のB級グルメです。イカで作ったつみれみたいなのですかね?

IMAG0068[1]
IMAG0069[1]
その後店を移して、刺身とホヤをご馳走になりました。
生のホヤ食えたら「食べられるんだ!!」みたいな感じで言われたんだけど、食べられるのって普通じゃないのか?
それとも結構レアなの?

つーかなんでホヤの画像こんなでかくなるん?

IMAG0070[1]
とどめにラーメン。
正直に言うと結構お腹一杯だったけど、俺は好奇心とご好意に負けた。
ここはもう見た感じわかると思うけど、麺が結構独特。
しかし、本当に青森は醤油ラーメン人間には天国のような土地だな・・・

あと微妙に気になったのが、弘前って結構夜のお店があるのねってこと。
まぁ栄えているところだから仕方ないのかも知れんけど、一人で夜に変なところに迷い込むのは少し怖いね。
そんなシチュエーションねーだろうから問題ないけどな。

出費
あいす×3 240
ポカリ 168
ラーメン 600

出費 1008円

本日の走行距離 56.85km
合計の走行距離 5244.12㎞

より大きな地図で 一時帰省前 を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【87日目・2013/8/7】青森 徒歩散策編   

続けてうpるよ

この日はミートから長いこと一緒にいた古月瓜さんが出発してしまわれた。
ミート組みも翌日には完全解散である。
こんなおセンチな気分になるとは旅に出る前の俺は想像できただろうか?
北海道では本当にいろいろな人と出会えて楽しかった。
明日の夜にはまた旅に戻るけどまたこんな素敵な出会いがあるだろうか?
正直時間を空け過ぎたせいで、今は結構期待と不安が半々である。

DSC03489[1]
この日は一人徒歩で青森の街を散策。
フェリーターミナルがある通り沿いを、ひたすら街を目指して歩いていく。
何故か軍艦?みたいなのが停泊していたので写真を撮影。
俺艦コレやってないからわかんないっす。

DSC03490[1]
何故か飛行機まであった、多分博物館か何かあったんだろう・・・
別段ここで船とか飛行機とか見る必要性も感じないから軽くスルーする。
俺の目的はあくまで街だ。街に繰り出すのだ。こんな海沿いの寂れた場所じゃない!!

DSC03491[1]
横浜とか東京とかにありそうな感じの橋が見えてきた。
まぁぱっとみ規模はちょっと小さそうだがな・・・

DSC03492[1]
思っていたより遠い。
だが、この橋さえ越えてしまえばもう街である。

DSC03493[1]
橋の上から青森駅を撮影。
でかいけど、県庁がある駅の割にはなんかのっぺりしてるよなー。

DSC03494[1]
いい天気だから散歩にはもってこいなんだけど、いかんせん暑すぎるな。

DSC03495[1]
この日の夜は花火大会があるので、場所取りのシートが凄い。
これまだかろうじて午前中くらいの時間だよ?

という訳で街に到着したので、とりあえず昼飯でラーメンを食う。
もう何度目だよって言われるかもしれないけど、やはりラーメンは素晴らしい食い物だよ!!
まぁ写真撮り忘れたんだけどね。
長尾中華そばは醤油ラーメン好きにはお勧めです。

食後は近くにあったベンチでスマホを弄ったり、近くにあったメイトを冷やかしに行ったりして、
ねぶたの昼進行が始まるのを待つ・・・が、一向に始まらん。
なんか祭囃子みたいな音だけ聞こえるけど、全然ねぶたが来る気配が無い。
それでも辛抱して暫く待っていたら、なんか盆踊りみたいな行進だけ来て、やっぱりねぶたが来る気配が無い。

夜とかなら俺ももう少し辛抱しただろう、でもね、昼なんだ。
日光ガンガンで超暑いの。
帰りますよそりゃもう。別にねぶた自体はもう何回も見てるもの!
昼に見る意味って何ぞや!?
という訳で、来た道を引き返し、帰りがけにビールとアイスを買ったりしてキャンプサイトへ。

DSC03496[1]
数日前に買ったアボガドが駄目になりそうな予感があったので、マヨネーズ炒めにして食った。
アボガドに火を入れるのは初めてだったけど、マヨネーズ炒めは結構いい酒の摘みになると思う。
因みにアボガドからは発芽する直前だった・・・やっぱ温度凄いところに放置しちゃいけないね・・・

夜はキャンプサイトに戻り、F巻さんとトミーさんと一緒に花火観賞。
やはりこちらの花火も金がかかってますわ。
さらにこっちは結構柳成分が多めでなかなか素晴らしい。
写真?素人の花火写真そんな見ても面白くないだろ?
いや、普通にカメラ忘れました。
というか、写真撮ってると写真撮ることに集中し過ぎちゃうから花火そのものを楽しみきれんのよね。

出費
レシート紛失に付相当うろ覚えだから
概ね 1000円ということで・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【86日目・2013/8/6】青森 ラストナイトねぶた編   

出発まで12時間を切っていて浮き足立っている蛸です。
でもコレを上げたらあと1個書けば終わりだから何とか間に合うはず・・・
まったく最後くらい落ち着いてのんびりしたかったね。

以下本編。

DSC03405[1]
朝から残り物の手羽先を食いました。
最初は網焼きで食ってたんですけど、網焼きよりもフライパンのが火の通りが速いってことがわかった。
網の方が雰囲気は出るけど、やっぱりちゃんと火が通ることが大切だからな。

DSC03406[1]
テントの中はなんか末期的な感じになってくる。
あんまり長期間同じ場所でテント張り続けちゃ駄目だなーって事がよく理解できたよ。
でもね、結構この空間快適なんだぜ?

DSC03407[1]
いきなり昼飯の画像にジャンプ!
だってもう午前中何してたかわかんねーしw
銭湯の近くに丸亀製麺があったので、安く上げることを目的として行ったのに・・・
勢いでてんぷら二つつけたら660円・・・どうしてこうなった?

DSC03408[1]
日中はやる事が無くて暇なので、とりあえず銭湯に汗を流しに行ったら、夏の影が・・・
今年はずっと、音はすれども姿は見えず見たいな感じだったなー。

風呂上りは街の方へ移動し、新幹線の切符購入と、ご当地タンブラーでも仕入れるべくスタバへ。
しかし、東北限定ってやつはあったけど、青森って感じのご当地タンブラーは無かったので購入は見送り。
氷が融けきるまでテーブルでPCを弄る。
ホント電源があったらスタバは最強なんだけどな・・・

DSC03410[1]
夕方に残っていた豆腐を焼いて、醤油と生姜で食う。
数日こんなところに放置していたので、流石に生で食う勇気は無い・・・
まぁ味は概ね厚揚げみたいな感じになった。
無しではない。

食後は、ねぶたの最後の夜進行を見るべく街へ繰り出す。
いや、正確ではないな確か「ねぶたはもうどうでもいいっすよ!綺麗なお姉さんを撮りに行ってきますわ!!」みたいなことを言っていた気がする。
それがあんなことになろうとは・・・

DSC03414[1]
何この配置・・・今までで一番良い場所取れたんじゃないの?
とりあえず、邪な考えを捨てて真面目にねぶたを撮影することにする。

DSC03417[1]
いつも斜めとか横とかからばかりだったので、非常に新鮮。

DSC03420[1]
これは三国志モチーフの奴ですね。
確か裏が関羽。
因みにこれは「于吉仙人、小覇王を倒す」というタイトルなので、主人公は左かと思いきや右です。
小覇王ってのは孫策のことだね。孫権の兄貴な。

DSC03424[1]
綺麗なお姉さん来たじゃないですか!やったー!!ぶれてるじゃないですかやだー。
今日はもうずっとこんな感じ。
多分場所とりでなんか力を使い切ってしまったんだと思う。

DSC03425[1]
DSC03427[1]
DSC03430[1]
DSC03432[1]
この日はもういい場所が取れたので、山車成分たっぷりでお送りします。
ええ、張ってるだけでいいから俺も楽だしな!
実際のところそんな一個一個の山車に感想が言えるほど俺は感性豊かじゃない!!
残念だったな!!!

DSC03437[1]
お姉さんが来てるじゃないですかー、まぁまたぶれぶれなんすけどね・・・
なんなんだよ、いいんだよ山車よりこっちが綺麗なほうが俺は良かったんだよ!!畜生!!!

