(仮)~日本一周できたらいいなブログ~

タイトルの通りです。駄目だったら地元帰って就活はじめます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【63日目・2013/7/14】北海道 エターナルフォースブリザード編  

我は蛸。北海道を一周したものなり。
と言う訳で、函館のミートハウスに戻ってきています。蛸です。
もうここからは、イカが始まるまでだらだらと過ごすでゲソ。

北海道での生活ももう後数えるほどでゲソ。
悔いがないように食いたいものを食って過ごすでゲソ。
とりあえず後でラッキーピエロに行くでゲソ。
あとセイコーマートでアイスも食うでゲソ。

それでは、以下本編でゲソ。

DSC02757[1]
SLの宿って具体的にどんな施設なんだよって人向けに画像をうp。
この青い車両が宿泊用の車両です。
500円払うともう少し違う処で寝られるらしいですけど、そっちは見てないからわからんす。

DSC02758[1]
この床に張ってあるテープみたいなのが一区画。
電源は車両入ったところに一応ある。
人が少なかったら問題なと思うけど、多かった場合はちょっと配慮が必要かもね。

因みにここの水道は地下から汲みあげている良い水らしいよ?

DSC02760[1]
かつてはちゃんと汽車として機能していたんだなぁと言う事をうかがわせている・・・
何と言っても国鉄時代だからな・・・

さて、実は前日から3日で宗谷岬を目指すとか言い始めていた俺は、
ここからR238をひたすら北上して宗谷を目指す。

DSC02764[1]
だけどちょっと寄り道。
紋別の道の駅にある流氷科学センターへ。
ここは道の駅スタンプラリーのクーポン効果で安く入ることが出来る。

ここでは流氷についてのアレやコレが学べて、クリオネとかいる。
そしてこれは流氷の上を歩いた感じが体験できるという床で、わりとちゃちい(ぉ

DSC02766[1]
流氷とか関係ないけど、竜巻を発生させる機械とかもある。
竜巻って言ってもそんな大したものではないから、できた竜巻を手で遮って消したりすることも可能。

で、できた竜巻がこちら。
DSC02767[1]
DSC02768[1]
写真だとちょっとわかり辛いけど、ちゃんと渦巻いているんやでー。
そんでこのど真ん中に手を突っ込むと竜巻が消える。
人工的な竜巻だからそうなるのか、本物もそうなるのかはちょっとわからないけどな。

しかしこの竜巻を遮るって行為は少し、優越感に浸れる行為で結構楽しかったね。

因みに風属性で一番好きなキャラクターは太公望です。
ロボットだったらサイバスターな。

DSC02772[1]
クリオネの水槽。

正直に言っていいですか?
ハッキリ言ってこんなにいっぱいいると全然可愛くない。
むしろキモイ。

いや、俺だってもっと少なかったらきっと可愛いなぁとかそういう感情を抱くことが出来るんだろうけど、
この数はなんか逆にちょっとないわ・・・

DSC02773[1]
砕氷船?
まぁそういうたぐいの乗り物のレプリカ。
うーんこういうのは退役した本物を飾ってもらって、さらに乗船できたら最高なんだけどなぁ・・・
とりあえずゴジラとかにでてきそうだね!!

DSC02775[1]
こっちは砕氷船の模型だね。
このままウルトラマンにだしても違和感のないカラーリング!そしてドリル!!!

DSC02776[1]
そしてこの施設の一番の目玉であるところの「-20℃」体験ができる施設!!
「-20℃」だぞ!?「-20℃」!!!←くどい

バナナで釘を打ったり、豆腐の角で頭をぶつけて死ぬことのできる世界だぞ!!

ここでは入る前にシャボン玉を貸してもらえるので、興味がある人は職員の方に借りて持ってはいるといいと思います。

DSC02793[1]
一つ目のドアをくぐったところ。
このドアの先に本当にヤバい世界が広がっている・・・てかこの時点で十分寒い。

しかしなんかこう・・・バイオの研究所みたいな感じで違う意味でテンション上がるわここ。

DSC02779[1]
氷漬けの草花。
いいよーいいよー雰囲気出てるよー。
因みに-20℃の中でもカメラ正常動作しました。
タフ系のカメラじゃないのに本当に良く持ってくれているわ私のカメラ。

しかしなんだろうね・・・寒いんだけど、なんかこうのっけから感覚がマヒしているそういう感じ?
事実、最初から最後までレンタルのコートの前はあけたまま見てたわ。
ある一定のレベルを超えると感覚がシャットダウンされるんですかね?
兎に角長時間いるのは危険だという思考すらマヒしてきそうな空間・・・それが「-20℃」。

DSC02780[1]
DSC02781[1]
キーアイテム回収したら動きだすんだろ?お約束だもんな!!(←動きません
因みに事前に倒しておけるガスボンベとかねーから。

しかし白熊よりも亀の方が凶悪な顔してるとおもいませんか?

