(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【62日目・2013/7/13】北海道 プリズン何チャラ編   

どうも、蛸です。
現在は、島牧の道の駅にいます。
恐ろしいほどの強風です。ナニコレ?
もうこれ全道的に強風なの?マジ勘弁してほしいんだけど。

まぁ走行計画的には今日以降はもうずっと2桁刻みで函館に向かう予定だから、
1日かければ無理ではないと思うけど・・・
予定通りに行けば30日には函館に着けるはず・・・着きたいなぁ・・・

そして今日はこの強風の中、大田山神社を攻略する予定。
果たして俺は生きて帰ってこられるのか!!?

まぁ本当にやばそうなら引き返します。さすがにちょっと風が強すぎるから鎖場とかやばい気がする。

んじゃまぁそんな感じで以下本編。

DSC02686[1]
この日でクリオネは脱出ですが、脱出前に少しだけ画像で紹介してみるか・・・
ライダーハウスの2階にはふかふかとは言わないまでもベッドもある。布団のエリアもある。
ただし、夜中に雨が降ってくると結構屋根にあたる音がうるさくて、敏感な人は目が覚めるかも。

DSC02687[1]
1階には炊事場、ポット、トースター、レンジ、冷蔵庫がそろっているからもう言う事なし!!
24時間入れる温泉もあるしな!!!
これまで色々なライダーハウスを転々としてきたけど、環境ではかなり上位。

と、こんな感じの写真を撮っていたら、
えぬまる氏が出発の時間となってしまったのでひっそりと見送り、その後俺も出発。

DSC02689[1]
途中の道の駅で土日限定スイーツとかいうふれこみで売っていたので思わず購入。
じゃがいもでスィートポテトとかどんなんだよwwとか思って食ったら思いのほか美味かった。

DSC02692[1]
例によって眠くなる道を欠伸しながら走っていると、原生花園駅の前にある原生花園に到着。
いや、この辺り原生花園って場所結構いっぱいあるんだよ。

ゆうき氏に売店の苺ジュースがめっちゃ旨かったと言われて期待して行ってみたんだけど、
何故かそもそも苺ジュースが商品としてなかった。
別の場所だったのかしらん?

DSC02695[1]
こういう心ときめく景色が見られると眠気はとぶね、ホントに。
牧場とかも最初は心ときめいたんだけどなぁ・・・
まぁかといってずっと原生花園みたいなのばっかだとそれはそれで飽きるんだろうね、人間ってのは贅沢な生き物だよ。

DSC02698[1]
昼飯は網走の道の駅で、網走グルメの「ザンギ丼」を食う。

ザンギなんて北海道だったらどこでもあるじゃんって話になりそうだけど、
網走のザンギ丼ってのはサーモンを使ったもののことを言うんですなぁ(ザンギ単体だと鶏)。
食うまでは、サーモンのザンギとかどうなんだろう・・・とか思っていたけど、いや、これ旨かったですわw
割とお勧めです。
ただまぁご当地グルメなのでちょっとお高いけどね・・・

DSC02699[1]
食後は、網走に来たならここに来なければスポットへ・・・

DSC02700[1]
網走刑務所!!
これは現在稼働している刑務所で、見られるのもせいぜいここまで。
でも普段刑務所なんて見ないから、ちょろっとでも見ておくといいかもね。
大抵の場合は通り道だし・・・

因みに世の皆さんが思い浮かべるアレは網走監獄っていう別施設です。
昔この刑務所の場所に合った網走監獄を移設して公開しているそうですよ。

DSC02703[1]
DSC02704[1]
刑務所の向かいにある売店では囚人制作の品を色々と展示販売しています。
そういうものが存在するっていうのは知っていたけど、こうやって実際に目で見るのは初めての経験。

デザインが気に入ったので下側の写真の左にあるタンブラーを家族のお土産用に一個だけ購入。
ここで買ったときは660円痛いなーとか思っていたけど、先日行ってきた小樽のガラス工芸の値段を考えると、もう一個買えばよかったわとか今更のように思いました。
品としてもちゃんとしているのに値段が小樽のグラスのアウトレット価格以下だもんね、むしろガラス工芸が高すぎるのか・・・

現在は服用のパニアの中に割れないように、箱の周りに衣類を挟んで運搬しています。
まぁ買ってから一回も見てないから解らんけど、下手したらもう割れている可能性もあるんだよね(汗

DSC02705[1]
そして定番コースの博物館網走監獄へ。
これは監獄手前の橋に咲いていた蓮の花、凄く綺麗だったので撮っちゃいました。

網走監獄は入場料で1k越え取られるとかいうびっくりスポットですが、
スマホから割引券を見せれば940円で入れます。
でも入ったらかなり時間かかるから(本当にじっくり見るなら1日いられる位)十分もとは取れます。