DSC03444[1]
DSC03449[1]

DSC03450[1]
ミスねぶたがキター!!!もう判別も出来ないレベルじゃねーか・・・

DSC03452[1]
DSC03454[1]
DSC03456[1]

DSC03458[1]
夜はこれで最後なので、跳人の人達も結構気合が入っています。

DSC03462[1]
DSC03461[1]
個人的にはコレが一番好きかな。
表で那須与一が船の上の扇を撃っていて、裏には撃たれた扇が舞っているっていうよく出来てると思う。

DSC03467[1]
DSC03469[1]
DSC03472[1]
DSC03473[1]
DSC03476[1]
DSC03478[1]
DSC03479[1]

DSC03480[1]
山車の後ろについて回って、楽器を鳴らす方々。
この人達もずっと後ろついて回って歩いて、手はずっと楽器を鳴らし続けているんだから凄いよね!
個人的には跳人よりもこっちの人達のパフォーマンスを見るほうが好きだったりする。

DSC03484[1]
義輝公ならもう少し刀が刺さっているほうが良かったかな?

DSC03486[1]
JRのお姉さん。
右側の顔が明かりで完全に見えないほうの人が、すごいいい声してて俺によし。
個人的にはこっちがミスかな。

この日は完全に一周分ねぶたを見られたので大満足で終わりました。
いや、お姉さん分がだめだめだったから大満足でもないか?まぁいい。

夜はもどって、F巻さんとか古月瓜さんとだべってEND。

出費
うどん 660
風呂 400
酒×2 256
スタバ 300
新幹線 16620

合計 18236円
夕飯の分のレシートが無い、この日の夕飯どうしたんだろう・・・やっぱり書き溜めは駄目だな・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【85日目・2013/8/5】青森 朝から手羽先編   

DSC03395[1]
この日はもう、なんかしんないけど朝からこんなものを食う。
もうね、行く場所ないからひまなんっすよ!!
材料は醤油とにんにくチューブと胡椒とスティックシュガーという超適当レシピ。
本当はここに酒とみりんが欲しいね。
実はこれ前日に仕込みしてて、本当はその日の夜に食う予定だったんすよね・・・
皆お酒はほどほどにね、料理とかする気がなくなるから。

DSC03396[1]
ほーら美味しそうだろー。
これまだ朝の9時とかだからな。
もうこの流れでいったら酒が出てくるんだろ!?とか思ったそこの貴方。
残念でしたーまだのみませんー。

DSC03397[1]
もう何回か登場してるね、トミーさんだよ。
トミーさんはねぶたの初日から最終日まで全部跳ねたとかいう猛者です。
実は昨日地元によってくれたので会ってきましたw
多分次に会うのは新潟か、富山辺りですねたぶん、まぁ会えればなんですけどねw俺チャリだしwww

DSC03402[1]
この日はじゃんぺーさんとF巻さんとずーっとだらだらしてました。
もうじゃんぺーさんと一緒のときはお互いに旅人ではなくただのオタですね。
この夏休みの間に一日家に着たんですけど、そのときもmjp一緒に見たりしたしwww
実はじゃんぺーさんは前の日の日中に訪ねてきてくれて、夜に気紛れな人さんとF巻さんとかと一緒に飲んだりしたんだって事を今書いていて思い出した。

記憶の欠落!記憶の欠落がヤバイ!!!
ところで記憶の欠落も今落ちてんの?もうMTG全然わかんない。
とりあえず堕落打っときます。

↓じゃんぺーさんのブログページ
じゃんぺーの日本一周 ダンボーと一緒!~星空の景色を見に行く~

↓気まぐれ氏のブログページ
Step by Step, and BackStep. ~気紛れ自転車乗りの日本一周旅行~

お二人のページもチェックしてみてくだちぃ。

IMAG0063[1]
昼飯は青森のB級グルメらしい「味噌カレー牛乳ラーメン」を食いにF巻さんとじゃんぺーさんと、味の札幌 大西なる店に出向く。
正直もうこの名前だけでヤバイ食い物が連想されるが、思っているより普通に美味い食い物である。
ただ、やはり合う合わないはあるらしく、隣で食っていた女性は結構な量を残したりしていた。
はっきり言うとヤバイ食い物を食べたいんだったら別に無理して食べなくても良い、そんなにやばい食い物ではないから。
まぁ普通に美味いし、話しの種にはなることだろうから、そういうものに飢えている人は是非。

因みに個人的には青森でラーメン食うなら煮干系の醤油が最高に美味いと思う。

DSC03404[1]
夕方はF巻さんとじゃんぺーさんとホタテを買ってきて焼いて食いました。
こういう食い方をしたのは実は初めてなんだけど、うまいっすね。
まぁ価格的に結構贅沢な食い物ではあるけど、下手な店で変なもの食べるよりよっぽど美味いという。
あ、どうでもいいけど来年ねぶたに行く人は、醤油は事前に用意しておいたほうが良いよ。
俺は醤油を切らして裏のスーパーで買おうとしたら売り切れてて笑ったわw
ちなみに100mlのやつな。

あとF巻さん色々付き合ってもらっちゃってありがとうございました。

夜はもうだるくなったので、ねぶたは見ないで終了。
流石にそんな毎日同じもの見てもねぇ・・・
夜遅くなった位にじゃんぺーさんが北海道に出発するとの事で、フェリーターミナルまで送って見送ったり、
フェリーターミナルで気まぐれ氏も見送ったり、
八戸に行っていた古月瓜さんが戻ってきたので、F巻さんとかと少しダラダラしたり。
手羽先をトミーさんにあげたり・・・アレ?アレは翌日だっけ?
あと、日中とか夜とか雨が降ってきたタイミングがあった気がしないでもない・・・

なんか、かなりダイジェストで書いてるが、
ようするに細かいことは既に忘却(青)(青)であるので、お察しいただきたい。

写真ってのは記憶というテーブルに対するキーだよね。
要するにキーが無いデータは引っ張ってこれないんだよ、しかたないよね。
無作為に取得すればそのうち出てくるかもしれないけど、少なくとも今は出てこないから今回はこんな感じで終了。
決して手抜きではない!手抜きではないよ!!

嘘です。

出費
酒 108
ブタメン 68
酒 108
豚バラ肉 226
醤油 138
飲み代(割り勘) 740

合計 1388円

移動は駅までだから0でいいよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 4

【84日目・2013/8/4】青森 三内丸山編  

本日二本目。
あと5日分くらい?死ぬ。
今日後で出かけなきゃいけないから、ちょっと厳しいかなー。
まぁあと写真凄い多いのって、8月6日のねぶたくらいだから頑張ろう。
アレだな、夏休み終了直前になって夏休みの宿題をやっていたときも、きっとこんな気分だったんだろうな。
まさかこの歳になってそんな気分を味わうことになろうとは・・・自業自得過ぎる。

以下本編。

朝一でチャリダーの方々が固まっている辺りの様子を見に行ったら、
なんかまこ亭さんのテントがすげぇことになっていたことだけは覚えている。
具体的に言うと一人用のテントに二人入っていた。
超スピードとかちゃちなものじゃなかったけど詳細はそのうち本人が書いてくれるだろう。

その後俺はとある場所へ向かう。

DSC03350[1]
もうタイトルでバレてるからいいね、三内丸山遺跡です。
ここはキャンプサイトからも程よい距離で行ける数少ない観光スポット。
もうここが終わると自転車乗りは他に何処にも行き様が無いという(あくまで俺の場合)最後の砦である。
最後の砦をこんな速攻で使っていいのかという話もあるが、どっちにしろ暇だから仕方ない。
ちなみに日中暇で暇で暇すぎて、結局最後までいることを諦める人も多々いる。
バイカーの人は竜飛岬行ったり、白神山地行ったり、奥入瀬とか十和田とか色々行ってました。

DSC03352[1]
先に言っておくけど、これらのものはレプリカだからね?
こういうものが残ってたわけじゃねーよ?
それだったら心躍るんだけどね。

ここ無料では入れるのが魅力で、入り口とかに「目指せ!世界遺産登録」みたいなのが書いてあるんだけどさ・・・
地元の人が気を悪くしたら申し訳ないけど、これが世界遺産登録は無理だろ?
むしろ何か間違って世界遺産登録なんてされたら、新たなガッカリ観光地とかで取り上げられる気がするぞ。
てか文化遺産としても自然遺産としてもちょっと弱いよね。
今のままの方が俺はいいと思うわ。

DSC03353[1]
上の写真に写っている建物の中身。
ぁー俺結構こういう場所好きだわ。
むしろ、世界遺産なんかに登録するんじゃなくて、近くに類似の宿泊施設を作るべき。
このなかで藁敷いてその上で寝ても良いみたいな。
多分ねぶたでキャンプしているような人種なら喜んで泊まっていくから。
宿泊料金は1k以内に納めるべきだけどな。

DSC03354[1]
となりの櫓。
これどうやって登るんですか?アサシンですか?