DSC02785[1]
なるほど、これを粉々に砕いて焼酎に突っ込めばそこらへんで売っているチューハイのようなものが出来上がるわけだな。
残念ながら豆腐はありませんでした。
釘打ち台もありませんでした。
流氷科学センターさんにはぜひこの二つを用意して頂きたいですね。

しかしこうなってしまうと持った感じ別物って感じだったね。
これ解凍したらシワシワになっちゃうんすかね?

DSC02786[1]
そして奥の方には氷漬けの魚が大量に展示されている。

DSC02788[1]
DSC02792[1]
しかし何を思って氷漬けの魚を展示しようと思ったのかね?
なかなか面白い試みだとは思うけど。
てかやっぱりこういう状況下だと劣化はないのかな?鮮度とか・・・解凍したら食えるのか?

DSC02791[1]
蛸ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

「こおりのなかにいる」

しかし、この氷漬け展示は出来損ないですね。
絶対に必要なものが欠けていますぜ・・・、そう、それは・・・氷漬けの美女!!
これがあったらもう完璧ですわ。
フレイザード様早く来てくれー!!!

いや、実際にあったら反応に困るけどってか、マネキンとかリアルな人形が氷漬けで入っていたらちょっと悪趣味どころの騒ぎじゃないけどな。

DSC02789[1]
この写真ちょっと探検隊員みたいじゃね?
コートと手袋はレンタル(無料)です。

因みにシャボン玉体験もしたんですけど、残念ながら空中でシャボンが凍ってシャボンレンズキターーーーーーみたいなことにはならず、
落ちて割れたのが一瞬凍るみたいなちょっと切ない展開でした。
これから行く人は、空中で美味く凍らせることが出来るように頑張ってみてくだちぃ。

DSC02794[1]
お昼は待ち合わせて会ったトミーさんに、色々と愚痴を聞いてもらいながら道の駅のレストランでご当地グルメ的なホワイトカレーを食う。
本当に俺はどれだけカレー好きなんだ?
しかし、北海道のカレーって全体的に気合が入っている気がするね。
でもチャリダーにはちょっと上品な量なんだぜ?

DSC02795[1]
トミーさんと別れた後は、本当にひたすら北上を開始。
故に撮った写真がこの日のキャンプ場までない。皆無。ゼロ。

と言う訳で、画像は晩酌。
この黒ラベル探していたんだよね、これ北海道限定の奴でもうほとんど終わりかけらしく、おいてある店が全然なかった。

DSC02796[1]
夕飯は青梗菜と、生シイタケとベーコンを煮込んだインスタントラーメン味噌味。
本当はインスタントラーメンはとんこつ味が好きなんですけどね、でもこうして煮込むだけでプレーンのインスタントラーメンからは比べ物にならないくらい美味い食い物に変身する。

DSC02797[1]
このラーメンが美味いんだ!
しかし、この生シイタケが後々ちょっとした事件を起こすことになる・・・

DSC02798[1]
道の駅 マリーンアイランド岡島の裏手にあるキャンプ場から撮った海の景色。
ここのキャンプ場は結構広いし、綺麗だし、海も見えるし、炊事場があっていいかんじなんだけど・・・
例によって虫が凄い・・・アブとかブンブンしてる。
どれくらい凄いかっていうと・・・この旅でデッドアイテムとなっていたポイズンリムーバーが活躍したくらい凄い。
まぁ虫が凄いくらいはキャンプ場の宿命だから、左程マイナス点にはならないけどね。

出費
-20℃体験 350円
ホワイトカレー 850円
菓子パン 88円
毛ガニ(郵送費込)×4 3500円
酒 205円
アイス 100円

合計 5093円
出費を見て思い出したわ、そういえば毛ガニとか買って実家に送ったわね。
しょーへーさんに教えてもらった場所で、しょーへーさんは結構サービスしてもらっておまけとかついたらしいんだけど、俺の時はそういうの全然なかった・・・ちきしょう。
これが話術スキルの差か・・・

本日の走行距離 140.49km
合計の走行距離 4108.06㎞

より大きな地図で 63 なう(2013/07/14 18:54:37) を表示

より大きな地図で 63 なう(2013/07/14 18:54:37) を表示
序盤ログ取り忘れにより追加済み。
しかし走ったな・・・逆時計回りは右半分でだいぶ風の恩恵を受けられると思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: クエストログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanderer753.blog.fc2.com/tb.php/93-a39ee64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。