(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【99日目・2013/10/2】長野 諏訪大社巡り編   

DSC03987[1]
99日目は「道の駅 小坂田公園」からスタート。
とうとうここに書く数字も、次から3ケタか・・・まぁ3ケタの数字を書くのはちょっと先になりそうだけどな。

そして、この写真を撮る前位にちょっとした悲劇が起こる・・・
カメラ落としたw
いや、撮影はできるんだけど、ズームとかのレバーがボディに干渉して、ズームしたらズームしっぱなしみたいなことになるwww
しかも、昨日一回SD認識しなくなったりしたしwwwwwwwwwww
皆も、カメラの取り扱いには気を付けようね!そうじゃなかったら最初から衝撃に強いカメラを買おう!!

DSC03988[1]
この日は諏訪の隣にある茅野を目指して、とりあえず目の前の塩尻峠を攻略する。
まぁMaxが1000ちょっとで、道の駅の場所が700なんぼとかだから、300も登らないで頂上に到着する。
今までの最高の榛名山登った時みたいに、一気に1000登らなきゃいけないとかじゃないから気楽なもんである。

それでも、坂はずっと結構傾斜がついてるからキツイけどね?まぁ朝で足が残っていたから押さないでクリアできたけど。

DSC03989[1]
ぶっちゃけ攻略に1時間以上かかるだろうなーとか思っていたんだけど、多分45分位で攻略完了。
結構拍子抜けに終わる。
まぁこの日楽をするために、前日無理してあの道の駅まで行ったからな。

DSC03990[1]
DSC03991[1]
少なくとも、これ以上登らなくていいことが解っているこの時だけは、純粋に山々の景色を楽しもう。
しっかし長野って本当に周り山だらけね!!

写真撮影もそこそこに、ダウンヒルスタート!!
いやー気持ちいいわー!普通に車の列に加われるくらいに速度が出るから楽しい楽しい!!
下手なコーナーはでかい車よりもこっちの方が早く抜けられたりするしねー。
まぁ攻めすぎるのは危ないから、程ほどに車間保つけど・・・でもやっぱり登りが苦しい分下りは全力で楽しみたいわー。

ただ、諏訪・茅野の辺りの標高が800ちょい位あったと思うんで、下りの距離自体は本当に大したことなくすぐに終わる。
それを考えると、やっぱり榛名を下った時が一番面白かったなぁ・・・またやりてぇなぁ・・・下りだけ。

DSC03992[1]
諏訪に到着したので、とりあえず諏訪大社を訪れる。

DSC03997[1]
DSC03995[1]
DSC03994[1]
大社を名乗る割には、敷地面積的にはこじんまりした作りだったりする。
まぁ俺は華美なものより地味な寺社が好きだから、俺に良し。

でも、縄とか建物とかの感じは大社を名乗るだけあって、中々のものだった。

DSC03996[1]
御親睦的な木、一本の木が二股に避けているので「結びの木」みたいな風に言われているらしい。

と言う訳で、諏訪大社を攻略?

上社本宮「下社春宮がやられたらしいな・・・」
上社前宮「クックック、奴は我ら諏訪大社のなかでも一番の小物」
下社秋宮「(前宮の方がしょぼいとか言いづらいなぁ)」

まだまだ、諏訪大社は終わらないようである・・・

DSC03998[1]
と言う訳で「諏訪大社下社秋宮」です。
さっきのが「春宮」ね。
諏訪大社ってのは以下の4つの大社の総称なんですねー。

「諏訪大社下社春宮」
「諏訪大社下社秋宮」
「諏訪大社上社本宮」
「諏訪大社上社前宮」

各々が本殿を持っていないという、不思議なところだったり、
地図で見ると北の方が下社で、南の方が上社なのでなんだか下社と上社を勘違いしそうになる所だったりする。

因みに4つの諏訪大社の中心に、本殿がある第五の諏訪大社とかそういうのはないし、
丁度真ん中に諏訪湖があるから、そこに封印された第五の諏訪大社なんてのもないし、
4つの神社にいるボスを倒すと諏訪湖に異界に繋がるゲートが開いて、ボスの本体と戦ったりとかそういうのもない。

DSC03999[1]
ここでは手水が何故かお湯だったりする、御神湯を名乗るくらいなのだから多分温泉かなにかなのだろうが、特にそれと言った記述はない。
結構熱いので俺は軽く手を触るだけで終わらせた。
隣にはちゃんと水の手水がある。

DSC04004[1]
DSC04001[1]
DSC04003[1]
春宮よりもこちらの方が敷地面積的に広いようで、開放感があるため全体的にスケールが大きく見える。
しかし、作りはどちらも同じ設計をもとにしてあるみたいなことを書いてあって、彫刻とかで技術を競い合っているそうだけど、俺は春宮の彫刻そんなちゃんと見ていなかったから解らんち。