で、じゃあいったい何処に本物の遺跡があるのよ?って話になるんだけど・・・

DSC03357[1]
「私はドーム、かつてニュータイプと呼ばれた者・・・」

じゃなくてー、まぁこんなのの中に何かがあるわけですよ。

DSC03355[1]
こんなんとかー

DSC03359[1]
こんなんがね。

中は湿度がすっごい。
ここは洗濯機置き場かってレベル。いや、それ以上だな。
保全のためにこうしているらしいけど、外とのあまりの差に最初はちょっとびっくりする。

しかし、うーんやっぱりなんかこうちょっと、まぁ日本のスケールじゃ仕方ないかも知れんけどねー。
何が言いたいかわからない?じゃあわかりやすい例を紹介しよう。

「遺跡」という響きに期待するもの
skyrim_3_007.jpg
SKYRIMじゃねーか!!
しかたないだろ!SKYRIM大好き人間なんだから!!
やっぱり俺的には遺跡ってのはゲームの中に出てくるスゲェアレになっちまうんだよ。
画像は「SKYRIM 遺跡」で検索かけて適当に持ってきました。

わかるよ?実際は結構地味なものであるって事は。
ファンタジーみたいな遺跡がみたけりゃアンコールワットなりマヤなりマチュピチュなり行けよって話しになるのも知ってはいるよ?
でも俺の中の遺跡は、FFとかグランディアとかLUNAR2とか少年時代にやったゲームのあーいうので構成されているんだよ!!
地面に穴があったり、割れた土器が散乱してたりするようなんじゃねーんだよ!!!←こういうのがゲーム脳です。
最終的にSKYRIMのイメージになっちゃうのは仕方ないといえるだろ?

まぁいいや、次にいこう次に。

DSC03361[1]
高床式なんちゃらですね。
残念だけど中に入ることは出来ない。
こういうのの中で、雨の日にどれだけ耐えられるものなのか体験してみたいね。
さっきかなりdisったけど、嫌いじゃないからね?勘違いしないでよね!?

DSC03362[1]
これは茅葺の住居の再現だね。
ムーミンにモランっていたじゃないですか?アレに見えませんか?俺だけですか?

DSC03364[1]
モラン内部。
入り口超狭いです。
背の低い俺でも狭いと思うんだから、背の高い人にはもっと大変だろうね。
こーいうところで火を起こして一晩過ごしたい。

DSC03366[1]
他にもこんな家とか

DSC03367[1]
こんな家があります。

DSC03368[1]
たしか貝塚かなんか。
塹壕ではない。

DSC03369[1]
一通り外を見終わったので、資料館的なものを見に行く。
そしたらいきなりこれだよ!!
狙ってるのか?狙ってその方向に指をさしているのか!?

DSC03376[1]
土偶。
絶対に邪神とかそういう類ですね。顔に書いてあります。
つーか光の当て方とか普通に怖いんだよ!小さい子供が見たら怖がるだろ!!
絶対狙ってやってるだろ!!!

DSC03377[1]
DSC03378[1]
石匙と黒曜石の槍。
槍のほうは兎も角として、匙のほうにも幾つか殺傷能力がありそうなのがあるんですけど・・・

DSC03381[1]
土器を一杯飾ってある。
修復する人は凄いよね。
しかし、こんな縦長で水が浸透しそうな器に何入れてたんすかね?
それとも思いのほか水は浸透しないんですかね?

DSC03382[1]
土器に漆って塗れるんだね。

DSC03384[1]
子供用の骨壷だそうで、一見普通の土器と同じに見えますけど、底の方にある穴は人工的に空けられた穴で、
普通の器と区別されているんだとか。

DSC03385[1]
成人の墓の再現。

まぁ三内丸山遺跡は大体こんな感じどす。
無料だし、それなりに時間は潰せるよ!!無料だし!!!

DSC03387[1]
そんな感じで昼過ぎくらいにキャンプサイトに戻ってくる。
テント設営してから24時間たっていないのにこの状態。ちなみに中は超暑い。
直射日光バリバリなのでサウナです。汗だらだらです。

という訳で午後は近く?の健康ランドで久々の風呂。
やっぱり風呂はいいね。
旅をしているときは、もう風呂ってのは結構な楽しみだったんだけど、実家戻ってからはシャワーばっかです。
なんなんですかねコレ?
まぁ外で入る風呂は足が伸ばせたり、温泉だったりするけど、実家の風呂じゃどっちもねーからな。
まぁそんな風呂があるような家は普通無いだろうけど。

DSC03386[1]
夕方近く。
この日も割引弁当狙いだったので、21時過ぎないと飯は無いなって事で持ってた缶詰を消化。
保存は利くし、そのまま食えるけど、缶詰ってダイレクトに重さになるのよね。

DSC03388[1]
夜は例によってねぶた観賞。
俺はROM専!俺はROM専!!跳ないからね!!!
ちょっと楽しそうだとは思ったけど、だとしても、俺は、跳ねない!!!!
それが俺の正義<<ジャスティス>>!!!!!!!

いや実際問題、膝と腰はしょっちゅう爆弾つくし、衣装代に4000円とか高いし。
衣装貸してくれるって人もいたけど、やるなら衣装自分の奴欲しいし、でも4000円は高いし、
結論として俺はやらないのだ。

DSC03393[1]
こんな変な仮想の人たちもちょいちょいいます。
何故か仮面ライダーコスしてる人とかも見ました。ブレブレだったんで写真はないですけど。

DSC03390[1]
関羽雲長のねぶた。
たぶんこれは色的に2.5コスの長槍関羽だと思う。
個人的には鬼神関羽が好きだね。

ねぶたのモチーフは結構三国志・水滸伝あたりから使われているものが多い。
もちろん日本の伝説と逸話とかそういうのも多いけどね。
個人的には三国志推しの人間なので関羽にはちょっとテンション上がったわ。
なんといっても小学生のときに横山三国志を読んでいた人間だからな。
どうでもいいけど「関羽」って一発変換して欲しいよね。

DSC03394[1]
しかし、やっぱり「ねぶた」は凄いね。
嗚呼日本の祭りだなぁって感じ?
俺の地元にも浜降祭って結構有名な祭りがあるんすけど、アレともまた違うね。
正直に言うと、毎年同じ神輿を見る浜降よりも、おそらく毎年違うであろう山車をみられるねぶたのがやっぱり凄いね。
なにより、夜に光るねぶたは非常に綺麗である。

出費
バニラコーラ 125
アイス 69
手羽先 273
酒×4 522
カレー 98
レンチン米 100
豆腐 58
もずく 98
弁当 318
袋 2
先頭 400

合計 2063円
再開したら酒の量は減らします。

移動は微々たる物なので誤差扱いで打ち消し。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【83日目・2013/8/3】北海道⇒青森 さよなら北海道よろしく青森編   

朝から一発上げたぞ!偉い俺!!
今日は多分まだ上がると思う。
だってもう時間が無いんだもの、そろそろ荷物も準備しないといけないし・・・あんなに時間があったはずなのにいったいどうしてこんなことに・・・
なぜオレはあんなムダな時間を・・・まぁ言ってもしょうがない。

以下本編。

DSC03302[1]
最終日ということで、ライハの前でマイチャリと記念撮影した。今までライハの外観の写真とかなかったしね。
右は千葉から日本一周をしている人の原チャ。
こんな写真撮るってことはもう出発か!!?と思いきや・・・

DSC03303[1]
まだ時間があったから、スーパーで北海道限定のリボンナポリンを購入。
べ、別にペルソナ4に触発されたわけじゃないんだからね!!!(登場してるって知ったのはついさっきである)
味?
うーん、北海道はやっぱりキリンのガラナが至高かな。
でも、ほら、ハイカラだろ?

とりあえず船の出港まで時間があるので、ちょいちょいだらだらーっと過ごします。

DSC03304[1]
14時35分出航の船を予約したので、だいたい11時位までだらだらし出発。
滞在中何度も見たこの景色もこれでお別れだよ。
まぁ、晴れてよかったって所か。

DSC03305[1]
フェリーターミナルに行く前に、昼飯を食す。
本当はセイコーマートでホットシェフの豚丼を食おうと思っていたんだけど、
なんか最後にコンビに飯もなんだーなと思ったので、ラーメンで・・・皆好きだろラーメン?
あじさいとかいうところに行きました。

なんで日本人こんなにラーメン好きなんだろうねー。すっごいよねー。
ぶっちゃけ寿司よりもラーメンのほうが食われてるだろ?俺寿司とかスーパーの奴しかほとんど食べないよ?
回転すらいかねーぜ?
ラーメン最高!ラーメン万歳!ラーメンに栄光あれ!!!

