(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【26日・2013/06/07】宮城 南三陸編  

どうも蛸です。
今現在は青森の八戸にあるマグロ氏宅に御厄介になっております。
とうとう梅雨においつかれたのか天気が今一な日が多いですね。

以下本編。
DSC01473[1]
えらい昔のようだけど、今月の話なんだよね。

DSC01476[1]
タイトルにもあるように南三陸へ向かいます。
この時は結構軽い気持ちで峠とかだりーとか思ってました。

DSC01477[1]
しかも寒い。
とにかく温かいものが飲みたかった。

DSC01484[1]
そんなこんなで南三陸に到着したわけですが、おわかりだろうか?
このセブンイレブン仮設店舗である。

DSC01485[1]
そして目の前にはこんな景色が広がっている。
正直もう2年も前のことだろ?とか思っていたので、この景色はまぁ衝撃的だった。
まだこんな傾いたままの建物があるだなんてとね。

DSC01489[1]
セブンイレブンの前にあったこれ。
バス停じゃないよ?駅だよ。まぁバスが走っているのは同じだけどさ。
本当はこの後ろに陸前戸倉駅があるんですね。

DSC01490[1]
郵便局跡地です。
そういうものが有ったようには見えないよね。
まぁきっと瓦礫が片付いたからそうなったんだろうから、それ自体は悪いことではないのかもしれないけど。

DSC01493[1]
町の方を見に行きます。
正直セブンのあたりから見た時は、もう結構復活しているんじゃないかと言う淡い期待を抱いていましたが・・・

DSC01496[1]
ENEOS仮設。

DSC01498[1]
辛うじて流れ残ったであろうホテル跡。

DSC01501[1]
この分厚いガラスをぶち破ったというのだから、津波の力とは恐ろしい。

DSC01503[1]
DSC01504[1]
DSC01505[1]
DSC01507[1]
正直うまいことコメントが浮かばんのだよ。
ただ俺の中であったもう2年もたっているのにという考えが消え去ったのは確か。
まだまだ復興には数年かかるんだろうねきっと・・・

DSC01510[1]
DSC01509[1]
ここはテレビなんかでも散々うつされた場所だからわかる人も多いと思います。
実際にこういった景色を見ると、実際結構心にダメージがあります。
津波で亡くなった人のことを思えばなんだよって話だけど、やっぱりキツイものはキツイ。

DSC01508[1]
こういった瓦礫の山は至る所にあります。

DSC01512[1]
おもっ苦しい写真ばかりなのもアレなので、現地の人たちは頑張って立ち上がっています。
建物はプレハブだけど、中身は結構楽しめる。
俺も復興支援しなければ!!!!

DSC01514[1]
復興支援だから!

DSC01515[1]
復興支援だから!!

DSC01516[1]
復興支援だから!!!
いやー楽しんだ楽しんだ。
他にも色々食べてみたいものとかあったんですが、とりあえず僕はここで止めました。
本当においしそうなもの結構あるので、行けそうな人は行ってみるのも良いと思います。

DSC01517[1]
モアイ像と愛車

DSC01519[1]
DSC01521[1]
そろそろ移動しようかと思い始めたくらいからなんだか凄く霧が出てくる。
今思うとこれが今後何度も遭遇する山背って奴の一発目だったんだろうな。

DSC01522[1]
DSC01523[1]
DSC01524[1]
とりあえずこの日は、親父がボランティアで行った先の人のところにテント張らせてもらえるって事になっていたのでそちらへ向かう。
要するに親のコネってやつだな。

DSC01529[1]
と言う訳で、この日はこの慶明丸さんでテントを張らせてもらいました。
南三陸の魚介とか野菜とかを取り扱っている農漁家レストランで、食事をする場合は新鮮なものを提供するために要予約というお店です。
正直南三陸で野宿する場所を確保するのはちょっと辛そうだったので、親父と三浦さん(店主の方)に感謝。

DSC01532[1]
取れたてのホヤ。
ホヤって乾燥した奴しか見たことなかったけど、こんなんなんすね。
なんだか果実に見えるな。

DSC01537[1]
そこで、なんつーか想定外の出会い。
何故か外人の方々が畑の片づけとかをしている。
彼等は宣教師の方々で(全員ではないと思うが)、ここにボランティアに来ているとのこと。
正直言って結構色々とダメージを受けていた俺は彼等の登場にちょっと救われたりする。
多分今までの人生の中で一番外人の方と接したと思う。
挙句の果てに一緒に温泉入りに行ったしねw

そのときのマッサージチェアでのはしゃぎ様はすごい面白くて、いろいろ写真があるんだけど、
許可撮るのを忘れてしまったのでこの写真だけな。

ちなみに宣教師の人でもCoDはプレイするみたいだよ。
俺FPSやらないからあんまり掘り下げられなかったけど。

でも、わざわざカリフォルニアから来てくれてる人とかありがたいよね。
もちろん日本を拠点にしてる人もいるけどね。

DSC01533[1]
DSC01535[1]
そんな訳で、俺もほんの少しだけ手伝いした。まぁ本当に手伝いに数えられないくらいほんの少しなんだけどな。
因みにどういったことをやるかと言うと、畑をひっくり返して、土の中に埋まっているものを穿り返したりするのです。
画像みたいに津波の時に攫われてきた貝殻とかCDとかその他ゴミとかが山のようにあるのね?
2枚目の網も津波の時に来て引っかかったままっていうやつ。
津波の力って改めて凄いって思ったよ。

DSC01534[1]
霧のせいでわかり辛いけど、結構高い場所にあるっていうのが理解してもらえると思う。

DSC01541[1]
と言う訳で夕飯です。
宣教師の皆様からも誘われていたんですが、三浦さんがあるものを用意してくれるという話が先にあったので断ったんですけど。

断ってよかった!! AND あるものなわけがない!!!

牡蠣の炊き込みごはん・ウニ・ホヤ・蛸の刺身・サラダ・味噌汁とかどこの御馳走だよ。
この直前にいったホテルの温泉とかでウニの値段見たけどry
三浦さん本当にありがとうございました。次来るときはボランティアかお客としてきます。
因みにこの飯の時に色々と津波の時の生々しい話を聞けました。

色々なことを聞いたけど、とりあえずこの場ではこれだけ言っておきます。

津波が来たらもう荷物を取りに戻ろうとか思わないで兎に角高いところへ避難しましょう。
自分の身は自分で守りましょう。自分の健康が一番です。

親とか家族が心配・・・あると思います。
でもそれで親が心配になって助けに行った結果、親は地域の人と一緒に避難していたので無事だったけど助けに行った子供は亡くなってしまったという事もあったそうです。

他にも色々な話を聞けましたが、ちょっと書ききれないので残念ですが割愛します。
それだけで相当でかい記事になってしまいそうなので・・・

興味がある人は、先ほど画像にあった商店街で語り部の人が津波の時のことを話すということをやっているようですので(三浦さんも語り部のひとりだそうです)そちらへ出向いてみるのもいいと思います。

出費
カップスープ 168円
地ビール 580円
ソフトクリーム 200円
串カツ×2 200円
温泉 820円
酒 118円

合計 2086円
正直夕食のことを考えるともっと金落とせばよかったとか思わなくもない。
でもTシャツとかはこの旅ではちょっと難しいんだよなー

本日の走行距離 28.86km
合計の走行距離 1852.83㎞

より大きな地図で 26 なう(2013/06/07 15:05:04) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/50-580ea579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。