DSC04005[1]
こちらの御神木、夜泣きする子に枝葉を煎じて飲ませると、夜泣きが止むんだって・・・
うーん、今じゃ考えられんな・・・

DSC04006[1]
下社が終わり、諏訪湖へ。
正直言って、この湖はそんなに綺麗じゃない。
まぁ湖の類は、ここに至るまでに結構綺麗なところとか、でかいところとか見ているからなぁ・・・
でも、冬になると所謂「御神渡り」が起こるのでそういう意味では凄い湖である。

DSC04009[1]
湖を左に眺めながら「上社本宮」に到着。
本宮なだけあって、全体的に大きい。

DSC04010[1]
こちらは「温泉の源泉とも伝えられている」と書いてあるね。

DSC04013[1]
DSC04014[1]
DSC04015[1]
ここは他の所と違って、結構見るところがある。
まぁだとしてもそんな長時間見る場所でもないんだけどね、全体的に。
しかし、諏訪大社は大社を名乗る割には全体的に落ち着いた佇まいのいい社である。

DSC04016[1]
だがしかし・・・

DSC04018[1]
拝殿は現在工事中のため見られないでござる。
おい・・・おい!
一番重要な拝殿が見られないとか、ダメダメじゃないですかやだーーー!!

まぁここへは、来ようと思えば結構来られるから、またそのうち来ればいいや。
しかし、この写真の写真ってのは何とも言えないな・・・

DSC04019[1]
そしてこの日最後となる「上社前宮」
ハッキリ言うと、ここが一番しょぼい規模が小さい。

DSC04020[1]
ここは他と違って、鳥居から拝殿までちょっとだけ距離がある。
普通にアスファルトで固められた道だったり、両サイドに家とか建っていたりする。
まぁその過程は省くけどな!!!

てか、案内に本殿って書いちゃダメでしょ・・・HPで本殿は無いって言っているんだから・・・
いや、言いたいことはわかるし、実際観光できている人にはその方が解りやすいだろうから理解はできるけどね?

DSC04021[1]
で、これが拝殿ね。
まぁ他のと比べると一番しょっぱいんだけど・・・木の感じはここが一番好きかな?
右側の木の感じがたまらんと思うのですよ。
なんつーか一番素朴で、一番親しみやすいイメージかな?

DSC04022[1]
DSC04023[1]
こんなのが脇にあったりする。
凄い気になったけど、どこにも飲用可とは書いていない・・・気になる・・・でも、書いていない・・・
でも柄杓とかあるし、如何にも飲めって感じだし・・・うーん。

触らぬ神に祟りなし、飲まぬ生水アタリなし

とりあえず今回はスルーすることに・・・でも、飲めない水を名水って言わないよなぁ・・・うーん。

その後、近くにあったスーパーで両親と落ち合う。
ぇ?なんで両親出てくるのって?
今蛸の両親は定年退職後の退職金を突っ込んで、長野で田舎暮らしみたいなことやってるんですねー。
だから、色々と要らないものを捨てようと思っていた俺はここまで来たわけですよ。
じゃなかったら、どう頑張っても山だらけの長野になんて絶対に来たりしないわ!即新潟⇒富山ですよ!!

地元に戻るのも、丁度両親が3泊4日で地元戻るから、それに合わせて戻るだけで、最初は戻る予定とかなかったしね!
まぁタイヤとかレインウェアとか仕入れられるから、丁度良かったね。
冬用の服も確保できるし。

DSC04024[1]
しかし、長野の地方でこんなビールを取り扱っているとは・・・
長野のスーパー侮りがたし・・・この水曜日のネコってビールは中々軽い飲み口でおススメですよ、奥さん。

この後は、長野の家まで車で移動して終了。
再開してたいして立っていないのに、ダラダラとした生活が始まります。

出費
0円!!!
若干チートな気がしないでもないけど、少なくともこの日は自転車こいでるからカウントしてもいいと思うんだ?

移動距離
本日の走行距離  32.2km
合計の走行距離 6096.95㎞

大きな地図で見る
諸事情により、手書き地図。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 2

コメント

上高地記事はよw

じゃんぺー #srqbtg2U | URL
2013/10/05 21:18 | edit

Re: タイトルなし

> じゃんぺーさん
無理無理www
流石にあそこを真面目に自転車で攻略するのは無理www
来年エンジンついてるの買えたらそれでいくわwwwwwww

放浪するもの蛸 #- | URL
2013/10/06 11:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/131-ec10abfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。