DSC03306[1]
俺が乗るのは青函フェリーだけど、津軽海峡フェリーの乗り場にお土産を見に行く。
(青函フェリーにはお土産売り場的なものは無い)
青森で実家に戻るために、自転車を置かせてもらったのだが、その方へのお土産である。
なんかいろいろ酒はあったんだけど、こう、もう名前に惹かれてしまったのでこれを購入。

DSC03307[1]
はいはーい。
これが今回お世話になる「あさかぜ 5号」ですよー。
津軽海峡に比べると安いというのが魅力です。
船内のデザインとかは・・・比べちゃいけないよ、ジャン!!
まず船内に酒の自販機がない。
いや、俺はゲロゲロゲロッピーだから船の中で酒とか飲む気無いからいいんすけどね?
でも、ちょーっと寂しいかなーって。
あと、全体的にやっぱり津軽海峡フェリーのが綺麗である。

でもっさー、たかだか3~4時間位の船旅だし、別段そんな気になんねーから一般的な人はこっち使えばいいと思うよ?
津軽海峡高いんだもん。まぁ比較しただらけど。
ちなみに今まで乗ってきたフェリーの中で最強だったのは、大洗⇒北海道のどっか(覚えてない)のサンフラワーかなー。
船内にレストランとかあった気がするし、ラウンジで雪見大福とか食った覚えがあるよ・・・そんでラウンジのカーペットの上に落として3秒ルールで食ったわ。
まぁなにより、一晩過ごすようなタイプのフェリーだから比較しちゃいかんのかもだけどね。
懐かしいな、ジャンプかったら封神演義で太公望と王天君が融合するあたりだったなー。

DSC03310[1]
さよなら函館。さよなら北海道。
お前も中々の奴だったよ・・・

DSC03311[1]
船に乗船する前にバイカーの兄ちゃんに話しかけられ、船の中では結構な時間その兄ちゃんと話したりしたのだが、
この兄ちゃん北海道から旅に出発するであろう、女性3人組とかに積極的に話しかける。
さりげなく飴玉を渡して、お返しのお菓子をもらったりする。
これがイケメン力というやつか・・・なに?なんなの?すごいね?俺にはとてもじゃないけど真似できないよ?
甲板で一人でいるところを狙い撃ちとかすごいっすね。
いや、まぁ実際のところ中々の好青年だったね。

DSC03319[1]
大間から函館に渡ったときとは違って、今回は結構時間もあり、ずーっと外にいるわけにもいかなかった(ベンチも無かった)せいで、
めでたくグロッキー状態となった俺は、航海時間の半分以上を寝て過ごすこととなった。
やっぱり何事もどうしようもなかったら寝るのが一番だな。

DSC03320[1]
「F55X、出るぞ」

まぁ何事も無く青森に到着し、キャンプ場へ向かう。
豪華客船なら兎も角、2~3時間程度しかのらないフェリーで何かあったら嫌だよな。

フェリーを出た後、近くにいた警備員を捕まえてねぶたキャンプサイトへの道を聞く。
キャンプサイトを発見し、さてどうしたものかと考えていたら、なんとミートハウスで一緒だった古月瓜さんにばったり遭遇。
彼はちょうど夜のねぶたを見に行こうとしていたところだった。
テント張ってる辺りに連れて行ってもらえたので、そこでテントを設営。

DSC03321[1]
流石に長期滞在確定だったので今回は気合入れてテント張りました。
ペグもしっかり打ったし、ブルーシートもはみ出ないように気を使ったりこの旅一番ちゃんと張れたと思うよ。

キャンプサイトは凄いことになっていた。
もう、バイクとテントの展示会状態である。
色とりどり、形もバラバラなバイクとテントが至る所にあるのだ。
当然のように良い場所(テントが朝日に対して陰になる場所)はもう満員って感じだった。
自転車は結構壁に立てかける人が多いせいで、あまり展示会状態にはなっていない。
微妙に嬉しかったのは、俺と同年同型のテントの色違いを使っている人が数名いたことだろうか?
同色は見た限りではいなかったけど・・・皆モンベルテントとかばっかだからダンロップユーザいると嬉しくなるね。
因みにダンロップユーザという括りにすると結構な人数がダンロップのテントを使っていた。

DSC03322[1]
折角到着したので、ねぶたを見に行こうか迷うも、なんだかねぶたの方角にやばい感じの雲ががが、
行くかどうか迷ったけど、まぁ濡れたらその時だと言うことで覚悟を決めてねぶたを見に出発。

DSC03326[1]
この日は子供ねぶたの日だったので主にそちらの写真をチョイス。
ちゃんと大型のねぶたもいるにはいるんですけどね?
でも子供ねぶたでも俺なんかはそもそも見るのが初めてなので迫力があります。
まぁあんまり説明はいらんかね。こういうのは見て感じ取れ。
Don't think Feelの精神だ。

DSC03327[1]
DSC03333[1]
DSC03336[1]

DSC03339[1]
でも、この日一番良かったのはこれだろJK、いやJDか。
綺麗なお姉さんたちが惜しげなく生脚を晒して練り歩いていらっしゃる。
それが一人二人ではなくこうもたくさん、しかもこうあんまりケバくないのが良い・・・うーん眼福。
やっぱり脚ですよね脚。脚最高ですよ。
もう直ぐ皆脚を出さない季節になるのかと思うと僕は寂しくてなりませんよ。
まぁぴっちりしたデニムとか、ストッキングとかも最高ですけどね。
・・・あ、自重します。

翌日はこの青森中央学院大学の看護学部を見るために行ったのに、残念ながらいませんでした。
多分子供ねぶたの日だけの参加だったんだろうな・・・

DSC03347[1]
スポンサーの宣伝?みたいなのでこんなのも引かれています。
ラッセラーラッセラーって書いてあるのが好感もてるね。まぁ俺あまりNEC製品買わないんだけどね。

どうでもいいけどラッセラーラッセラーだとAKIRA出てくるのは俺だけですか?
金田バイク欲しいです。
差し詰め今の俺は、健康優良不良青年って所か?(まだ中年じゃない!)

この日は最後まで見て撤退、跳人の鈴を二つ拾えた(縁起物である)。
戻ってから、キャンプサイト裏のスーパーで半額でない弁当を買い、
いや、30%OFFではあるのだけど・・・アレだな、ねぶた中は足元見てるな。
結構な人があそこで衣装買ってたりするんだから少しはそういうところでやさしくしてくれてもいいと思うの!!
まぁ俺買ってないけどねw

フェリー(自転車込み) 2950
牛乳 125
レンチン米 98
レトルトカレー 98
シャーベットアイス 58
リボンナポリン 135
ラーメン 700
お土産酒 1171
豆腐 58
いかから揚げ 173
金平ごぼう 87
弁当 318
食パン 88
酒×2 256
野菜ジュース 78

合計 6393円
なんかこうさー貯金が寂しくなってきたなーとは思ったけどさー
うわー頑張ろう。
節約しよう。

本日の走行距離 10.1km
合計の走行距離 5187.27㎞

大きな地図で見る
ログなしにつき手書きです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【82日目・2013/8/2】北海道 イカ祭り編   

流石に日がないし、やることないからちょっと真面目にブログ更新する。
こんなブログでも楽しみにしてくれている人がいるらしい、ありがたいことである。

正直自分で言うのもなんだけど、最近は内容うっすいよね!薄い本もびっくりだよ!!
もう記憶がパッパラパーだもんw本当写真撮った前後くらいのことくらいしか覚えてないのよねー。
だから復帰後以降はもうちょっと頑張ろうかなーとか思ったり、思わなかったりしています。
なのでねぶた編終わるまではこんな感じなのでサーセンwww
裏でBBAとクッキーでも焼きながら読んでもらえばいいんじゃないかと。

イカ本編。

この日は、数日間ライダーハウスで共に過ごしたF巻さんとか、トミーさんとか、古月瓜さんとか、サハリンの人とかその他もろもろの方々も皆して青森に出発しちゃうんだって!!
俺?全面的に見送りだよ!!

↓古月瓜さんはブログで名前を挙げたのは初めてだったのでこちらブログです。ただもうゴールしてしまった方です。
バイクで日本一周してみよう。
やっぱバイクははえーよ。

DSC03270[1]
お洗濯だよー。
嗚呼、もうすぐまたあの何でもかんでも手洗いしないといけない生活が始まるのか・・・
まぁそれはそれで楽しいんだけどね。
これから日差しが弱くなってくるだろうから写真の綿のパンツは置いて行こうかなーでもなーそうすっと一本買わなきゃだしなー
出費がー出費がー

DSC03276[1]
最初に函館に来たときに塩ラーメンを食った店で醤油ラーメンを食いたいと思って、チャリこいで行ったら・・・
これかよ!!?
何なんだ?運命のめぐり合わせ!?そんな運命俺は要らない。

結構楽しみにしていたから割とガックリ来たのよ?