DSC02708[1]
入場ゲートの先の入口。
この先一切の希望を捨てよ的な事は書いてない。
まぁどちらにせよ、こんなところに連れてこられた時点でもう希望だの望だのは持ってないわなw

DSC02709[1]
五寸釘を踏み抜いた状態で逃走を図ったという五寸釘の寅吉の人形。レレレのなんちゃらではない。

DSC02712[1]
面会室の再現。
素行が良い囚人はこういう仕切りなしのところで面会できたらしいです。
てかこの人形見てるとアレ思い出すんだよ・・・

DSC02715[1]
刑務所職員の住居の再現。
子供も敷地内に居たってのが凄いね。

・・・やっぱりアレを思い出す・・・オーマイキー!
なんかこうもう頑張ればなんかちょっとした寸劇とかできそう、だってもう顔の感じとか完全にマイキーじゃん!!?

DSC02716[1]
四畳半だぜ!!四畳半!!!
いや深い意味はない。
個人的には正方形を真ん中に持ってきてほしいところである。

DSC02720[1]
タコ部屋の原型になったとされる建物。
その昔道路工事等の外での作業に従事させる際に、囚人たちに作らせてこの中で寝させたという。
じゃぁ中はどうなってるかというと・・・

DSC02717[1]
こんな風になっている。
あぁ確かにタコ部屋だわ・・・

皆一本の丸太を枕に寝ているが、起こされるときはこの枕の端をガンガン叩かれて起こされたんだって。
因みにそれを体験できる施設もある。
ただ当然寝る奴と叩く奴の二人必要だから、誰かと一緒に行かないとちょっとやりづらい。

てか、思いの外この施設はリア充向けスポットというか、誰かと一緒に行かないとちょっと寂しいスポットである。
他にも一人だとやりづらいものとかけっこうあるんだよね。

DSC02726[1]
異議あり!!!
裁判場の再現。
まぁなんかこの辺りはドラマとかで出てくるのと変わらないから、昔からずっとこのスタイルが続いているんだろうね。

DSC02728[1]
一人で出来た数少ない体験系設備。
パンチボタン連打でぐるぐるまわせたりしない。
もうちょっとこれを付けた状態で歩き回れたらいいんだけど、そんなに歩き回れないからキツさが少しわかり辛い。

DSC02736[1]
皆さんお待ちかねの牢屋。
全部じゃないけど、いくつかの牢屋には入れます。
でも入っても写真撮ってくれる相方がいないとちょっと切ない思いをするのよね・・・

DSC02738[1]
中々人形の配置の芸が細かい。
もういっそ脱獄体験できるアトラクションとかほしいわ!

DSC02741[1]
ちゃんと柵の向きというか、考えられているんだなー。
これだと他の房は良く見えないもんね、まったく見えないわけじゃないけど・・・

DSC02745[1]
態度が悪い奴とか、そういうのを突っ込むための懲罰房的な何か。
真っ暗だし、こんなところに数日も閉じ込められたら頭がどうにかなりそうだぜ・・・
まぁじゃないと懲罰房の意味はないか。

DSC02747[1]
本当は色々とゆっくり見たかったんだけど、走行予定もあるので2時間弱位で網走監獄を後にし、サロマ湖を目指す。
網走湖から能取湖の先位まではサイクリングロードが整備されているから自動車にびくびくしないで走ることが出来た。
ただ、所々すっげぇ蚊柱だったから口開けてると虫が口にry

DSC02748[1]
道中にあったSL。

DSC02752[1]
能取湖。
水面が鏡のようで美しい。

DSC02753[1]
そしてこの日の宿泊地、計呂地にあるSLの宿へ。
本当はもう少し先まで行きたかったんだけど、流石に網走監獄とか見て時間が食い過ぎちゃったね。
ここに到着した時点で18時半過ぎ。
そのために周りのお店は何にもやってない・・・因みにこの周りにはセイコーマートとかそんなもんないからご注意くださいませませ。

夕飯はライダーのおっちゃんに、何故か納豆巻きを分けてもらえることになりそれを御馳走になる。

あと結構蚊とかの虫が多いので、蚊取り線香・虫よけ等は必須アイテムですぜ。
スピードスターなんてここで食われまくって皮膚科の病院に行ったて言ってたしね。

DSC02754[1]
もっとブワーっとした感じで星が見られるかと思っていたけど、まぁまぁな感じでしたね。
もっともっと暗いところじゃないとあかんか・・・
まぁ一応天の川的なものも見られた・・・と思うけど、あまりにもハッキリしていなかったからなぁ。

出費
ジャガイモスイーツ 150円
網走ザンギ丼 850円
網走刑務所制タンブラー 660円
網走監獄 940円
焼きうどん 90円
アイス 100円
ライダーハウス 300円

合計 3090円

本日の走行距離 109.59km
合計の走行距離 3967.51㎞

より大きな地図で 62 なう(2013/07/13 18:48:00) を表示

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/92-3b36ae57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。