(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【19日・2013/05/31】栃木 秘湯混浴刑事エバラ編  

どうもこんにちは。
秘湯混浴刑事エバラです。嘘です。蛸です。
19日目は道の駅 湯の香しおばらからスタートします。
・・・タイトル後で少し関係あるから!本当に少しだけど関係あるから!!

DSC01101[1]
朝起きたら雨は止んでるし、そのあたりは乾いているし、昨日もらったもので朝食が無駄に豪華だし。
スタートっからかなり気分が良い。
因みにアルミマグにipod入れてスピーカー出力で音楽流すと、
反響して普通にスピーカーで聞くより少ない音量で若干大きめに聞けるのだよ。
ぇ?知ってる?

DSC01103[1]
と言う訳で塩原温泉に来たぜ!!例によってアップダウンだけどまぁ朝で体力ゲージ余裕あるからちょろいね。
ただこの先のトンネルは結構長くて怖かったので、行く人はご注意を。
まぁちゃんと2車線あるし、リフレクター付けとけば問題ないレベルだけどね。

DSC01105[1]
一方通行だからとりあえず写真を撮った。特に意味はない。
でも俺ネタ振られてもアレ見てないからわかんねーんだよな。
で、ここに何しに来たかというと、露天温泉があるんだよ!当然混浴だぜ!!

い く し か な い ! !

まぁ実際問題こんなところに、朝早く(9時くらい)若い女性なんているわけねーし。
逆にいたら俺はてんぱって帰ると思う。

DSC01106[1]
自転車を置いて、こんな川を流し見ながら目的の温泉に進む。
なんかやたらとルアーフィッシングをプッシュする幟があったな。

DSC01116[1]
この橋を渡った先に目的の温泉があるのさ♪

DSC01109[1]
あるあ・・・ねーよ。
つーか川沿い歩いてる時に入ってるおっさんいたぞ!!全裸で岩の上に座ってたわ!!
そんな切ないもの見せた挙句にこのざまかよ!!!
だが、焦る俺ではない・・・まだ俺には不動の湯があるのだ!!
と言う訳で、うろ覚えの地図にしたがって道を進む。
(岩の湯と不動の湯ってのがあって割と近い。もう少し塩原の奥まで行くと他にもあるって。)

DSC01110[1]
あれー。このパターン知ってるー。榛名神社行くときに似たようなパターンみたなー。
ちょっと本気でこの時引き返そうか焦りだすが、ぶっちゃけ距離自体は前みたいな感じではないのでも少し進む。

DSC01113[1]
ついたよー。
途中マジで戻ろうか悩んだけど進んでよかった。
写真は先に入っていた旅の方に撮っていただきました。
震災のボランティアを1年半やって今休暇の旅で各地の温泉を巡っている途中だそうです。
美女?そんなものはおらん。

ちなみに入った感想ですが、虫とか当然ぶんぶんしてるし、湯船には木の葉のくずみたいなのはあるし、
人から隠れて服を着替えられるような場所もないから女性は絶対無理だろwww
って感じだった。
むしろそんなの全然気にしないねっていう若い女性の方がいたら求婚したい。
温泉自体はそんなに熱くないんだけど、成分のせいか結構汗をかける感じでした。
入っている間先にいた人の話とか聞けたしなかなか楽しい体験できたね。
と言う訳で秘湯混浴刑事エバラ編終了

DSC01120[1]
んで帰り道。
ドラゴラムの滝ですよ!ドラゴラムの滝!!
行くしかねぇ!!

DSC01119[1]
・・・あるある。
てか道の駅のガイドパンフとかですげぇプッシュしてるのに、行けないってどういうことですか?

DSC01123[1]
代わりに美しい緑をご堪能ください。

DSC01124[1]
流石にこのままじゃ帰れんってことで別の滝をチョイス。
しかし、回顧の滝だなんて昔の思い出がよみがえる不思議な滝だったら凄いのにね・・・
現実ってファンタジーにはなれないわ・・・

DSC01125[1]
折角だから俺はこの急坂コースを選ぶぜ!!!