DSC03277[1]
仕方ないので同じ通りにあった別の店でラーメンを食す。
やっぱさ、一回胃袋がラーメンになってしまったら、そこから修正するのって結構難しいよね。
ただ、俺が頼んだ奴(なんかちょっと特殊な醤油味)はちょっと甘い系の味だったので、次があったら普通の醤油にする。

DSC03278[1]
街はすっかり函館祭りムードである。
そんな中お土産でも見るかということで、赤レンガの辺りへGO。

DSC03279[1]
DSC03280[1]
結果。
ビールは勢いで買った。
度数10%という表示に心が惹かれ過ぎてしまった・・・

そして下側のバターサンド、
俺はこのバターサンドを一人で全部食べるのが、夢だったんだ!!!!←萩の月の時も同じことしたね。
だってバターサンド超美味いじゃん?
やっぱりブルボンのアレとは違うよ、アレはアレでいいけどさ!

まぁ、今思うと全体的にもっと節約するべきだったと後悔している。
具体的にいうとビールとかビールとかビールな。

ぇ?お土産買いに行ったんじゃないのかって?
だってバターサンドにも書いてあるけど、25℃以下で保存なんて無理ゲーに決まってるジャン?
翌日には青森のねぶたキャンプサイトですよ?日中地獄になることはもう考えるまでもないね。
30℃以下ならまだ考えたけどさ・・・まぁいやらしいことを言っちゃえばお土産分出費減ってよかったっちゃよかったけどね。
ちなみに俺の中に送るって言う選択肢は無かった、もうすぐ実家に帰るの確定だったし、そういうタイミングで送料がかかるのは何か悔しいからな。

DSC03281[1]
DSC03283[1]
夕方くらいにイカ踊りを見に一人街へ繰り出した。

アッレーオカシイナーナンデボクヒトリデミテイルンダロウ?
いや、マジデ一緒に泊まっていた人たちがまさか皆イカ踊り見ないで出発してしまうとか完全に想定外だったんだよ!
だって見るだろ!!?普通は!!!!見ないの!!!??寂しいよちくしょう!!!!!

もうしかたないから良い脚しているお姉さんを探す作業に従事することにしたわ。

DSC03286[1]
なんと外人の方々まで参加してます。
しかも皆楽しげです。てか外人のお姉さん方が凄いんですね。
何が凄いって?お察し。
もうずっと追い掛け回していたかったわ。
てか、今思うとこのグループ私服OKの自由参加みたいなグループだったから俺も入って踊ればワンチャン・・・ねーな。

俺が思うにイカ踊りと、ねぶたの跳人のどっちが敷居が低いかというと、
イカ踊りの方が圧倒的に敷居低いね、私服OKなのがでか過ぎ、ねぶたは衣装代に4kとか取られちゃうけどこっちはそういうの無くても何とかなるしね。
あとこっちの方が適当。すっごく適当。もう曲からして適当。
イカ刺し、しおから、イカソーメンまではわかる・・・けどイカポッポってなに?
まぁググレよって話だけど、あえて俺はググらない!それが俺の正義!!(謎は幾つか残しておくほうが面白いだろ?)
まぁ一回くらいYoutubeで曲聞いてくればいいと思うよ。

DSC03295[1]
DSC03296[1]
踊りの一団の前にはこんな感じのトラックがついて回って、執拗にイカ踊りの曲を流し続けている。
もう本当に凄いよこの洗脳ソングというか電波ソングw
翌日の朝になっても頭の中から離れないレベルで洗脳しにかかってくるからねwww
マジで一回聞いてみて?

DSC03298[1]
こんな感じで、歩道に子供が出ていても特におまわりさんが飛んでくるとかない程度にてきとーですw
いきなり突っ込んで行って踊りだしても回りが温かい目で見てくれます。
まぁこっちはねぶたみたいに山車とかないからそんなに危険性がないってのもあるけどね。

DSC03300[1]
まぁ流石に一人で見ているだけだとそんなに長い時間持たないねw
みんながずーっと踊っているだけだし、露天とかは高いし、サクッと撤収します。
帰りがけにラストラッピでラッキーエッグしました。

DSC03301[1]
もどって一人出費の計算をひたすらして(このとき札幌とかの出費額を正確に出したことによって絶望する)
最後のサッポロクラシックを楽しみつつ、ずーっとラピュタ見てました。
もう何かと理由をつけてサッポロクラシックが飲みたいだけだろって言われたら否定は出来ないし、否定もしない!!
因みに俺はバルスとかツイートしない派の人間どす。

出費
ラーメン 780
アイス 100
地ビール 630
ロイズの板チョコ 347
バターサンド 5個 580
ラッキーエッグバーガー 390
サッポロクラシック 195
宿代 500

合計 3522円

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【81日目・2013/8/1】北海道 方舟解体編   

最近は南の島でバカンスを楽しんでいます。蛸です。
いや、SteamのセールでFarCry3が50%セール来てたから思わず暇つぶしに買ってしまったんだけど、
これのせいで漫画の立ち読みのとき以外、外に出ない生活が始まってしまった・・・
もう再出発までジャスト1週間なんだから、流石にちょっと、ええ、なんとかしたいですことよ。

ああ、再出発ですけど、21日の夜に夜行バスで弘前に戻って再開って事になりました。
確定です。とうとう夏休み終わります。
正直長過ぎて本当に駄目人間でした。
まぁ再開してどこまで行くかわかんないですけど・・・外で越冬できる気はしないんで・・・

個人的には11月位に出雲に入れたらいいなーくらいです。
出雲の神在月みてみたいんすよね。
まぁ問題はそこから九州に渡るかどうかってところでしょうけど、まぁそれは出たとこ勝負で考えるわ。

以下本編。
この日は、ラッキーピエロが話題に上がると必ずといっていいほど出てくる「ふとっちょ」バーガーを食いに
昼からラッキーピエロへ行く。
何度目だとかいうなよ?

DSC03222[1]
一人でひっそりと食べるかと思いきや、お店でたまたま同じライハの人と会ったので一緒に食べることに!!
しかし・・・凄いだろこれ?
いきなり傾いて登場するとかびっくりですよ。つーかちょっとグロだよねこれ。

ところでさ、劇場版パトレイバーって超面白いよね。
ジブリもいいけど、たまには違うアニメ映画を見るのもいいと思うよ、劇場版パトレイバー1なら前知識なしでも多分大丈夫。
幼稚園のときの俺平気だったし。
あ、でも小さい子供に見せるのはやめたほうがいいかもしれん、俺みたいに勘違いしてIT業界に就職する可能性がある。
なんでそんなことを書くのかって事は、見たことある奴ならなんとなく理解してくれるはず。

DSC03223[1]
いきなり大きく傾いていたのが気に入らなかったので、上の串を指で押さえて無理やり立たせてみた。
どう考えても、一口で収まるサイズではない・・・
でもまぁ自転車乗りなんで、このときは「ちょろいな・・・」とか心の中で思ってました。

「ねえ、いったい何がはじまるの?」

「方舟を、ぶち壊すのさ!!!」

DSC03224[1]
はみ出ている部分をナイフとフォークを使って解体していく。
ぶっちゃけ画的にはあまり綺麗だとは俺も思っていない。

「Dレベル 第7ブロック の パージ が 実行されます」

DSC03225[1]
ここまではまぁ結構綺麗に解体できてたんだけどね。

DSC03226[1]
もっと周りを丁寧に削っていかなければいけなかったね・・・
多分このレタスの上くらいで1号機と零式が最後の戦いするんだよ。

DSC03227[1]
完食(BGM:朝陽の中へ)。
腹は相当膨れるし、味はまぁいいんだけど、正直俺はラッキーエッグバーガーがやっぱり最高だと思った。
つーかあんまりちょろくなかった。
ちなみにこの上にさらに二つやばいやつがある。
因みに値段も当然のようにやばくなるが、まぁ、俺はもう頼まないね。
ネタとして一回食えば十分。

DSC03228[1]
こんなの貰えます。
完食するまえからおいてあったけど、その辺りはファストフードクオリティw
まぁラッピはあんまりファストフードっぽくないけどね。

DSC03221[1]
ついでに椅子がこんな感じでブランコだったので食いづらいことこの上なかったw
壁は鏡張りで椅子がブランコとか、どこのいかがわしいお店だよwww
(蛸はいかがわしいお店に行ったことがないので、全面的に妄想です)

DSC03229[1]
Standing by・・・Compleate
555番が開いていると積極的に回収しに行くのは多分俺だけだろう。
どうでもいいけど昨日は913の日だったね。

