(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【33日・2013/06/14】岩手 洞窟探検編   

もう、だんだん内容が軽くなってくるけど・・・まぁそれはそれで俺らしいか。

DSC01714[1]
33日目、道の駅 宮古から。

DSC01715[1]
ほぼ港みたいな場所なので海と山の景色がきれいです。
この日の目的は龍泉洞という日本三大鍾乳洞で、この旅の中では絶対にはずせない場所としてリストアップしてあった。
正直これが無かったら遠野から北上へ戻って盛岡から青森入りしていたと思う。

DSC01719[1]
でも、まずは近くにある浄土ヶ浜へ向かう。
近くにあるならとりあえず見に行くさ。

DSC01723[1]
DSC01725[1]
DSC01726[1]
まぁ結構きれいな場所でした。
小型艇とか遊覧船とかあったから今思えば小型艇位なら乗ってもよかったなーとか後悔している。
でも、この日はあくまで龍泉洞にたどり着いて、龍泉洞を観光するのが最大の目標だったので、
とりあえずスルーして北上開始。

DSC01727[1]
ひゃはあああああああああああああああああ
飛ばすぜえええええええええええええええええええええええ
まぁここにたどり着くまでに上がっているし、なによりも45号はもうずっとこんな角度を登って降りての繰り返し。


DSC01729[1]
あとね、45号すっごい工事が多い。
もうすっげぇイライラする。
坂はずっと押して登ってたし、下りかと思えば工事だし。
まぁ登りで片側交互の工事にあたるよりかはましかもしれんけど・・・

DSC01730[1]
そんな感じで龍泉洞に入るふもとのあたりに到着。
この時14時くらいかな?
浄土ヶ浜を経ったのが10時くらいのはずだから、その間ずっと

自転車押す⇒ひゃっはーする⇒工事で止められる⇒降り終わる⇒自転車押す⇒繰り返し

という作業を延々4時間続けていたわけだ。

DSC01731[1]
途中の道の駅 いわいずみで地サイダー飲む。
因みにこの日はここに戻って野宿した。

DSC01732[1]
絶滅危惧品種のお菓子もあったので、思わず購入。
これ食ったの何年振りだろう・・・

DSC01733[1]
山の中へどんどん入っていきますが、45号に比べればなんてことない道です。
最後ちょっと自転車押して徒歩10分の坂があるくらいですかね。

DSC01734[1]
そして龍泉洞へ到着!!
入場料1000円だけど躊躇することなくバッとチケットを購入!!!
中尊寺の金色堂の時には800円出すのを惜しんでいた人間とは思えない!!!!!!

DSC01735[1]
と言う訳で洞窟探検開始!!

DSC01737[1]
中の温度寒いんですよ。
半袖とかで入るのだけは絶対にやめておけ。
中から外に出た時メガネ超曇ったからなw

DSC01738[1]
どういう場所かっていうのが気になる人は、これ読んでくだちぃ。

DSC01741[1]
見ろよこの世界!!
閉所恐怖症の人は無理だね!!

DSC01743[1]
入口の方は凄く激しい水の音が聞こえている。

DSC01745[1]
奥へ進むとさらに気温差がる。

DSC01750[1]
ある程度綺麗だなと言う事は伝わると思うけど、それでもここは生で見てほしい場所だね!!
45号だけつらいけど本当にそれだけの価値があるよ!!

DSC01753[1]
なんかウルトラマンとかウルトラQみたいな感じあるよね!

DSC01754[1]
DSC01757[1]
(\)oVo(\)フォフォフォフォフォフォフォ
天井の方に鍾乳石がついてます。

DSC01758[1]
こういう壁も鍾乳石だそうで、なんかあれだよね「クトゥルフ」的な化け物みたい。
なんかいまにも動き出しそうな表面の滑らかさがあるんだよね。

DSC01765[1]

DSC01766[1]
そして蛸隊員はいよいよ地底湖へ突入する!!!

DSC01770[1]
DSC01771[1]
三脚ないからぶれているのか、水のせいで揺らいでいるのか・・・
まぁだとしてもやはり水の表現が凄いとされていたBioShockのラプチャーなんかとは比べ物にならない美しさがあるね。
現実すげぇよ。

DSC01762[1]
やっぱりウルトラry

DSC01783[1]
水底に自然のトンネルがあるのがわかる。
ああいうの見ると潜ってみたくなるけど・・・まぁ死ぬだろうなぁ。

DSC01790[1]
DSC01787[1]
DSC01821[1]
未だに不明ポイントがあるっていうのが凄いよな!
心躍るというか・・・男の子ならわかるだろ?

DSC01793[1]
第三地底湖からはこんな感じの階段を上ります。
当然ぜんぶびっしょと濡れているし結構急なので怖いです。
これは登り終わった後に見下ろした図ね。

DSC01799[1]
それはそれで真の闇を体験できるから魅力的ではあるが、会談でだけは勘弁な。

DSC01804[1]
階段を上った後には下りが当然待っている。
ここ超怖かったので、両手で手摺つかんでいたよ。
それを考えると、あんまり小さい子供は危ないからやめた方がいいかもね。

DSC01812[1]
DSC01817[1]
DSC01818[1]
やっぱり自然の力って凄いよね。
興味が沸いた奴は是非一度行った方がいい。
ここだけは全力でおススメしたい。

DSC01826[1]
ちなみに水も汲めます。
美味しいです。
俺はボトル一杯にしていきました。

DSC01825[1]
向かいに新洞ってのもあります。
こっちは鍾乳石の解説とかが書いてあってこちらも面白いです。
でもこちらも当然普通に洞窟内なので寒いから、恰好は注意ね。
残念ながらこちらは撮影禁止なので写真は無しです。
入館は龍泉洞の入館チケットでこちらも入れるようになっています。

DSC01829[1]
DSC01828[1]
終わった後はお風呂だよ。
まぁあんまりこういう事を書くのもアレだけど、あんまりおもしろいお風呂ではなかったかなぁ。

DSC01830[1]
今までにあまり見なかった絶壁がなかなか美しい帰り道。

DSC01831[1]
温泉で買っておいた龍泉洞ビールで乾杯してこの日はEND。

出費
コンビニカレー 350円
むかしの牛乳 200円
チョコチップスナック 138円
龍泉洞サイダー 160円
龍泉洞入場料 1000円
温泉 500円
龍泉洞ビール 400円

合計 2748円

本日の走行距離 57.69km
合計の走行距離 2180.9㎞

より大きな地図で 33 なう(2013/06/14 19:06:54) を表示

いやーしかしいつの間にか1000アクセス超えたね。
まぁ内どれだけが自分かわからねぇけどなwww
こんなへたっぴな写真とつたない文章を見てくださるみなさまあざとーす。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/57-636ac552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。