DSC01127[1]
DSC01128[1]
結構あっさりついた。
てか坂っていうから登りかと思ったら下りなんですもの。ちょっと拍子抜けだわ。
まぁ帰りは登らなきゃいけないんだけどね。
てかこの吊り橋凄いよね、レイバーが暴走するレベルの風が吹いても平気だってことでしょ。
まぁ吊り橋は無事でも、そのタイミングで人がいたらひとたまりもないだろうが。

DSC01129[1]
と言う訳でこれが解雇の回顧の滝。
何というか、自分で言うのもなんだけど、俺がている滝は全体的に可憐というか清楚な感じだね。
静かな美しさがあるね。
ただちょっと豪快さも欲しくなってきた今日この頃。

DSC01131[1]
遠景でもう一枚。
純粋に綺麗だよね。

DSC01133[1]
森を流れる小川も、その音も心癒される。

DSC01134[1]
結構長居したので、那須湯本へ向かう。
昨夜お世話になった道の駅の前を颯爽と駆け抜ける。

DSC01136[1]
塩原→湯本間は牧場が多いです。
他にも多くの牧場がありました。

DSC01139[1]
道の駅 那須高原 友愛の森に到着。
いやー友愛されるー。
さくっとやってるけど結構距離あるからな。

DSC01138[1]
まぁここに来るまでにさんざん牧場見てるし、この結果は仕方がないといえよう。
ここで朝の残りを昼飯として食いました。結構広くて綺麗な道の駅です。
さぁここから那須湯本まで一直線だから気合を入れて登るぞ!!

DSC01141[1]
絶望的なまでに道が悪い。
そして結構坂がきつくて膝と腰が痛いから、結構押して歩いてました。
てか客呼び込んで何ぼの場所なんだから道路整備しようよ!!!
まぁ予算ないんだろうな・・・

DSC01142[1]
とりあえず湯本に到着。
結構長い道押してきて、この遠くに見える地ビールの文字が見えた時に俺の心が折れた。

DSC01143[1]
こんなん飲まなきゃやってらんないっすよ!地ビール大好きだしね!!
店主の人に自転車おきっぱで行ってもいいと許可をもらって、ここからは自転車なしで殺生石を目指す。
いやービールうめービールうめー。
因みに殺生石まで20分くらいかな?

DSC01146[1]
DSC01151[1]
まぁちょっと?結構?寂れた温泉街ですわな。
そして首輪もなしに颯爽と俺のわきを通り過ぎていくワンコ。

DSC01152[1]
かつては栄えていたのだろうか?内装は割とまだ使えそうだったが・・・

DSC01153[1]
そして温泉神社に到着!

DSC01156[1]
この灯篭と階段の雰囲気が溜まりませんな。

DSC01157[1]
まぁ本殿は割と普通よ。

DSC01158[1]
DSC01159[1]
DSC01160[1]
そしてその脇にある九尾稲荷神社。
実は温泉神社には賽銭入れなかったけど、こっちには入れたんだぜw
これで俺も金髪で絶世の美女とキャッキャできる夢が見られるってことですね!!

DSC01161[1]
DSC01162[1]
これを見に来たんだよー。
ここ昔家族で来たことあるんすよね。
なんか自分の中のうろ覚えのイメージではもっと岩がゴロゴロしてるような場所だと思ってたんですけど、
どっちかというと緑成分多いですね。

DSC01163[1]
硫化水素ガスが発生するから立ち入り禁止!
ってなってましたけど、別段それほど硫黄のにおいが立ち込めるとかなかったです。
わりと匂いは大人いしい感じでしたかね?煙とかもなかったし。


DSC01164[1]
なんか周りに積まれている石が多くあったので、ちょっと作ってみた。

DSC01167[1]
DSC01168[1]
このお地蔵様達は何故こんなにも高い位置で手を合わせているんだろうね?
正直これだけ並べられると神々しさよりも、邪な感じがしないでもない。

DSC01169[1]
蛇の首に見えるという岩だが・・・わからん・・・

DSC01171[1]
折角那須湯本まで来てるんだからはいらなきゃ損でしょ!!!
と言う訳で鹿の湯へ。ここは400円の共同浴場ってやつです。
因みにここの温泉41、42、43、44、46,48度の段階で風呂の熱さが違う。
自分は41→43→46→43→44の順番で体験。

41度
ぁー家の風呂もだいたいこれくらいだよなー
気持ちいいなー
周りの人もこの辺には多いなー

43度
ぁーそれなりに熱いなー
まぁでも気持ち良く入れるなー
なんだかんだ言って一番入りやすいかもなー
でも家だと43度とか熱すぎて無理なんだよなーなんでだろうなー

46度
なんだこれは・・・動くことが出来ない・・・
動くと熱のせいで肌が焼けるようだ・・・
しかしこのままだと冗談でなく茹蛸になってしまう・・・
ゆっくりでいいから湯船から出るんだ・・・
⇒湯船から出たあと肌が痛いとかいうよくわからない状態になるwww
なんで痛いんだよ!!わけわかんねぇよ!!!
因みにこの辺りにはあまり人はいない
でも何だかんだ2~3分は浸かっていたいたかな、まぁ動けなかったともいう
完全に我慢大会