食後は、谷地頭温泉に行ってくつろいだ。
ここの温泉は色付きだし、露天風呂の形が五稜郭の形をしていたりしてなかなか凝っていて良い。
ただの銭湯に400円払うならこうしてちょっと距離があっても温泉に入るほうがダンチで良いよね。
値段変わらないんだからなおさら。

DSC03230[1]
風呂上りにこんなものを見つけてしまったら寄らざるを・・・いや、買わざるを得ない。

DSC03231[1]
ちゅうわけで、買ったよビール・・・9度だか8度だかとにかく普通のビールと比べてアルコール度数高いよー。
味も濃いねー。
俺はこういうの大好きだけど、駄目な人には強過ぎるかもしらん。
まぁ正直無理して函館で飲む必要はないなw

DSC03232[1]
まったりしていたら、前に函館で別れたキヨが尋ねてきた。
なんでもiphoneが水没してやばいらしく、PC持っている俺のところに来たとのことだが、
残念ながら大した役には立てず・・・やっぱり旅に持っていくならある程度防水性能がある奴がいいっすね。

DSC03237[1]
夜はライダーハウスの皆さんと一緒に函館の花火鑑賞!!
これだ!このときを待っていたのだ!!!
三脚なしにしては結構綺麗に撮れているだろ?
缶ビール2段重ねにしてその上に押さえつけたりして無理やり固定したんだぜwww

DSC03239[1]
やっぱり地元の花火とはお金のかけ方が違うね・・・
一度に上がる数が違うもの・・・

DSC03240[1]
右のほうになんか写っているのは、この日ライダーハウスに到着した方のカメラの液晶w
この人はなんとサハリン(ロシア)までバイクで行ってきたんだって!!すごいよね!!!
流石に俺は海外とか怖いから無理だわ・・・パスポートは何故か無駄に10年の奴持ってるんだけどな!!!!

DSC03242[1]
しかし、わりと暗くなってから行ったのに、かなり良い場所で見られたわホント。

DSC03265[1]
DSC03266[1]
クライマックスはやっぱり柳です。
俺はこの柳が一番好きだね花火の中で。
正直俺的には柳だけあれば他の花火いらんってくらい柳が好きだ!!!
ただ正直函館の花火はちょっと気持ち少なかったから少しもやもやでした。

DSC03269[1]
終わってから、例によってスーパーに行きましたけど、
すっげぇの車が。
昼っから露骨に路上駐車の車多いなーって思ってはいたし、皆してアレみんな花火待ちだろって言ってたけど、
いやーテールランプで真っ赤だね!!!
車なんか出来ても酒も飲めないし、よくくるわよね。

そんな感じでこの日は終了。

出費
太っちょバーガー 800
温泉 400
酒×4 478
ポテチ 78
菓子パン 98
サンドイッチ 122
惣菜 80
宿代 500
修道院ビール 640

合計 3196円

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【79・80日目・2013/7/30・31】北海道 堕落編   

どーもブログの更新遅れまくっております。蛸です。
ぇーと復帰とかですけど、今週末とか言っていたな・・・アレは嘘だ。
ごめん正直に言うとMJPの最終回が来週だから、最終回をでっかくて綺麗な画面で見たい。
なのでとりあえず、先方に20~23で現在調整中です。
うん、そこが決まったら流石に復帰しないと、このまま再起不能になりかねない、ヤバイ。

以下本編ですが、今回は2本立てです。
ぶっちゃけ写真も少ない、記憶も薄いのでちょっと無理しました。
手抜きって言わないで!!怠惰過ぎってせめないで!!!
本当にちょっと反省しているけど、最近の怠惰な俺に出来る精一杯なんです(ぉ
まぁそんな感じでスタート。

7月30日
朝からブログの更新活動に勤しむ(確か)。
もう結構記憶があやふやで・・・1ヶ月以上も前の話だからな!!!
しかも写真が3枚しかないから、なんかもう全然思い出せない。
やっぱり記憶の補助という意味でも写真はもっと積極的に撮らなければいけないと思ったわ。

DSC03211[1]
一緒に泊まっていたF巻さんからホワイトサンダーを頂く。
空けてから写真を撮っているあたり、俺が非常に残念な思考状態だったことがわかる。

DSC03212[1]
昼飯にラッキーピエロに断トツNo1セット(チャイニーズチキンバーガーのセット)を食いに来た。
ラッキーピエロには何故かセットものがこれしかない。
正直に言うと俺はこれよりもラッキーエッグバーガーの方が美味いと思う。
なんでこれがNo1なの?美味いとは思うけど、なんでNo1なのかは理解できん。
ラッキーエッグバーガーセット作ってくださいよ。

俺と同じ考えの人いますかね?

DSC03213[1]
食後はスタバに移動。
妹がスタバのご当地タンブラーを集めていたので、お土産としてご当地タンブラーを購入するも、
お土産用であることを伝え忘れたため、普通にコーヒーを入れられてしまった。
まぁ洗ってから普通に渡しましたけどね。妹からは好評でした。
そういうことを気にするようなデリケートな人間じゃないのが我が家の人間のいいところだと思う。

その後コーヒーを飲みながら再度執筆活動に勤しむ。
冷房も効いてるし、100円でコーヒーお代わり出来るし、無線LAN飛んでるし(無料だけど要登録)、
結構落ち着いて執筆できるからいい場所だと思った。
電源が確保できたら最高だね。

夜は再び半額弁当を確保しに、近くのスーパーへ出向いたり。
泊まっていた人々とオターな感じの話で楽しんだりした。
くどいようですが、劇パト2はうんこ。1が至高。

出費 
断トツNo1セット 650
スタバタンブラー 1400
お代わり 100
酒 125
ポテチ 78
半額弁当 190
半額おにぎり×2 98
宿代 500

合計 3141円

7月31日
DSC03214[1]
この日はあいにくの天気だったんですけど、焼肉番長なる店に焼肉を食いに行きました。
しかもトミーさんの尽力のおかげで、ミートハウスのオーナーさんから軽トラを借りることが出来たので
雨も怖くない!!自転車だから無理ぽですなんて卑屈になる必要もない!!しかも運転はトミーさんが運転してくれる!!!
とかもう本当トミーさんありがとうございました。

ちなみに焼肉番長というのは、平日ランチは980(たしか)で焼肉食べ放題という、旅人にとっては最高の店である。
旅してると、ガッツリ肉!!!みたいなのって食う機会があまりないから、もう心が騒ぐ!騒ぐ!
ちなみに僕らはドリンクバーもつけたので1100円で食べ放題、飲み放題でした。

DSC03215[1]
タイミングよく出るときに雨が止んでるような小雨のような感じだったので、前日ホワイトサンダーをくれたF巻さんと、
前日の夕方にミート入りした えぬまるさん(前にクリオネで一緒だった人)とトミーさんと俺という4人構成で出発!!
左がF巻さんで、右がえぬまるさんである。
ちなみにF巻さんは二日連続で番長参戦という猛者!!

でも、やっぱ焼肉はある程度人数いたほうがいいよね。
まぁ俺一人焼肉とかもう帯広でやったけどさ・・・

DSC03217[1]
程なくして番長に到着。
入る直前に観光バスが到着して、そこから人がぞろぞろと中に入っていったのが凄く印象的だった。
てか、そういう店なの?地元にも食い放題の焼肉屋とかあるけど、観光バスでぞろぞろ入って行くところとか見たことねーよ!!?
しかし、地元の焼肉食い放題も平日昼なら1kちょいか・・・誰か行く人いませんか?俺がこっちにいる間に。
つーか今日の昼にじゃんぺーさん連れて行きゃよかったんじゃね?

DSC03218[1]
当然肉だけでなく、こういう揚げ物とかその他の食い物も豊富です。
アイスの類もありました。アイス類の中にラムレーズン味があったのは地味に凄いと思ったけどね。
因みに画像左のスタミナ餃子を一人で15個くらい食った。
もう、肉よりも餃子食ってた気がするわ。
やっぱり餃子ってこの世で一番美味いんじゃないですかね?
それくらい俺は餃子が好きだ。愛しているといっても過言ではないだろう。

DSC03219[1]
しかし、ちゃんと七輪で肉を焼かせるってのは凄いね、このタイプの店では。
まぁ食い放題の店なんて地元とここでしか入ったことないから他を知らないけどさ・・・
地元は七輪じゃないんで、ちょっとおぉ!!とか思っちゃいましたよ。

でも、正直4人で1つの七輪使うのは結構狭いよね。
大き目の七輪なら兎も角、サイズ自体は通常サイズだったからな。

しかし、久しぶりに食べる焼肉は美味いねー!!かなり食べてしまいました。
まぁある種チャリダーの能力ですね(そのおかげで今食っても食っても満たされないという悲惨)。
普段結構食べるトミーさんが、思いのほか入ってなかったのが意外だったけどw

食後は一足先に青森に渡るえぬまるさんと別れ、再びトミーさんに運転してもらいミートハウスに戻った。
店を出るときにカメラを置き忘れて店員さんが見せの外まで届けてくれたとかいう事件もあったが、些細なことだな。

出費
焼き肉番町 1100
酒×5 718
カップ麺 88
チョコ 98
ケーキ菓子 68
スナック菓子 98
袋 3
宿代 500

合計 2673円

ちなみに二日とも自転車で大した移動はしていないので、0扱いで。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

【78日目・2013/7/29】北海道 函館再び編  

どうも今晩は。蛸です。
mjpもいよいよクライマックスだねー。どう終わるのか楽しみで楽しみで仕方ありません。
それにしてもさー、どうルート組んでも「長野」「岐阜」「富山」の辺りが地獄なんだけど何アレ?
いや、長野に入らなければそれなりに済ませる事も可能なんだけどね・・・どうしよう。
もうホントこういうとき「エンジン」がついてるやつが欲しくなってくるよね。

また話は変わるけど、このペースでブログの更新してると、次の出発までにたまっている分間に合うのかって話もある。
てか、実績も全然計算してないし・・・そろそろ修羅場モード発動させないとあかんか・・・

まぁそんな感じで、以下本編。

この日はとうとう函館に到着するという、所謂北海道一周クリア!!!記念的な日ですけど・・・
函館の写真は0枚なんだよねー。駄目駄目だねー。

DSC03202[1]
78日目スタート

DSC03203[1]
夜に寝ている間は雨が凄かったが、朝起きたら海岸沿いは綺麗に晴れていた。
こう凪いでいる海って綺麗だね。
湘南一帯は海まで行ってもいっつも波立ってるからな・・・だからサーファー多いのか・・・
まぁ湘南一帯の好きだけどね、お世辞にも綺麗とはいえないけど・・・海の色はもう比較とかしたくない。

DSC03204[1]
途中のローソンに寄ったときにこんな看板が見えたので寄ってみる。
この道沿いには何個かこういう湧き水スポットがある。
肝心の湧き水の場所は、水を汲むのに必死になり過ぎて写真を撮り忘れた。

この日は江差の手前辺りで、厚沢部に入り函館を目指す。
松前の方はまた次のときでいい、特に見たいものもなかったし、このときの俺は早く函館について落ち着きたかった。

厚沢部の道の駅にて、北海道の道の駅で最後となるソフトクリームをなめ、
スタンプラリーの応募を行った。

因みに獲得したスタンプの数は・・・53!!
いやー結構頑張ったほうじゃないですか?俺自転車だし。
とりあえず敢闘賞(50駅以上)に応募、あたれば道の駅特産品セットなるものが届くらしいですが、まぁ期待はできないね。

次はバイクでフルコン(2013年時点で113駅)目指してやりたいわぁ・・・

DSC03206[1]
この6%の坂が俺の北海道でのラスボス。
今までもっとキツイ坂もあったし、もうこれさえ越えればハードな坂が出てこないことがわかっていたので一気に攻略。
因みにこの登坂斜線でネズミ捕りにつかまっている車とかいたので、バイカーの人は通るんだったら注意だよ。
まぁもう9月だしもうあんまねぇか。

DSC03207[1]
ラスボスって言う割りにインパクトがない高さではありますが、標高なんて低ければ低いほどいいのです。
俺にはこの程度の峠でも本当は避けて通りたいくらいだもんね。

DSC03208[1]
北斗市inしたお。
ここまでくるともう函館は目前。

DSC03209[1]
とりあえず昼飯を食う必要があったので、ハセガワストアで初となる「やきとり弁当」を購入!!
これも結構有名なご当地グルメです。
函館は「ラッキー・ピエロ」「ハセガワストアのやきとり弁当」がご当地グルメとしては有名ですが、
ラッキー・ピエロに嵌り過ぎたせいでこっちは全然手をつけてなかったんだよね。
この日ももし先に出てきたのがラッキー・ピエロだったら間違いなくそっち食ってたと思うし・・・

DSC03210[1]
ちなみに函館のやきとり弁当なので、肉は当然「豚」です。
レジで注文してから作ってくれるので、レンチンとは違うちゃんと暖かい出来立てを食べることが出来るのが、他の弁当にはない強みなんだけど・・・

高い、ちょっと高い。

すっげー高いって訳じゃないんだけど、やっぱり安くはない。
まぁ味はちゃんと美味しいんだけどね。
でもこれっぽっちで420円だからな・・・いや、セイコーマート価格が当たり前になり過ぎているだけでそんなに高いわけじゃないのかなぁ?
・・・いや、やっぱ高いでしょ!?

まぁそんなこんなで昼飯を済ませ、途中で温泉に寄ってだらだらし、久方ぶりの函館へ突入。
あ、北斗市にある「しんわの湯」お勧めです!!
安いし、なんかいろんな種類の風呂があって面白かったです。
つーか写真取れよって話なんすけど・・・

最初にも書いたけど、もうこの日ここから先は写真1枚も撮ってないwww

うわーこいつ本当にブロガーかよ!?と自分でも思うけど、無いものは無いのだから仕方ないよね。
まぁこの後の行動ですが、
例によってミートハウスに直行(イカ祭り直前だからめっちゃ混んでるかと思いきや、まぁまぁって感じだった)。
20時半まで空腹の腹を抱えて半額弁当待機したり、先に泊まっていた方々と談笑したりして過ごしました。
(後からトミーさんも合流)

出費
クリームチーズソフト 300
ミートソース 130
野菜ジュース 100
ジュース 98
焼き鳥弁当 420
温泉 400
菓子パン 98
酒×2 250
つまみ 100
半額弁当 199
惣菜 105
宿代 950

合計 3150円

本日の走行距離 83.32km
合計の走行距離 5177.17㎞

より大きな地図で 78 なう(2013/07/29 17:26:48) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

【77日目・2013/7/28】北海道 太田山アタック編   

どうも、死んでません。蛸です。
気がついたら8月が終わっていました。8月が終わっていました!!!
大切なことなので2回言いましたね。
もう、ブログ更新しなさ杉だし、夏休み中引篭もり過ぎだしで・・・腹回りがヤバ杉だよ!!!!
なんか不純な動機で早く旅に復帰したくなってきた・・・まぁ早くても来週末まで出発ないですけどね・・・

最近はもうなんか他の人のブログもあんま見てないです。
なんでかって?

羨ましいからだよ!!!!

いや、お前が勝手に夏休みしてるんじゃんって話なんですけどね。
蛸は複雑な生き物なのよ。。。
ぁー早く復帰しないと完全にただの駄目人間だよ。

まぁぼちぼちちょっと気持ちをそっちに持っていくために色々とリハビリを・・・するかなぁ・・・

じゃあ以下本編。

DSC03148[1]
77日目!!ラッキーセブンだからちゃんとパンに数字書いたが・・・なんかしょぼい(汗
やっぱりチューブ型の奴で書かないと文字に気合が入りませんなー。

でもなーコスパはなーチューブだとなーコスパがなー

DSC03149[1]
道の駅の島牧の入り口付近。
夜中から続いた大風が未だ止まずに吹きまくっているせいで、ゴミ袋が道の駅の裏に飛ばされたりして悲惨だった。
当たり前だけどちゃんと回収したよ。
この日はひたすら海岸線沿いを走り、太田山神社を目指します。

DSC03150[1]
今日も今日とてトンネル地獄。まぁ俺そんなにトンネル嫌いじゃないからむしろご褒美なんですけどね。
トンネルを走り終わるって事は、確実にトンネルの標識に書いてあった距離分は走ったって事じゃないですか?
なんかそういうのが好きなんですって言って伝わるかな?