48度
指先を10秒だけ突っ込んでみると・・・
6秒目位から抜きたくなる
8秒目でヤバく感じてくるも我慢する
10秒目で急いで抜く

だいたいこんな感じだった。
これから那須湯本に行かれる方は是非48度を体験してきてください。感想待ってます。

嗚呼そうそう、今日紹介した風呂は石鹸で体をガシガシ洗うような場所はないから行く人は注意で。

DSC01174[1]
自転車を止めさせてもらっていた店に戻ってノンアルコールを飲む!!
いやだって、さっきはしばらく運転無いから飲んだけど、今回はまだここから白河目指すし。
ゆずサイダーは普通に旨かった。

DSC01175[1]
さぁ白河目指すぞ!!
うひょひょーダウンヒルー!!!
まぁダウンヒルとかすぐ終わるし、まただらだらと登ったり下りたりがあるんだけどね。

DSC01177[1]
なんだか目が合ったので、こいつもいつか黒毛和牛とラベルを張られてしまう日が来るんだろうな・・・
よし次牛丼を食う時はもっと味わって食おう!!!

DSC01178[1]
とか言ってたら福島に入る。
てかお恥ずかしい話ではありますが、すっげー適当に地図とか見てたから白河ってまだ栃木だと思ってたわ。
だからこの時はちょっと焦ったのよ。

DSC01179[1]
さよなら栃木の風景よ・・・
って言っても結局似たような景色が続くわけだが・・・

DSC01180[1]
つーわけで程なくして白河に到着する。
よし、寝場所を探しに行くモードにならねば。

DSC01185[1]
めっけたよー白河市総合運動公園。
てかここに入る前にいわゆる仮設住宅地に迷い込んで、そこの高校生っぽい男女に寝床情報聞いたりしてしまったので、
暫く自己嫌悪してました。
因みにこの場所は体育館の脇の目立たないスペース。
とりあえずテント・キャンプ禁止の文字は見えなかったけど、体育館が21時までだったのでテントの設営はそれまで我慢する。

DSC01181[1]
まこ亭さんがジョッキの画像なんて載せるのが悪い。俺は悪くない。500缶にしなかったのは良心だと思ってくれ。

DSC01186[1]
パスタに飽きた俺は砂肝を焼き始めた。だってスーパーで160円だったんですもの。
うーん持ってきてよかったよこの金属串。
ちょっと加熱に時間かかるからガス使っちゃうのが難点だけどな。

DSC01187[1]
完全に酒のつまみですな。
味付けは塩・胡椒・レモンだけどす。
美味しくいただきました。

出費
ブラックサンダー 32円
温泉 200+400円
ソフトクリーム 250円
ビール 525円
サイダー 210円
からあげ棒 105円
砂肝 160円
ベーコン 75円
酒 296円
惣菜 99円
食パン 77円
牛乳 80円

合計 2509円
ちょっとつかっちったわねー。まぁ楽しんだから良い。

本日の走行距離 66.57km
合計の走行距離 1363.43㎞

より大きな地図で なう(2013/05/31 18:20:05) を表示
例によって序盤を取り忘れる。
まぁ俺歩いてる時もログとりっぱだからプラマイ0で丁度いいか。
と言う訳で、今回は差分チェックなし。
じゃあの!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 6

コメント

秘湯混浴刑事エバラ!任務ご苦労であった。

石が当たってお客様が怪我されただと?!

リアルに事件じゃないか!!w


金属串いいなぁ。。俺も買おうかな。。

まこ亭 #- | URL
2013/06/05 00:48 | edit

Re: タイトルなし

>まこ亭さん
金属串いいですよー。
刺して!塩コショウして!!焼く!!!
以上のプロセスのみで大抵のものは食べられますしね。
箸でひっくり返す必要もないですからリングアウトも確立減りますし。おススメです☆

放浪するもの蛸 #- | URL
2013/06/06 12:07 | edit

険しい道行きますなw

僕はそのままとりあえず平たい道行くわ!

じゃんぺー #srqbtg2U | URL
2013/06/06 18:32 | edit

>じゃんぺーさん
別に選んで険しい道を行っているわけではないんだよ!!?

でも那須の温泉はおすすめですぜ。

放浪するもの蛸 #- | URL
2013/06/06 20:32 | edit

よ!日光依頼だね。
男の旅に下心はつきものだ。
俺も秋田美人に会いに行く!

ユウスケ #dJifPsOU | URL
2013/06/07 19:15 | edit

>ユウスケ
お主も好きものよのー。
もうボランティア終わったんだ?

放浪するもの蛸 #- | URL
2013/06/09 22:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/39-5272684c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。