道の駅では酷かった風も、道路を走っているとちょうど山の陰になるせいで守られるのか、予想以上にスイスイーっと進めました。
ただ、絶望的にコンビニとかねーけどな!!!
景色はどこ走ってもいいんだけどねー。

DSC03151[1]
天気がいい中を「密猟者は発見次第銃殺刑」と書いてある道を進みます。

嘘です。

まぁ密漁禁止の看板はいたるところに立っています。
でも、密猟するような人たちにやらないで下さい!!って言って聞くとも思えないけどね。
まぁ密漁パトロールみたいな車も走ってたので、実際はそういうのでカバーするしかないでしょうね。

DSC03152[1]
なんとなくトンネル内に車の気配が一切なかったので撮った写真。
特に深い意味はない。

DSC03154[1]
どうにも進行方向が、曇天模様で進むのが億劫だけど・・・かといって行かないって選択肢もないからねぇ。
ただ、太田山神社が雨だったら登るの止めよとは思った。

DSC03155[1]
積丹が見えなくなって久しいですが、まだまだ海の色はとても綺麗です。
ホント、一回くらい恥も外聞も捨てて泳いでおけばよかったよ。

DSC03156[1]
曇天の真下ですが、湿度はガン高いけど雨には何とか降られないで耐えられています。
こんな天気でもちらほら海遊びをしている人たちに逞しさを感じたけど、こっちは泳げるシーズン短いから、
曇りぐらいだったら行っちゃうんだろうな、多分。

DSC03157[1]
雲の位置が低ーい。
遠くの方が晴れていたのでちょっと期待が持てはじめる。

DSC03158[1]
今年漸く全線開通したばかりの県道740号に入り、太田山を目指す。
天気が悪いこともあり、思考がネガティブ側に傾いていたので写真の場所で道路が一車線になったときはかなり心細くなった。
晴れていたら結構気分が良い小道みたいな印象になるんだろうけど・・・

DSC03159[1]
小道にもなれ、一車線の道をのんびり走る。
本当にここ県道かよ・・・と心の中で突っ込みながら。
でも、なんかこの一車線道路の海岸線沿いはなんだか走っていて「嗚呼俺旅しているなぁ」って気分になれる道だった。

DSC03161[1]
そして今年開通したばかりの太田トンネル。
前からも後ろからも一向に車が来る気配はない。
このトンネルを抜けたらいよいよ太田山神社に到着となる!!

DSC03162[1]
という訳で、やってきました太田山神社。

そもそも何なのよこの場所?って人は、
太田山神社 -ウィキペディアのページ
or
太田山神社 -アンサイクロペディアのページ
を見てみるとよろしいかと、特にアンサイクロペディアの記事はとても秀逸なので、一読することをお勧めする。
てか、俺はこのアンサイクロペディアのページがなかったらここ来てなかったね、間違いなく。

DSC03163[1]
DSC03164[1]
面倒な人は、こちらを軽く流し読みしてくだちぃ。

DSC03165[1]
アタック開始。
見よ!この猛烈な階段を!!
多少は角度をつけて撮影しているというのもあるが、だとしてもこの階段は強烈だぜ。
さらに後半は「階段ってだけで最高じゃないですか!!」とか思えるようになってくるんだけどな!!!!

DSC03166[1]
最初の鳥居の階段部分が終わると、ミニ登山が始まる。
ミニ登山ではあるけど、難易度だけで行ったら神奈川にある大山よりもよっぽど難易度高いと思う。
とにかくずっと角度がキツイ。

DSC03167[1]
DSC03168[1]
これは超序盤である。
というか序盤から中盤までの写真が一番充実している、まだ余裕あったから。
なんだか少しRPGの森林ダンジョンっぽいよなーって考える余裕もまだあったし。

DSC03169[1]
途中で参道を振り返った図。
緑が生い茂った中を進んでいく、道の脇のロープは常に握り締めたままである。
そしてこのあたりで致命的なミスに気づく・・・水持ってくるの忘れた。

太田山に着いたときには、運よく空は晴だった。
そしてこの急斜面をガンガン登っているのである。
顔面は常にびしょびしょだし、服の中を汗が伝っていく感触もハッキリ理解できた。

俺は迷った。

水分補給は絶対である。
ただでさえ汗をかく季節だというのに、補給する水がないのは最悪の事態を招きかねない。
だがしかし、ここから下に水を取りに戻った場合、俺は再びこの参道を登ろうとするだろうか?
答えは「否」である。
俺の性格を考えるに、100%諦めるだろう。

そして俺が出した結論は、体の水分がなくなるまでに登りきって、降りきる。
もうこれしかない、むしろ水がない分軽装で行動できるじゃないかということで、
兎に角、休みなしで本殿を目指すことにした。

DSC03170[1]
ところどころある鉄パイプ、地面にしっかり刺さっているかと思いきや、結構緩々の場所とかもあって怖い。
しかし、本当に神社の参道とは思えない道である。

DSC03173[1]
途中にある社。
ゴールではない。繰り返す。ゴールではない。
ここまで来たんだから、なんかご利益あるだろって事でおまいりだけして先に進む。
気分は孤高の人(漫画版)の加藤文太郎である。

DSC03174[1]
この辺りから少しずつ、視線がゴールというか・・・ロープが途切れる場所を探し始めるも、
ロープは進んだ分だけ先に先に伸びていく。
そんな絶望なゾーン。
まぁここまで来れば、あと少しではあるが、登ってる真っ最中の人間にはもうとても長い。

DSC03175[1]
そしてとうとう本殿の直ぐ真下のエリアへ。
この鳥居を抜ければ本殿に行くための最後の難関が待ち構えている。

DSC03176[1]
ちなみにこれは最後の難関ではない。
足元に注意とか書いてあるが、手元にも注意である。
うかつに手を突こうものならむき出しの針金が手のひらにコネクトされる。
俺は勢いが弱かったから、「痛ってぇ!!」ですんだけど、下手したら出血ものである。
この道自体も、正直かなり心細い。

DSC03177[1]
階段?を登りきったところから撮った向かい側の岩肌。

DSC03178[1]
そして最後の難関の鎖場である。
正直これを見たときは一瞬本当に帰ろうか迷った。
でも、ここで引いたら何のためにこんな方に来たのかって言う意味すら無駄になってしまうので覚悟を決める。

DSC03180[1]
怖いよー怖いよー。
まぁこんな登ってる途中で写真撮るのは怖いに決まってるだろって話ですよ。
てか危ないから皆はやめましょうね。
このときはもうクライマーズハイみたいな状態で「これで俺死んだら笑えるな」みたいなことを考えながら写真撮ってた覚えがある。

DSC03185[1]
登頂達成!!!
無事登頂できました。とにかく登りきった達成感がやばい。

DSC03182[1]
いつもは他の旅人の無事だとか、家族の無事だとか、友人の無事だとかを祈ってるんですけど、
今回ばっかりは全面的に俺のためだけに色々とお願いして来ました。

DSC03179[1]
下の方にある道を眺めて結構登ってきたんだなーと思い。
また、海を見て透き通った色に目を奪われた。

DSC03187[1]
さて、長々とここにいてもしょうがないので買えることにしますけど・・・
怖さのレベルで行ったら怖いのはここからである。
登山は下山の方が怖い!!!
登るより降りるほうが難しいんだって孤高の人でも言ってたね。
なんたって、見るだけでこれだもん超こえーよ。

DSC03189[1]
途中何度も足を滑らせて冷や汗をかく。
兎に角下りが怖い。凄く怖い。
が、帰りは怖いからもう嫌だといっても意味がないので、ひたすら先に進む。
ロープと軍手の摩擦熱で、軍手の滑り止めがぼろぼろになったり、手が痛くなったりする。

まぁ無事にたどり着けましたがね。

ここに行くにあたってのアドバイスですが、
まず、軍手は100%装備してください。
あと、長ズボン長袖で虫除け使うのが吉かと、
僕のときは時間が良かったのか、たいして虫の害はなかったですが・・・
あとサンダルは無理ゲー。

DSC03193[1]
ここに今回登った大田山神社の入り口の鳥居と、本殿が写っています。
探してみてください。

見つかったかな?
正解はこちら

DSC03193 - コピー[1]
これを見て結構距離があると判断するか、大したことないと判断するか・・・
因みに俺は往復1時間45分くらいでした。
もし機会があったら話の種にはなると思いますので、行って見てはいかがでしょうか?

さて、本日の最大目標は終わったので、後は兎に角何処まで走れるか距離を稼ぎます。

DSC03195[1]
奇岩「マンモス岩」
まぁ言われりゃそう見えなくもないね。

DSC03196[1]
奇岩「親子熊」
これはすっごいなんかこう小熊カワイイって感じに見えるね。
マンモスよりハッキリしていて好きよ。

DSC03200[1]
最終的にこの日は、道の駅「ルート229元和台」にてEND。
道の駅手前で大雨に降られたりして散々でした。
でもまぁ、太田山で降られなかったんだからよしとするかって感じですね。
トイレ前の休憩スペースのベンチにマットと寝袋を敷き、反対側のベンチでぬれた服とか乾かして寝ました。
画像の光は、全部イカ釣り漁船なんだと。

出費
菓子パン 98
チキンカツ&オムライス 398
アイス 168
ジュース 98
酒 100
菓子パン 138

合計 1000円

本日の走行距離 113.96km
合計の走行距離 5093.85㎞

より大きな地図で 77 なう(2013/07/28 19:54:35) を表示
祝!5000km突破!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: クエストログ

tb: 0   cm: 4

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。